小説「砂にまみれたアンジェリカ」と間宮真司(ムロツヨシ)

TBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」に登場する間宮真司(ムロツヨシ)と「砂にまみれたアンジェリカ」のあらすじとネタバレです。

■砂にまみれたアンジェリカ

小説「砂にまみれたアンジェリカ」は、TBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」に登場する間宮真司(ムロツヨシ)が書いた小説である。モデルの道端アンジェリカとの関係は確認できない。

小説家の間宮真司(ムロツヨシ)は、親に捨てられた児童保護施設で育ったため、人を信じることが出来ず、心の底から人を好きなることが出来なかった。

間宮真司(ムロツヨシ)は、恵まれずに孤独に生きてきたことから、独自の感性を持っており、高校を卒業後は職を転々としながら、自分の不幸を自分で救う小説を書き始め、26歳の時に小説「砂にまみれたアンジェリカ」を発表し、新人賞を取った。

小説「砂にまみれたアンジェリカ」は大絶賛されてベストセラーとなり、間宮真司(ムロツヨシ)は期待の新人としてマスコミからも注目された。

しかし、間宮真司(ムロツヨシ)は2作目のミステリー小説が駄作だったため、酷評され、小説は全く売れず、「とんで、とんで」で有名な歌手・円広志のような一発屋に終わり、世間から忘れ去られていった。

その後、間宮真司(ムロツヨシ)は、引っ越し屋のアルバイトをしていたとき、小説「砂にまみれたアンジェリカ」の大ファンだという女医・北澤尚(戸田恵梨香)と出会う。

人を信じることが出来ない間宮真司(ムロツヨシ)だったが、北澤尚(戸田恵梨香)から猛烈なアプローチを受けて北澤尚(戸田恵梨香)と交際を開始し、次第に北澤尚(戸田恵梨香)に惹かれていくのだった。

しかし、北澤尚(戸田恵梨香)は若年性アルツハイマーを発症して記憶に支障を来すようになる。

それでも、間宮真司(ムロツヨシ)は北澤尚(戸田恵梨香)を支えることに決め、記憶を失っていく北澤尚(戸田恵梨香)を支えながらも、北澤尚(戸田恵梨香)から刺激を受け、2人の恋を小説として書き始め、衝撃の結末を迎えるのだった。

なお、ドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」のあらすじとネタバレは「大恋愛-僕を忘れる君と-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する