半分、青い。-萩尾和子(原田知世)の病気と死亡のネタバレ

永野芽郁が主演する朝ドラ「半分、青い。」に登場する萩尾和子(原田知世)の病気や死因のネタバレです。

■萩尾和子(原田知世)の病気と死因

朝ドラ「半分、青い。」に登場する萩尾和子(原田知世)の病気は心臓病です。ただ、詳しい病名については分かりません。

いつ心臓病が発症したのかは不明だが、楡野鈴愛(永野芽郁)が森山涼次(間宮祥太郎)と離婚して、梟町の実家に戻ってきたときには、既に萩尾和子(原田知世)は心臓病を発症していた。

萩尾律(佐藤健)が梟町の実家に戻ってきていたのも、萩尾和子(原田知世)の病気が原因だった。

そして、萩尾和子(原田知世)は病気のことを萩尾律(佐藤健)にしか話していなかったが、萩尾和子(原田知世)の病気はかなり深刻なようで、梟町の人々は萩尾和子(原田知世)が病気だと知っていた。

さて、萩尾和子(原田知世)は病気でも気丈に振る舞っていたが、萩尾律(佐藤健)の方が精神的に疲弊していた。

このため、楡野鈴愛(永野芽郁)は、岡田貴美香(余貴美子)から萩尾律(佐藤健)を支えて欲しいと頼まれた。

楡野鈴愛(永野芽郁)は、萩尾和子(原田知世)に仕事でもあれば張り合いが出るだろうと教えられたので、2号店のマスコットとして「岐阜犬」という縫いぐるみを作り、萩尾和子(原田知世)に「岐阜犬」の声を担当してもらうことにした。

すると、「岐阜犬」は瞬く間に人気になって、大勢の人が「岐阜犬」に相談をするようになり、萩尾和子(原田知世)も元気になった。

しかし、数日後、萩尾和子(原田知世)は楡野鈴愛(永野芽郁)に、萩尾律(佐藤健)の母子手帳や育児記録を託すと、「半分、青い。」の第21週で、家族に家族に見守られながら永眠するのだった。

なお、「半分、青い。」のネタバレは「半分、青い。-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する