絶対零度-未然犯罪潜入捜査-第4話のあらすじとネタバレ

本田翼が主演するフジテレビの刑事ドラマ「絶対零度-未然犯罪潜入捜査」の第4話のあらすじとネタバレです。

第1話からのあらすじとネタバレは「絶対零度 3(未然事件潜入捜査)-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■絶対零度-第4話のあらすじとネタバレ

ある日、ミハン・システムが、わかば銀行の行員・佐伯卓郎(小野了)を危険人物としてリストアップした。

佐伯卓郎(小野了)は銀行一筋36年という生真面目そうな人物で、とても殺人を犯すとは思えなかったが、井沢範人(沢村一樹)はミハン捜査を開始した。

小田切唯(本田翼)が銀行員として、わかば銀行に潜入し、田村薫(平田満)が客として、わかば銀行に行くが、なんと、田村薫(平田満)と佐伯卓郎(小野了)が小学校の時の友達だったことが判明する。

そのようななか、わかば銀行に2組の強盗が入り、行員と客が人質に取る。

強盗は佐伯卓郎(小野了)に金庫を開けさせようとしたが、強制ロックがかかり、警察が駆けつけた。

あまりにも警察の到着が早いので、車で待機していた強盗犯の仲間は、慌てて逃走し、銀行内に居た強盗2人は銀行に立てこもった。

一方、監視カメラをハッキングしていた井沢範人(沢村一樹)は、金庫に強制ロックがかかったとき、強盗犯と佐伯卓郎(小野了)がアイコンタクトをしていたことから、強盗と佐伯卓郎(小野了)は仲間だと疑う。

さて、佐伯卓郎(小野了)が強盗犯に強制ロックは本店で解除できると教えたことから、強盗犯は警察に「強制ロックの解除」「車で逃走した仲間には手を出すな」と要求した。

一方、井沢範人(沢村一樹)らは、強盗の手首の入れ墨から、強盗は日浦毅と突き止めた。残りの2人は、日浦毅が連んでいる立石裕馬と新井大雅と判明した。

山内徹(横山裕)は犯人の情報を捜査一課に渡して事件を解決させようとしたが、ミハンシステムの責任者・東堂定春(伊藤淳史)は「ミハンの存在が明るみに出るため、それは出来ない」と告げた。

山内徹(横山裕)が「人命がかかっている」と反論するが、東堂定春(伊藤淳史)は「ミハンシステムは強盗犯を危険人物にリストアップしていない」と言い、強盗犯が殺人を犯す可能性を否定した。

さて、人質の中に居た岡本由梨は、佐伯卓郎(小野了)と強盗犯と顔見知りだと判明する。

しかも、岡本由梨の父・岡本修ニは、佐伯卓郎(小野了)と田村薫(平田満)の小学生の時の同級生だった。

父・岡本修ニは小さなネジ工場を経営しており、銀行員・佐伯卓郎(小野了)がネジ工場の融資担当だったが、佐伯卓郎(小野了)が融資を打ち切ったため、ネジ工場が倒産した岡本修ニは自殺した。

さらに、強盗犯の1人・立石裕馬はネジ工場で働いていたことがあり、事件の真相はネジ工場の倒産にあると考えられた。

一方、井沢範人(沢村一樹)は様々情報から、今回の強盗事件を発案したのは、佐伯卓郎(小野了)だと悟るが、銀行に潜入していた小田切唯(本田翼)は犯人に拘束されており、田村薫(平田満)も気を失って連絡が取れなくなっていた。

そこで、井沢範人(沢村一樹)は、佐伯卓郎(小野了)の殺人を止めるため、銀行へと向かうのだった。

さて、警察が犯人の要求を受け入れて緊急ロックを解除すると、佐伯卓郎(小野了)は強盗犯・立石裕馬を連れて金庫の中に入った。

そして、立石裕馬が金庫の中で大金を前にして喜んでいると、佐伯卓郎(小野了)は隙を尽きて立石裕馬の拳銃を奪い、立石裕馬に拳銃を突き付けて、「ずっと、このときを狙っていた。お前に銀行強盗を持ちかけた時から。ここでお前を殺せば正当防衛になる」と告げた。

立石裕馬は意味が分からず、「何を言ってるんだ?こんなに金があるんだぞ。仲間割れをしてどうする?」と驚くと、佐伯卓郎(小野了)は「由梨のためだ」と言い、引き金を引こうとした。

しかし、覆面をしていた強盗犯の仲間が飛び込んできて、佐伯卓郎(小野了)から厳重を奪うと、立石裕馬は安心して佐伯卓郎(小野了)をボコボコにした。

ところが、仲間の強盗犯だと思われた覆面の男の正体は、井沢範人(沢村一樹)だった。井沢範人(沢村一樹)は車で逃走していた犯人の仲間を捕まえ、犯人の仲間に成りすまし、銀行に侵入したのだ。

警察は犯人から「車で逃走した仲間には手を出すな」と要求されていたので、井沢範人(沢村一樹)は堂々と銀行内に入れた。

さて、井沢範人(沢村一樹)は佐伯卓郎(小野了)をボコボコにすると、佐伯卓郎(小野了)に、9年前にネジ工場が倒産した真相について尋ねた。

9年前にネジ工場が倒産する直前、ネジ工場の従業員・大島がネジ工場の金庫の金を盗んで逃走し、行方不明になっていた。

しかし、従業員・大島は逃走したのでは無く、殺された。殺したのは、岡本由梨の父・岡本修ニではないか。

すると、佐伯卓郎(小野了)は、岡本修ニとは親友だったと言い、9年前の真相を語り始めた。

9年前、岡本由梨の父・岡本修ニは、従業員・大島が金庫から金を盗もうとしていたところを目撃し、従業員・大島ともみ合いになった。そのとき、従業員・大島が突き飛ばされ、頭を打って死んでしまった。

岡本修ニから相談を受けた佐伯卓郎(小野了)は、「お前が逮捕されたら岡本由梨はどうなる」と言い、従業員・大島を埋め、従業員・大島が金を盗んで逃げたことにした。

しかし、数日後、良心の呵責に苦しんだ岡本修ニは、佐伯卓郎(小野了)に娘の岡本由梨を頼むと言い残し、工場で首を吊ってしまった。

佐伯卓郎(小野了)は、「娘を殺人者の娘にしたくない」という岡本修ニの遺書を見つけたので、秘密を守って岡本由梨のために生きることを決意した。

そこで、佐伯卓郎(小野了)は、自分が融資を打ち切ったため、工場が倒産して岡本修ニが自殺したということにしたのだ。

しかし、佐伯卓郎(小野了)は、岡本由梨から、「父親を殺した。人殺し。二度と来ないで」と言われたため、岡本由梨を近くから見守ることは出来ず、遠くから見守っていた。

岡本由梨は、カナダに住む母親から絵はがきとお金が送られてきていたが、その絵はがきとお金を送っていたのは、佐伯卓郎(小野了)だったのだ。

そして、1年前に岡本由梨の結婚も決まり、佐伯卓郎(小野了)が自分の役目は終わったと安堵していたとき、知り合いの立石裕馬が現れた。

ネジ工場の近くで土の中から白骨遺体が見つかり、9年前の真相に気付いた立石裕馬は、度々、佐伯卓郎(小野了)を脅してお金を揺すった。

さらに、立石裕馬は岡本由梨のことも知っており、「殺人者の娘にしたくないだろう」と脅してきたので、佐伯卓郎(小野了)は岡本由梨を守るために、今回の銀行強盗を計画し、佐伯卓郎(小野了)を殺害しようとしていたのだった。

さて、井沢範人(沢村一樹)らは、佐伯卓郎(小野了)の犯行を未然に防ぎ、ミハン事件を解決したが、銀行は警察に包囲されており、このままでは未然犯罪潜入捜査の存在が知られてしまうというピンチに陥っていた。

そのとき、警察のSITが銀行に突入してきて、井沢範人(沢村一樹)らは絶体絶命のピンチを迎えるが、SITの中に山内徹(横山裕)が紛れ込んでおり、山内徹(横山裕)の手引きにより、無事に銀行から脱出することができたのだった。

さて、SITの突入など、井沢範人(沢村一樹)ら救出のために東堂定春(伊藤淳史)が尽力してくれたので、山内徹(横山裕)は東堂定春(伊藤淳史)を批判したことを謝罪し、礼を言った。

しかし、山内徹(横山裕)が井沢範人(沢村一樹)のことが理解できないというと、東堂定春(伊藤淳史)は井沢範人(沢村一樹)のことを教えた。

井沢範人(沢村一樹)は、公安時代に組織の報復で、妻と子を殺害され、その報復として犯人を追い詰めて殺そうとして、ミハンシステムに危険人物としてリストアップされたことがあるのだという。

東堂定春(伊藤淳史)は井沢範人(沢村一樹)の殺意は未だにさまよっていると言い、山内徹(横山裕)に「彼から目を離さないでください」と告げたのだった。

絶対零度-未然犯罪潜入捜査-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク