高嶺の花-第4話のあらすじとネタバレ

石原さとみが主演する日本テレビのドラマ「高嶺の花」の第4話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「高嶺の花-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■高嶺の花-第4話のあらすじとネタバレ

月島もも(石原さとみ)は、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)に会い、吉池拓真(三浦貴大)の妻・吉池真由美(西原亜希)の月島流の師範代免状を渡し、「たまたまよ。調べたけ。昭島のお教室で師範代に。もう辞めてるみたい」と告げた。

吉池拓真(三浦貴大)は「誰かの差し金では?」と告げたが、月島もも(石原さとみ)は「女にとって結婚は一大事。好きでも無い人の子供を産むなんてあり得ない。そもそも、あなたたちの出会いに不自然なものでも感じてる?」と答えた。

そして、月島もも(石原さとみ)は「現実に戻ろう。私もそうする。ようやく抜け出せそうなの。好きな人が出来た」と言い、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)に決別を告げた。

吉池拓真(三浦貴大)が「どんな人?」と尋ねると、月島もも(石原さとみ)は「まだ、よく分からない。でも、私の自転車を直してくれた。私も治してくれそうな気がする」と答えた。

一方、月島なな(芳根京子)は父・月島市松(小日向文世)に「家元に挑戦してみたい」と直訴すると、月島市松(小日向文世)は「いいだろう。姉妹が切磋琢磨して月島流を高める。喜ばしいことだ」と許可した。

すると、月島ルリ子(戸田菜穂)は「そう言ってくれるのをずっと待ってたのよ」と言い、喜んだ。

さて、風間直人(峯田和伸)は月島もも(石原さとみ)にキスされたことに動揺しており、恋愛指南書を読んでみると、「1度目のキスはまぐれ」と書いてあった。

さらに、コスプレ娘・原田秋保(高橋ひかる)に「キスはネタ。大様ゲームみたいなもんじゃね?」と言われて落ち込んだ。

一方、月島ルリ子(戸田菜穂)は華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)の元を訪れ、月島なな(芳根京子)が家元を目指してやる気になっていることを教え、「貴方が何か言ってくれたんでしょ」と礼を言った。

宇都宮龍一(千葉雄大)は「家元は愚痴も涙もこぼせない。孤独にもほどがある。そんな立場に娘をさせたいんですか?」と呆れると、月島ルリ子(戸田菜穂)は「ええ、させたいわ」と答えた。

その日の夜、月島なな(芳根京子)は月島もも(石原さとみ)の元を訪れ、「鏡の間で後ろ生けを学んでるの。家元から。私にも月島を継ぐチャンスを貰えることになった」と告げると、月島もも(石原さとみ)は「よかったじゃない」と喜んだ。

月島なな(芳根京子)が「鼻で笑ってる?私なんかに相手にならないって」と食ってかかると、月島もも(石原さとみ)は「そんなこと言っていないし、思っていない。てか、どうしたの?自分には無理だってあれだけ言ってたのに」と尋ねた。

すると、月島なな(芳根京子)は「お姉ちゃんに振り回されたくないの。私を見下さないで」と言い、部屋を飛び出した。

一方、月島ルリ子(戸田菜穂)が宇都宮龍一(千葉雄大)の思い出しながら1人でお風呂に入っていると、月島市松(小日向文世)が来て、「立って見せてくれ」と告げた。
月島ルリ子(戸田菜穂)は困惑しながらも、湯船から立つと、月島市松(小日向文世)は「お前は美しい。白い肌は何かの抜け殻のようだ。空っぽの」と言い残して立ち去った。

ある日の夜、風間直人(峯田和伸)は商店街の友人とクラブ「花」へ行き、浮気の話をしていた。

風間直人(峯田和伸)が「俺はしない。だって相手にされたら嫌だから。相手にされたら嫌なことを、どうして自分が出来ます?愛しているのに」と話すと、月島もも(石原さとみ)は風間直人(峯田和伸)を見直した。

そこで、商店街の友達が、「1度目のキスはまぐれ」と書かれていたことに悩んでいる風間直人(峯田和伸)に2度目のキスをさせてやると言い、ポッキーゲームを提案した。

すると、月島もも(石原さとみ)は、「浮気しないと宣言してくれたプーさんにスペシャルサービス」と言い、喜んでポッキーを口にくわえて差し出したが、風間直人(峯田和伸)は「俺は帰るわ」と怒り、店を出た。

一方、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)は、妻・吉池真由美(西原亜希)に月島流の免状を差し出し、「全部分かってるんだ。でも、君の口から聞きたいんだ。夫婦だからね。隠し事はいけない。心配しなくても、何も変わらない。変わりようがないじゃないか。お腹に子供が居るんだから」と告げた。

すると、妻・吉池真由美(西原亜希)は「本部から言われて。お家元の・・・」と話した。

さて、月島もも(石原さとみ)はクラブ「花」を早退して自転車屋「風間輪店」を訪れ、突然、風間直人(峯田和伸)にキスをすると、「2度目のキスは何だろうね」と言って立ち去った。

残された風間直人(峯田和伸)は「何だろうね」と言い、その場にへたり込んでしまった。

高嶺の花-第4話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する