半分、青い。「ふぎょぎょ」と「スパロウリズム」のネタバレ

石橋静河が出演するNHKの朝ドラ「半分、青い。」に登場する「株式会社ふぎょぎょ」と「スパロウリズム」のネタバレです。

■株式会社「ふぎょぎょ」のネタバレ

楡野鈴愛(永野芽郁)は森山涼次(間宮祥太郎)と離婚して梟町の実家に戻り、つくし食堂の2号店「センチキカフェ」をオープンした。

さらに、楡野鈴愛(永野芽郁)は、萩尾和子(原田知世)に生きがいを与えるため、インターネット回線を使って会話をする縫いぐるみの「岐阜犬」を考案すると、「岐阜犬」は人気になり、萩尾和子(原田知世)は元気になったが、死んでしまった。

さて、娘のカンちゃんが浅田真央に憧れ、フィギアスケートを習うためにお小遣いを貯めていたことが判明するが、近くにスケート場が無く、カンちゃんにフィギアスケートを習わせるのは難しかった。

そのようななか、東京から小さな企画会社「ヒットエンドラン」の社長・津曲雅彦が、300万円で岐阜犬の権利を買いたいと打診してきた。

300万円ではフィギアスケートを習わせるのは難しいが、300万円有れば選択肢が広がると思い、楡野鈴愛(永野芽郁)が契約の話を勧めようとすると、津曲雅彦の名刺に書かれた住所から会社「ヒットエンドラン」が有名なスケート場の近くだと判明した。

しかも、津曲雅彦は事務員を探しているというので、楡野鈴愛(永野芽郁)は自分を雇わなければ、岐阜犬の権利は売らないと脅し、「ヒットエンドラン」で働き始めた。

さて、津曲雅彦は、岐阜犬を「おしゃべりワンワン」とへ改良してオモチャ会社に売り込んでおり、「おしゃべりワンワン」の大ヒットで大儲けした。

しかし、津曲雅彦は、もっと儲けようとして、岐阜犬の猫バージョン「土佐猫」を企画し、製造販売まで自社で手がけた。

ところが、「土佐猫」は全く売れずに在庫の山となり、「ヒットエンドラン」は倒産し、津曲雅彦は夜逃げした。

残された楡野鈴愛(永野芽郁)は債権者に土下座する日々が続いたが、会社が法的に整理され、地獄の日々も終わった。

「ヒットエンドラン」が入っていたオフィスは、廃校になった中学校を利用したシェアオフィスで、1人で起業する「お一人様メーカー」が集まっており、それに刺激を受けた楡野鈴愛(永野芽郁)は起業を考えていた。

そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は「ヒットエンドラン」が法的に整理されて土下座の日々から解放されると、シェアオフィスを借りて、株式会社「ふぎょぎょ」を設立し、「お一人様メーカー」となった。

楡野鈴愛(永野芽郁)は数々の商品を開発しており、商品は少しは売れたようだが、まだまだ在庫の山を抱えており、株式会社「ふぎょぎょ」の収入だけでは生活できなかった。

そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は中古の屋台を購入して、屋台で五平餅を販売するが、五平餅は数本でお腹いっぱいになってしまうため、売り上げが伸びず、屋台の経営も苦しかった。

そのようななか、楡野鈴愛(永野芽郁)は朝井正人(中村倫也)と再会する。朝井正人(中村倫也)が友達を連れて食べに来てくれるので、なんとか食いつないでいた。

■スパロウリズムを設立

萩尾律(佐藤健)はアメリカに単身赴任していたが、リーマンショックの影響でロボット部門は廃止され、東京へ戻ってきた。しかも、より子(石橋静河)と離婚していた。

萩尾律(佐藤健)はエンジニアで、今の管理職に閉塞感を覚えており、起業している楡野鈴愛(永野芽郁)と再会してうらやましく思う。

その後、萩尾律(佐藤健)は楡野鈴愛(永野芽郁)のシェアオフィスを見学して、「お一人様メーカー」をしている人たちを見て刺激を受け、会社を辞めて起業することを決意した。

楡野鈴愛(永野芽郁)は、安定した収入を捨てることに反対したが、自分が漫画家になったときのことを思いだし、萩尾律(佐藤健)の起業に賛成した。

しかし、萩尾律(佐藤健)の事業計画書は真っ白なままだった。

一方、母・楡野晴(松雪泰子)は癌で手術を受けており、楡野鈴愛(永野芽郁)は入院中の母・楡野晴(松雪泰子)に高原の風を届けたいと言った。

そこで、萩尾律(佐藤健)は会社を辞め、楡野鈴愛(永野芽郁)と一緒に「スパロウリズム」を設立して、「そよ風」が送れる扇風機を開発することにした。

(注釈:スズメは英語で「スパロウ(Sparrow)」と言います。)

津曲雅彦(有田哲平)に特許を盗まれたり、資金が尽きたりと、東日本大震災(東北大震災)が起きたりと、苦労をしたが、ついに「そよ風」が送れる扇風機「マザー」を完成させ、母・楡野晴(松雪泰子)に届けたのだった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する