高嶺の花-黒幕・月島市松(小日向文世)の陰謀

芳根京子が出演する日本テレビのドラマ「高嶺の花」の第6話のあらすじとネタバレ後半です。

このページは「高嶺の花-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■高嶺の花-第6話のあらすじとネタバレ後半

その後、月島なな(芳根京子)は、自転車店「風間輪店」を訪れ、風間直人(峯田和伸)に月島もも(石原さとみ)との結婚を中止するように説得しようとしたが、、風間直人(峯田和伸)から「昨夜、夜間受付に婚姻届を提出した」と聞かされた。

すると、月島なな(芳根京子)は「間に合わなかった」と言い、月島もも(石原さとみ)が結婚式の直前に風間直人(峯田和伸)を捨てようとしていることを明かした。

月島もも(石原さとみ)は、月島流の奥義「後ろ生け」の時に鏡のように正面に立つもう1人の自分を取り戻すため、罪悪感を必要としており、風間直人(峯田和伸)を傷つけようとしているのだという。

しかし、それを聞いた風間直人(峯田和伸)は「カッコいい。すさまじいですね、アーティストって」と感心した。

月島なな(芳根京子)は、姉の月島もも(石原さとみ)を批判するが、風間直人(峯田和伸)は「甘えているのだと思えば、それすらかわいい」と言い、月島もも(石原さとみ)を許していると言った。

月島なな(芳根京子)が「二度と会えなくなるんですよ」と告げると、風間直人(峯田和伸)は「そうなるでしょうね。俺はそのとき、とても悲しいのかもしれない。彼女はその罪悪感で、スーパー華道家になる」と答えた。

月島なな(芳根京子)が「自己犠牲に酔っているだけではないか」と尋ねると、風間直人(峯田和伸)は「臆病なんです、俺。いつも考えられる最悪のことを想定しちゃうんです。結果、上手くいかなくても、仕方ないって」と答えた。

月島なな(芳根京子)が「姉を失っても?」と尋ねると、風間直人(峯田和伸)は「実は、これ回収してきたんです。夜間窓口は朝になるまで正式な受理はされません。願い出れば返してくれるんです。俺みたいな人間のために、バツを2つ付けることは無い」と言い、市役所の夜間窓口で返却して貰った婚姻届を差し出した。

月島なな(芳根京子)が「分かってたんですか?」と驚くと、風間直人(峯田和伸)は「最悪の想定です」と答えた。

部屋の外でそれを聞いていたコスプレ娘・原田秋保(高橋ひかる)は、「マジか」と言って驚いた。

さて、日本一周に戻る堀江宗太(舘秀々輝)は、風間直人(峯田和伸)からイルカ(博多華丸)の病気のことを聞いており、イルカ(博多華丸)に「手術を受ければいいじゃないか」と言ったが、イルカ(博多華丸)は手術を受けずにここで死ぬのだと言った。

それを聞いた堀江宗太(舘秀々輝)は、「先に僕は敵ばかりと会った。イルカさんは僕の味方だ。だったら、まだ行かない。僕の味方なら、僕もイルカさんの味方だ。馬鹿じゃね?一人で居るのが怖いくせに」と言い、日本一周に戻るのを止めて、イルカ(博多華丸)と一緒に居ることにした。

一方、月島もも(石原さとみ)は、月島なな(芳根京子)が忘れていった宇都宮龍一(千葉雄大)の生け花のデザイン画を見て、月島なな(芳根京子)に「宇都宮龍一(千葉雄大)、元々の素性はよく分からなかったけど、京都だね。これ、全部『流れ菱』になっている。京都の筋だよ」と教えた。

それを聞いた月島なな(芳根京子)は「京都神宮流?」と驚いた。

そのころ、宇都宮龍一(千葉雄大)は月島市松(小日向文世)の病室を訪れ、月島ルリ子(戸田菜穂)から受け取った師範20人のリストを渡していた。

月島市松(小日向文世)が「これが謀反人のリストか。いつの世も、長らえれば膿は沸くものだ」と呆れると、宇都宮龍一(千葉雄大)は「お家元の考えが分かりません。この師範20人は、ななさん(芳根京子)に票を投じます」と尋ねた。

月島市松(小日向文世)は「それでは月島が弱くなる。正々堂々と勝負に勝たなければならん。政治や談合とは違う。芸術の本質だけは曲げることはならん。もも(石原さとみ)を公に破ってこその次期家元だ。そのために、かませ犬としても、もも(石原さとみ)を月島に留め置かねばならん。家元の娘が運転手の娘に劣るなど、あってはならん」と答えた。

それを聞いた宇都宮龍一(千葉雄大)が「なな様(芳根京子)の方は私にお任せを」と告げると、月島市松(小日向文世)は「ああ」と答えた。

その日、教会で月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)の結婚式が開かれた。
月島もも(石原さとみ)側は、バージンロードを歩く父親の代わりとして運転手・高井雄一(升毅)だけが出席する予定だったが、月島もも(石原さとみ)が何をしようとしているかを知っている月島なな(芳根京子)も結婚式に出た。

風間直人(峯田和伸)側の参列者で、この結婚式で何が起きるのかを知っているのはコスプレ娘・原田秋保(高橋ひかる)だけで、原田秋保(高橋ひかる)と月島なな(芳根京子)は切なそうに風間直人(峯田和伸)を見つめていた。

さて、結婚式は誓いのキスへと進み、風間直人(峯田和伸)が月島もも(石原さとみ)のベールを上げて誓いのキスをしようとしたとき、教会のドアが開き、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)が現れた。

すると、月島もも(石原さとみ)は「ごめんなさい」と言い残し、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)の手を取り、吉池拓真(三浦貴大)と一緒に教会から飛び出そうとした。

そのとき、月島もも(石原さとみ)が振り向くと、風間直人(峯田和伸)は去りゆく月島もも(石原さとみ)を見て微笑んでいたのだった。

高嶺の花-第7話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する