高嶺の花-第7話のあらすじとネタバレ

三浦貴大が出演する日本テレビのドラマ「高嶺の花」の第7話のあらすじとネタバレです。

第6話のあらすじとネタバレは「高嶺の花-第6話のあらすじとネタバレ

■高嶺の花-第7話のあらすじとネタバレ

結婚式場から逃げ出した月島もも(石原さとみ)は、元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)を連れて自宅に戻ると、吉池拓真(三浦貴大)の妻・吉池真由美(西原亜希)が待っていた。

吉池拓真(三浦貴大)が驚くと、月島もも(石原さとみ)は「真由美さんと連絡を取り合ってたの。教会から逃げてきた私が言うことでもないけど、向き合って。それとも離婚する?そうしたいなら、話は2人でして」と告げた。

吉池拓真(三浦貴大)が「何だったんだ。今日のことは?」と尋ねると、月島もも(石原さとみ)は「儀式かな。私は恋愛も結婚も向いていない。1人で生きていくと決めた儀式」と答えた。

妻・吉池真由美(西原亜希)は「もも様が仰るとおり、離婚するなら、離婚するでいい。でもキチンと話し合って決めたいの。いつか、この子にパパのことを訊かれた時のために」と告げると、吉池拓真(三浦貴大)はうなだれた。

その日の夜、月島もも(石原さとみ)は、教会から逃げ出すときに風間直人(峯田和伸)が笑っていたことを思いだし、「プーさん、そこ笑うところじゃないから」と言って苦悩した。

一方、商店街の仲間は、運転手・高井雄一(升毅)をスナック喫茶「ボンソワール」に連れて行ってつるし上げ、謝罪と慰謝料を要求していた。

しかし、風間直人(峯田和伸)は月島もも(石原さとみ)を許しており、「俺が良いと言ってるんだ」と言い、仲間を止めた。

翌日、月島市松(小日向文世)・月島ルリ子(戸田菜穂)・月島もも(石原さとみ)の3人は、京都の名門「神宮流」の次期家元と目される神宮兵馬(大貫勇輔)と食事していた。

神宮兵馬(大貫勇輔)は、月島もも(石原さとみ)を見ただけで、月島もも(石原さとみ)に「空蝉の自分(もう1人の自分)」が居ないことを見抜いたので、月島もも(石原さとみ)は激しく動揺した。

月島市松(小日向文世)が娘2人で家元を争う「俎上(そじょう)」を開くことを明かすと、神宮兵馬(大貫勇輔)は「見たいな。是非とも私に俎上(そじょう)を見学させていただきたい」と頼んだ。

月島市松(小日向文世)が了承すると、神宮兵馬(大貫勇輔)は「たゆたう光と影でしたかね」と喜んだ。

そこで、月島もも(石原さとみ)が「宇都宮龍一(千葉雄大)という華道家をご存じですか?」と尋ねると、神宮兵馬(大貫勇輔)は「よく知ってますよ。弟です。母親の方はよく知りませんが」と言い、宇都宮龍一(千葉雄大)が婚外子であることを教えた。

宇都宮龍一(千葉雄大)が「龍一(千葉雄大)が何かご迷惑を?」と尋ねると、月島市松(小日向文世)は「いいえ」と答えた。

そのころ、月島なな(芳根京子)は神宮兵馬(大貫勇輔)との会食をすっぽかし、宇都宮龍一(千葉雄大)の元を訪れていた。

月島なな(芳根京子)が「変にお見合いみたいになるのは嫌だから。京都から次期家元が来てるらしい」と話すと、宇都宮龍一(千葉雄大)は目を見開いて「神宮流の?」と驚いた。

さて、樹海の入り口に住むイルカ(博多華丸)は、堀江宗太(舘秀々輝)に、「りっちゃん」という彼女がいたことを話していた。「りっちゃん」は綺麗な女性だったという。

堀江宗太(舘秀々輝)は「心配してるんじゃね?恋人なら」と言ったが、イルカ(博多華丸)は「居なくなったら、そいのうち、また別の男性を好きになるさ」と答えた。

堀江宗太(舘秀々輝)は「ウチの母親もそう。父さんと別れたら、直ぐに別の男。辛いというか、キショイ。気持ち悪い。りっちゃんはそういう女じゃなきゃいいね」と告げると、イルカ(博多華丸)は「宗太君は好きな人とか居ないの?」と尋ねた。

堀江宗太(舘秀々輝)が「居るっちゃ、居るけど」と答えると、イルカ(博多華丸)は「写真は無いの?」と尋ねた。

すると、堀江宗太(舘秀々輝)は、中学生の時に好きな今村芽衣(田畑志真)の写真をスマホに保存していたが、男生徒に見つかり、「盗撮」「気持ち悪い」と騒がれ、今村芽衣(田畑志真)に「消して私の写真」と言われた時のことを思い出し、イルカ(博多華丸)に「無いよ」と答えた。

さて、風間直人(峯田和伸)は、店に遊びに来ていた原田秋保(高橋ひかる)と今村芽衣(田畑志真)と話していた。

原田秋保(高橋ひかる)が「捨てる女性もあれば、拾う女性もあり」と励ますと、風間直人(峯田和伸)は「ゲインロス。俺はさ、悲しい顔をしなければいけなかったんだ。教会で彼女が去って行くときに。そうすれば、凄く酷いことをしたって、彼女は罪悪感を手に入れた」と話した。

原田秋保(高橋ひかる)が「でも、プーさん笑ったよね。なんで笑ったの?」と尋ねると、風間直人(峯田和伸)は「ゲインロス。心理学用語なんだけど、ゲインは獲得、ロスは損失。獲得と損失の差が激しいほど、人は劇的な印象を受けるんだ。簡単に言えばギャップ萌えかな」と話した。

風間直人(峯田和伸)は、月島もも(石原さとみ)が教会から立ち去る時に笑うことで、月島もも(石原さとみ)に「なんで笑うの?」「悲しくないの?余裕なの?」と思わせ、月島もも(石原さとみ)の心の中に種をまいてしまったのだという。

原田秋保(高橋ひかる)が「じゃー、今頃、ももちゃんは、プーさんのことがもの凄く気になっているってことか」と喜ぶが、風間直人(峯田和伸)は「そんなことをしちゃいけなかったんだ。華道家として立とうとする彼女のために。でも、俺は、いずれ彼女に忘れ去られてしまうことが、あの瞬間、耐えられなくなった。だから、種をまいてしまったんだ」と教えた。

それを聞いた原田秋保(高橋ひかる)が「咲くことの無い花の種」と言うと、今村芽衣(田畑志真)は「キショイ花が咲いたりして」と言って2人で爆笑した。

さて、月島なな(芳根京子)は、姉・月島もも(石原さとみ)の元を訪れ、風間直人(峯田和伸)から受けとった婚姻届を差し出した。

月島もも(石原さとみ)が驚くと、月島なな(芳根京子)は風間直人(峯田和伸)が市役所で正式に処理される前に回収してきたことを明かした。

それを知った月島もも(石原さとみ)は、「ななが行くよりも前に分かってたってこと?だから笑ったの?あのクマの縫いぐるみ(峯田和伸)は笑ったの。悲しんでくれないと罪悪感が」と言って怒った。

月島なな(芳根京子)が「それ、そもそも必要?もう1人の自分とか。私には概念過ぎて分からないんだけど。私は好きな人が居る方が、力が出る」と話すと、月島もも(石原さとみ)は「そんなぬるいことを言ってると、俎上(そじょう)で1輪の花も貰えないよ」と答えたが、風間直人(峯田和伸)のことを思い出してしまい、困惑した。

一方、風間直人(峯田和伸)は図書館で本を探していると、同じ本を探している新庄千秋(香里奈)という女性と出会う。

他方、月島市松(小日向文世)は宇都宮龍一(千葉雄大)と会っていた。

月島市松(小日向文世)が「ルリ子(戸田菜穂)は、めかし込んでいた。君と会う約束をしているんだろ。それなら、今日にでも決行するんだな」と告げると、宇都宮龍一(千葉雄大)は「ななさん(芳根京子)はショックで壊れてしまうかもしれない」と答えた。

月島市松(小日向文世)が「この世の汚れを知らぬ者に、この世の美しさが分かるはずがない」と告げると、宇都宮龍一(千葉雄大)は「汚れを知らないまま、幸せに過ごす人もいます」と答えた。

しかし、月島市松(小日向文世)は「普通の女なら、それもよい。しかし、道を究めんとする者は、それではいかん。月島に協力するのだろ?月島に協力するのだろう?首尾よくやってくれれば、月島も君に借りを返す」と告げると、宇都宮龍一(千葉雄大)は引き受けた。

月島市松(小日向文世)が「兵馬君(大貫勇輔)と食事をした。あれは怪物だな。久々に華道界に現れたモンスターだ」と告げると、宇都宮龍一(千葉雄大)は「温室育ちのボンボンですよ」と答えた。

すると、月島市松(小日向文世)は「そうかな?」と笑って立ち去った。

さて、月島もも(石原さとみ)は神宮兵馬(大貫勇輔)の元を訪れ、宇都宮龍一(千葉雄大)が神宮兵馬(大貫勇輔)を恨んでいると教えた。

しかし、神宮兵馬(大貫勇輔)は「それは龍一が婚外子だから?つまらない憎悪だな。環境に左右される魂なんて下品だ」と答えた。

月島もも(石原さとみ)が「もう1人の自分が見えなくなったことは無いのですか?」と尋ねると、神宮兵馬(大貫勇輔)は「無いよ」と答えた。

月島もも(石原さとみ)が「それは、私には人を愛したことがないと聞こえます」と告げたが、神宮兵馬(大貫勇輔)は何も答えなかった。

高嶺の花-第7話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する