高嶺の花-最終回の結末ネタバレ

峯田和伸が出演する日本テレビの華道ドラマ「高嶺の花」の最終回(第10話)のあらすじとネタバレです。

第9話のあらすじとネタバレは「高嶺の花-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■高嶺の花-最終回のあらすじとネタバレ

ハニートラップを頼まれていた新庄千秋(香里奈)は、スマートフォンを月島もも(石原さとみ)に電話を掛けたままにしておき、風間直人(峯田和伸)の前で下着姿になった。

その様子をスマートフォンで聞いていた月島もも(石原さとみ)は、「私も素直になりたい」と泣きながら、スマートフォンを切ろうとしたとき、スマートフォンから、風間直人(峯田和伸)の「ドッキリですよね?これ」という声が聞こえてきたため、スマートフォンを切るのを止めて続きを聞いた。

新庄千秋(香里奈)は「私は黙っておきますから。浮気なんてバレなければ大丈夫」と誘ったが、風間直人(峯田和伸)は「犯罪者の理屈だ。つまり浮気って、後ろめたい犯罪だと思ってる。酷いって。でも、なぜする奴が沢山居るのか。たぶん、その間、思い浮かばないからですよね。たぶん、そのとき、奥さんや彼女の顔を忘れてるんです。でも、俺、今も浮かんじゃってるんです。ももさん(石原さとみ)の顔が」と答え、浮気を断った。

新庄千秋(香里奈)は「でも、男の浮気を許す女も居る。そういう女が大人の女」と食い下がったが、風間直人(峯田和伸)は「そういう女性には、ひかれないです。好きな人に、旦那さんに裏切られたら、ぶっ壊れてしまう。そういう女性がいい。そば屋の分厚い湯飲みと、薄くてもろいティーカップ、どちらが壊れやすいと思いますか?」と尋ねた。

新庄千秋(香里奈)が「分厚い湯飲み?」と答えると、風間直人(峯田和伸)は「高嶺の高級なティーカップは、それでも割れません。大切にされるから。俺が大切にするからです」と教えた。

スマートフォンを通して、それを聞いていた月島もも(石原さとみ)は「ありがとう。ありがとう」と言って泣いた。

一方、月島なな(芳根京子)は、父・月島市松(小日向文世)に月島の財産を放棄する念書を差し出した。

月島ルリ子(戸田菜穂)は怒って止めようとしたが、月島市松(小日向文世)が「本気か?」と問うと、月島なな(芳根京子)は「はい」と答えたので、月島市松(小日向文世)は月島なな(芳根京子)を破門にした。

すると、月島なな(芳根京子)は月島市松(小日向文世)に「長い間、ありがとう御座いました」と礼を言い、月島ルリ子(戸田菜穂)に月島のことを頼んで月島を出た。

さて、新庄千秋(香里奈)はスナック喫茶「ボンソワール」で、風間直人(峯田和伸)や商店街の仲間に、自分は月島もも(石原さとみ)の友達で、本当は医者だったことを明かした。

新庄千秋(香里奈)が風間直人(峯田和伸)に、「私と、もも(石原さとみ)が知り合いって見抜いてたんでしょ?見抜いてたから、ハニートラップに引っかからなかったんでしょ?」と尋ねたが、風間直人(峯田和伸)は全然、気付いていなかった。

新庄千秋(香里奈)は「私、魅力が無いのかなって落ち込んだけど、話を聞いていたもも(石原さとみ)には良かったかも」と言い、スマートフォンを通じて月島もも(石原さとみ)に聞かせていたことをネタバレした。

それを知った風間直人(峯田和伸)は、驚いて動揺したが、新庄千秋(香里奈)は「良かったじゃん。引っかからなかったんだから」と言った。

さて、月島家を出た月島なな(芳根京子)は、月島もも(石原さとみ)の部屋に転がり込み、宇都宮龍一(千葉雄大)が新しい仕事の目処がつくまで、居候させてもらうことにした。

そして、月島なな(芳根京子)は「初めて人を好きになった。それは、私の中で、華道はそれほど大事じゃ無かったと言えるの。お姉ちゃんみたいに。お花を嫌いになりたくないの」と言い、月島流を辞めたことを明かした。

月島なな(芳根京子)は「私を破門にしたとき、お父さんは、何だか、とても優しい顔に見えた。肩の荷が下りたというのかな。本当はそれが望みだったみたいな。やっぱり、お姉ちゃんを家元にしたいのよ」と話した。

月島もも(石原さとみ)は「まさか、私は・・・私は本当の娘じゃない」と答えると、月島なな(芳根京子)は「だったら、何?お父さんに愛されてなかった?」と尋ねた。

すると、月島もも(石原さとみ)は、子供の頃に月島市松(小日向文世)から優しく、花の名前を教えてもらい、自分が愛されていたことを思いだした。

さて、宇都宮龍一(千葉雄大)が月島市松(小日向文世)の元を訪れると、月島市松(小日向文世)は、月島なな(芳根京子)には天賦が無かったと言い、初めから月島もも(石原さとみ)を家元にする計画だったことを明かした。

そして、月島市松(小日向文世)は、「買っているのだよ、君のことは。確かに殿様商売の時代を終わった。華道をビジネスの面から支えてもらうのは大切なことかもしれん。月島もも(石原さとみ)との結婚を勧めてもいいな」と尋ねた。

宇都宮龍一(千葉雄大)は断ろうとしたが、月島市松(小日向文世)に「もも(石原さとみ)には神宮兵馬(大貫勇輔)を凌駕する才能がある。兵馬(大貫勇輔)がひれ伏す姿を見たくないか」と言われて激しく動揺したのだった。

その後、月島市松(小日向文世)は月島もも(石原さとみ)を呼び、正式に月島流の次の家元に指名した。

翌日、宇都宮龍一(千葉雄大)の電話が繋がらなくなったので、月島もも(石原さとみ)が宇都宮龍一(千葉雄大)の部屋に行くと、部屋はもぬけの殻だった。

一方、月島もも(石原さとみ)は、公園で風間直人(峯田和伸)と会い、弁当を渡すと、正式に月島流の次期家元になったことを教えた。

風間直人(峯田和伸)が「良かったんですよね」と尋ねると、月島もも(石原さとみ)は「はい」と言い、「今までありがとう御座いました」と礼を言った。

そして、月島もも(石原さとみ)は「人は支え合って生きていくと言います。1人で立てない人同士が寄り添うのは共依存です。風間さんは1人で立てる人です。嵐が吹いても倒れない木です。だから、1人で立てない私は寄り添ってしまう」と話した。

風間直人(峯田和伸)は「それでいいじゃないですか」と言ったが、月島もも(石原さとみ)は「それでは、いつか倒れてしまう。時には支えてくれる相手じゃ無いと、共倒れに。私には無理です。いつも自分のことで一杯一杯だったし。私もいつか1人で立ちたいんです。いつになるか分からないけど。そのためには華道家としての自信を取り戻すしかない」と告げた。

風間直人(峯田和伸)は「待ちます。待たれるのは辛いですかね。なら、お友達と言うことで」と頼んだが、月島もも(石原さとみ)は首を横に振った。

風間直人(峯田和伸)は何とか食い下がろうとしたが、月島もも(石原さとみ)は話を打ち切り、悲しそうな顔で「ありがとうございました」と頭を下げて立ち去った。

その後、風間直人(峯田和伸)が自宅で泣きながら月島もも(石原さとみ)の弁当を食べていると、集まった商店街の仲間が「よく頑張った」と励ましてくれた。

しかし、風間直人(峯田和伸)は月島もも(石原さとみ)のことが諦められず、堀江宗太(舘秀々輝)が摘もうとした高嶺の花をプレゼントすれば、月島もも(石原さとみ)も考え直してくれるのではないかと言い出した。

女性陣は「意味ないよ」「危ないから止めな」と呆れたが、男性陣は「よし、行こう」と言い、風間直人(峯田和伸)を連れて樹海の入り口へと向かったのだった。

一方、月島もも(石原さとみ)は、協会の理事会で生け花を披露するため、鏡の間で研究していると、お手伝いさんの金・銀の2人がやってきたので、「私のママ、お母さんはどんな人だった?生け花は?月島の師範だったのよね?」と尋ねた。

金・銀は「千恵子様は、ご結婚されて生け花を辞められて」と教えると、月島もも(石原さとみ)は「なぜ?やっぱり、もう1人の自分が見えなくなったから?」と尋ねた。

金・銀は「そんな物は最初からありません。千恵子様には。お家元のためにお辞めになったんです。千恵子様は皆から慕われる素晴らしい華道家でした。けど、これは月島の華道では無いと、家元が嫌ったから、お辞めになられたのです。お家元を愛しておられたから」と教えた。

月島もも(石原さとみ)は「お母さんの行けば花は、どんなふう?家元に嫉妬される程の腕前で、もう1人の自分も居ない。お母さんの行けば花は、どんなの?」と尋ねたが、金・銀は生け花の知識が無いため、分からなかった。

「高嶺の花-最終回のあらすじとネタバレ」へ続く。

「高嶺の花」の最終回の結末ネタバレです。

4660
4661

高嶺の花-最終回のあらすじとネタバレ」へ続く。

高嶺の花,最終回,結末,ネタバレ

峯田和伸が出演する日本テレビの華道ドラマ「高嶺の花」の最終回(第10話)のあらすじと結末ネタバレです。

このページは「高嶺の花-最終回のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■高嶺の花-最終回の結末ネタバレ

さて、風間直人(峯田和伸)らが樹海の入り口に着くと、高嶺の花は高い崖の上にあり、到底、取れそうも無いので、男性陣は諦めて写真を取って帰ろうとしたが、風間直人(峯田和伸)は木によじ登って高嶺の花を取ろうとした。

木に登っても、手が少し届かなかったが、風間直人(峯田和伸)は「俺は英雄になる」と言い、ジャンプして高嶺の花に手を伸ばしたのだった。

一方、母親の生け花が分からかった月島もも(石原さとみ)は、「私のお花」と言いながら、自分の生け花を模索していると、何かに気付いて、生けた花を1輪だけにして、「私は、お花」と言った。

その後、月島もも(石原さとみ)が部屋に戻ると、部屋の前に1輪の花が置いてあった。風間直人(峯田和伸)が取ってきた高嶺の花だ。

それを見た月島もも(石原さとみ)は月島なな(芳根京子)に「いつか、貴女は言っていたよね。強い人が居れば勇気がわくって。その思いを真っ直ぐに、極限まで昇華すればいい。迷わないで。私なら出来る」と言った。

月島なな(芳根京子)は「お姉ちゃんなら出来る。天才だもん」と同意すると、月島もも(石原さとみ)は「私はお花」と言い、月島なな(芳根京子)を抱きしめた。

さて、月島もも(石原さとみ)は、協会の理事会に向かう車の中で、運転手・高井雄一(升毅)に「ママは最後まで、私をお家元の子だと言ってた。お家元を愛していた。残酷な話ね。貴方は、その後、他の誰かを好きになったことは無いの?」と尋ねると、高井雄一(升毅)は「ありません」と答えた。

すると、月島もも(石原さとみ)は「まるでプーさんね。今日は協会の7人の理事の前で生け花をやる。お父さんの人生を肯定してあげるわ」と告げた。

その後、月島もも(石原さとみ)は協会に着くと、新流派を立ち上げると言ったので、協会は急遽、俎上(そじょう)を開くことにした。

後れてきた月島市松(小日向文世)は、月島もも(石原さとみ)が新流派を立ち上げるというので、驚いて激怒するが、理事の神宮兵馬(大貫勇輔)が「新流派の所属は理事の満場一致で無ければなりません。貴方が入れなければ、それで済む。お手並み拝見といきましょう」と言い、俎上(そじょう)を認めるように説得した。

こうして、俎上(そじょう)が始まると、月島もも(石原さとみ)は、花を生けながら、「あの方は太陽なら、私は花になりましょう」と話した。

そして、月島もも(石原さとみ)は最後に、「私の花は求愛に御座います。たとえ、適わなくても、何の痛みもありません。貴方こそが太陽だと、唯一無二の日差しであると、今分かるのです。今になって。お慕い申し上げております」と言い、一輪の花を差し出した。

それは、風間直人(峯田和伸)が摘んできた高嶺の花だった。

それを見た神宮兵馬(大貫勇輔)は、「私は言葉も無い」と言い、月島もも(石原さとみ)に1票を投じると、他の理事も次々と月島もも(石原さとみ)に票を投じた。

月島もも(石原さとみ)が生けた花を見て、亡き妻を思い出した月島市松(小日向文世)は「これは月島ではない」と言うと、月島もも(石原さとみ)は「はい。ももは自分の足で立ちたいのです。私に新流派の立ち上げをお許しください」と頭を下げた。

月島市松(小日向文世)が「何に格式のない名も無い初代家元としてか?」と問うと、月島もも(石原さとみ)は「はい。お父さん」と答えた。

月島市松(小日向文世)が「ももよ、茨の道を行くのか?」と問うと、月島もも(石原さとみ)は「1人ではありません、支え合う」と答えた。

すると、月島市松(小日向文世)は「見事であった」と言い、月島もも(石原さとみ)に票を投じ、理事の満場一致で月島もも(石原さとみ)の新流派は協会に認められたのだった。

ある日、宇都宮龍一(千葉雄大)が牧場で馬の世話をしていると、月島なな(芳根京子)が現れ、「これは何プラン?私も世話が出来る」と言った。

宇都宮龍一(千葉雄大)が「ストーカーかよ。お嬢様に馬の世話ができるか。それとも乗馬が得意だから出来る、とか言うのか?」と呆れると、月島なな(芳根京子)は「動物と話が出来るの」と答えて笑ったので、吉池拓真(三浦貴大)は「くだらない」と呆れた。

そして、月島なな(芳根京子)が「行くとこが無いの」と告げると、宇都宮龍一(千葉雄大)は「ずっとここに居てくれ」と言い、月島なな(芳根京子)を抱きしめてキスをした。

一方、風間直人(峯田和伸)が退院して帰宅すると、月島もも(石原さとみ)が三つ指をついて待っており、「お帰りなさいませ。ふつつか者ですが、末永く、よろしくお願いします」と頭を下げた。

風間直人(峯田和伸)が「また、スピーカーで誰かが聞いてるんじゃ?やだな、もうひっかかりませんから」と疑っていると、月島もも(石原さとみ)は「月島の家元はパス。この商店街で新しい教室を開く」と告げた。

風間直人(峯田和伸)が「お金無いですし」と答えると、月島もも(石原さとみ)は「お金なんてほとんどかからんでしょう。まだ何かあるの?」と呆れた。

風間直人(峯田和伸)が「元彼さんのこと、引きずってるんでしょ?」と尋ねると、月島もも(石原さとみ)は「引きずってないわ。もう、子供が生まれて、いいパパになってんだわ」と呆れた。

風間直人(峯田和伸)が「心の準備が。なんせ高嶺の花なんですから」と告げると、月島もも(石原さとみ)は「高嶺の花よ。でも貴方には摘む権利があるでしょ」と告げて、風間直人(峯田和伸)に抱きついた。

風間直人(峯田和伸)が「こちらこそ、よろしくお願いします」つ告げると、月島もも(石原さとみ)は風間直人(峯田和伸)にキスをした。

すると、店の外で待っていた商店街の仲間が歓喜を挙げて喜んだ。やはり、月島もも(石原さとみ)はスマートフォンのスピーカー機能で、会話を商店街のみんなに聞かせていたのだ。

さらに、月島もも(石原さとみ)は「そうだ、プーさん、もれなく付いてくるから」と言い、風間直人(峯田和伸)に、お手伝いの金・銀を紹介した。

さて、高井雄一(升毅)が月島市松(小日向文世)に、月島もも(石原さとみ)の新流派立ち上げの進行状況を報告すると、月島市松(小日向文世)は「お前はついて行かないのか?」と尋ねた。

高井雄一(升毅)が「はい。私は月島の人間ですから」と答えると、月島市松(小日向文世)は「そうか」と答えた。

その後、月島市松(小日向文世)は妻・月島ルリ子(戸田菜穂)を呼び、「本当に月島のことを考えてきたのは、お前なのかもしれない」と告げると、月島ルリ子(戸田菜穂)は「絶えることの無い血筋のお家を守ることが私の勤め。お花のことは何も分かりませんが」と答えた。

月島市松(小日向文世)は「それでよい。だからこそ、お前を愛したのだ。家元として息が詰まる日々、お前を娶って初めて呼吸が出来るような気がした。才能あふれる千恵子(前妻)は、ほとんど遠ざけていた。不思議だ」と教えると、月島ルリ子(戸田菜穂)は「信じられません。証明してください。愛があるのなら、私はもう1人、産んでみせます」と告げた。

ある日、月島もも(石原さとみ)の自転車で日本一周に出ていた引きこもりの中学生・堀江宗太(舘秀々輝)が、風間輪転に戻ってきて、月島もも(石原さとみ)に自転車を返した。

すると、商店街の人たちがみんなで出迎えてくれた。

風間直人(峯田和伸)が「おかえり。大丈夫だっただろ?」と尋ねると、堀江宗太(舘秀々輝)は「うん」と答えた。

堀江宗太(舘秀々輝)が好きだった同級生・今村芽衣(田畑志真)も駆けつけ、「お帰り」と言ってくれた。

イルカ(博多華丸)も駆けつけ、「お帰り」と言って祝福してくれた。

母親が「お帰り」と言うと、堀江宗太(舘秀々輝)は「母さん。俺、もう大丈夫だから」と告げた。

ある日、風間直人(峯田和伸)はいつものように風間輪転で自転車を直し、月島もも(石原さとみ)は公園で商店街の人たちに生け花を教えていた(終わり)。

なお、来期放送の「獣になれない私たち」のあらすじとネタバレは「獣になれない私たち-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

高嶺の花-最終回の結末ネタバレへのコメント

最終回ネタバレ読みましたが、ななと龍一が登場する場面など、違う人物の絡み(吉池)になっていておかしい部分があります。内容をチェックしてみて下さい(^_^;)

  • 投稿者-
  • 高嶺の花(最終回)
  • -2018年9月14日

ご指摘ありがとう御座います。一部、名前が入れ替わっていた箇所があったので、訂正しました。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2018年9月14日