家売るオンナの逆襲-原作とあらすじとネタバレ

北川景子が主演する日本テレビの不動産屋ドラマ「家売るオンナの逆襲」の原作とあらすじとネタバレです。

■家売るオンナの逆襲-原作と主題歌

家売るオンナの逆襲-原作と主題歌-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 大石静のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの水曜10時枠
放送開始日 2019年1月

■家売るオンナの逆襲-あらすじとネタバレ

「私に売れない家は無い」と豪語し、客の問題を解決しながら家を売って売って売りまくっていたテーコー不動産の三軒家万智(北川景子)は、前作「家を売る女」の最終回で、問題を抱えている客のために会社の方針に背いてビルを売却した。

上司の屋代大(仲村トオル)は、自分が売却したことにして、自分が責任を取ると行ったが、三軒家万智(北川景子)は、私が売ったのだから私の売り上げだと言い、拒否した。

すると、上司の屋代大(仲村トオル)は「そうか。君と出会えたおかげで、どこでも働けるように思えてきた。仲良く2人で辞表を出そうか」と言い、三軒家万智(北川景子)と共にテーコー不動産を辞め、海の見える田舎で、サンチー不動産を始めた。

SPドラマで三軒家万智(北川景子)と屋代大(仲村トオル)が結婚したことが判明しており、「私に売れない家は無い」は結婚後から描かれる。

なお、タイトルに「逆襲」が追加されており、前作の最終回で登場した人物が「逆襲」のキーマンになるようだ。テーコー不動産のメンバーも引き続き出演する。

スポンサードリンク

コメントを投稿する