朝ドラ「まんぷく」-第3話のあらすじとネタバレ

松坂慶子が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第3話のあらすじとネタバレです。

第2話のあらすじは「まんぷく-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

全体のネタバレは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-第3話のあらすじとネタバレ

母・今井鈴(松坂慶子)が台所で缶詰を食べていたため、今井福子(安藤サクラ)ら三姉妹が仮病疑惑を追及すると、母・今井鈴(松坂慶子)は「お腹が痛くなるのは本当なのよ」と答えた。

今井福子(安藤サクラ)が「お腹が痛いのに、お腹がすくの?」と追求すると、母・今井鈴(松坂慶子)は「お腹がすくときは、痛くないの」と釈明した。

香田克子(松下奈緒)が「そんなのおかしいわよ。お母さんは、咲ねえ(内田有紀)をお嫁に行かせたくないの?」と尋ねると、母・今井鈴(松坂慶子)は「嬉しいわよ
。そうだけど・・。ちょっと、冷たそうに見えるのよね、真一さん(大谷亮平)は」と答えた。

香田克子(松下奈緒)が「今更、何を言ってるのよ。真一さん(大谷亮平)は大きな会社に務めてる人だし。きっと幸せにしてくれるわよ」と呆れると、母・今井鈴(松坂慶子)は「貴女は見る目が無い。あんな売れない絵描きの嫁になって」と答えた。

今井咲(内田有紀)が「真一さん(大谷亮平)が冷たそうだから反対なの?本当の理由を言って」と追求すると、母・今井鈴(松坂慶子)は「貴女が嫁に行ったら、福子(安藤サクラ)と2人切りになるのよ。福子(安藤サクラ)よ」と本音を漏らした。

今井咲(内田有紀)が「それが、心細いってこと?福子(安藤サクラ)は大きなホテルに就職できたじゃない」と驚き、香田克子(松下奈緒)も「そんなことを言ってたら、咲ねえ(内田有紀)はいつまで経っても結婚できない」と呆れたのだった。

その日の夜、今井咲(内田有紀)は今井福子(安藤サクラ)に「私、結婚するの止めようかな。本当は後ろめたかったの。お母さんを置いていくのは」と話すと、今井福子(安藤サクラ)は「何を言うてるの?結婚を止めるなんて言わんといて。咲ねえ(内田有紀)はずっとこの家を支えてきたんやから、これからは自分の幸せを考えて。私がしっかりするから」と猛反対した。

しかし、今井福子(安藤サクラ)はそれには答えず、「もう寝よう」と言って話を打ち切った。

翌日、今井福子(安藤サクラ)は仕事のことで、先輩に注意されてばかりだったため、仕事の昼休みに1人で弁当を食べながら、母・今井鈴(松坂慶子)が今井咲(内田有紀)の結婚に反対なのは、私が原因なのだと落ち込んでいた。

そこへ、ホテルの料理人・野呂幸吉(藤山扇治郎)が来て、今井福子(安藤サクラ)にコーンビーフの缶詰を渡して立ち去ったが、今井福子(安藤サクラ)は缶詰をくれる理由がわからず、「どうして私に?」と不思議がった。

その日、ホテルをチャックアウトする外国人客ブラウンは、ホテルのフロント係・保科恵(橋本マナミ)に「電話交換手に、本当に気にしなくて良いからと伝えておいてくれ。英語の上手な人だ」と頼んでホテルをチェックアウトした。

そこで、フロント係・保科恵(橋本マナミ)は今井福子(安藤サクラ)を呼び出し、「どこで英語を勉強したの?」と尋ねると、今井福子(安藤サクラ)は「子供の頃にイギリス人の家庭教師に」と答えた。

保科恵(橋本マナミ)が「お金持ちだったのね」と告げると、今井福子(安藤サクラ)は「違います。あの頃は父の仕事が上手くいってたんですが、そのうちに駄目になって、今はもう」と答えた。

保科恵(橋本マナミ)が「でも、勉強は続けたんでしょ?」と尋ねると、今井福子(安藤サクラ)は「はい。母がきっと役に立つと言ったので」と答えた。

保科恵(橋本マナミ)が「ブラウンさんは怒っていないから、気にしないで」と伝言を伝えるが、今井福子(安藤サクラ)は「でも、電話を掛けてこられた立花さんはまだ・・・」と気にした。

一方、幻灯機を作る立花萬平(長谷川博己)の元に、加地谷圭介(片岡愛之助)が尋ねてきた。幻灯機を国内で作っている人間が居ることを知って驚き、尋ねてきたのだという。

立花萬平(長谷川博己)が変な大阪弁で「僕なりに改良して作ってみたんです。アメリカ製よりも優れている自信はあります」と話すと、加地谷圭介(片岡愛之助)は「立花さんの出身は大阪じゃないんやろ」と尋ねた。

すると、立花萬平(長谷川博己)は変な大阪弁を止め、標準語で「両親を子供の頃に亡くして、大阪に来たのは3年前です」と答えた。

加地谷圭介(片岡愛之助)は「苦労したんやな。軍のお偉いさんに知り合いが居るから、きっと、これに興味を示してくれるはずや」と教えると、立花萬平(長谷川博己)は「軍が?」と驚いた。

加地谷圭介(片岡愛之助)が「君は営業に疎いようやな。よっしゃ、俺が経営を手伝おう。会社を作って共同経営するんや。俺が営業担当や」を持ちかけると、立花萬平(長谷川博己)は「営業をやってくださるんですか?おおきに」と喜んだ。

翌朝、今井福子(安藤サクラ)と今井鈴(松坂慶子)は、コーンビーフの缶詰を食べた。今井鈴(松坂慶子)は「美味しい。コーンビーフなんて初めて食べた」と驚く。

今井福子(安藤サクラ)が「厨房係の人がくださるの。きっと私がちゃんと仕事をしているから、親切にしてくれるのだと思う。電話交換手の仕事は意外と難しいのよ。でも、もう私は仕事を任されているの。今日も沢山、褒められたのよ。もうお腹が痛くないのなら、咲ねえちゃん(内田有紀)を結婚させてあげて」と頼むと、母・今井鈴(松坂慶子)はお腹を押さえて苦しみだした。

しかし、今井福子(安藤サクラ)は無視してコーンビーフを食べ続けた。

その日、今井福子(安藤サクラ)は、ホテルの支配人に呼び出され、フロント係に抜擢された。

英語が話せる人間は貴重だったので、保科恵(橋本マナミ)が支配人に推薦してくれたのだ。

今井福子(安藤サクラ)が「でも、フロント係はべっぴんやないと、ダメなのでは?」と困惑すると、保科恵(橋本マナミ)は「貴女の笑顔はとても素敵よ」と教えた。

その日の夜、今井福子(安藤サクラ)は家族に、ホテルのフロント係に抜擢されたことを報告し、みんなで喜び合った。

しかし、香田克子(松下奈緒)が「これで、咲ねえ(内田有紀)がお嫁に行っても大丈夫。福子が支えてくれる」と言うと、母・今井鈴(松坂慶子)の顔が急に曇った。

そこで、今井福子(安藤サクラ)は「私がフロント係になれたのは、お母さんのおかげです。お母さんは、私に英語を習わせてくれた。お父さんが亡くなって、家が貧乏になっても、高等女学校を卒業させてくれた。そやから、私はホテルに就職でき、フロント係になれたんです。お母さんには心から感謝しています。今度は私がお母さんに恩返しする番です。私がお母さんを支えていきます。だから、咲ねえちゃん(内田有紀)を嫁がせてあげてください」と頼んだ。

すると、今井鈴(松坂慶子)は「わかりました。もう何もいいません。真一さん(大谷亮平)と幸せになりなさい」と結婚を許した。

今井咲(内田有紀)が「ほんまに、いいの?」と驚くと、今井鈴(松坂慶子)は「武士の娘に二言はありません」と答えたので、三姉妹は抱き合って喜んだのだった。

まんぷく-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する