朝ドラ「まんぷく」-第4話のあらすじとネタバレ

内田有紀が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第4話のあらすじとネタバレです。

第3話のネタバレは「まんぷく-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

全体のネタバレは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-第4話のあらすじとネタバレ

今井福子(安藤サクラ)はホテルのフロント係になって1ヶ月が経過した。母・今井鈴(松坂慶子)が今井咲(内田有紀)と小野塚真一(大谷亮平)の結婚を許し、嬉しいことばかりだった。

今井咲(内田有紀)は勤務先の宝石店に、小野塚真一(大谷亮平)が結婚指輪を買いに来てくれた。

香田克子(松下奈緒)の夫・香田忠彦(要潤)は、今井咲(内田有紀)の結婚祝いに絵を描いていた。

それを聞いた今井福子(安藤サクラ)は、自分も何か結婚祝いをしたいと思って悩んでいるとき、親友の鹿野敏子(松井玲奈)から幻灯機の話を聞いた。

今井福子(安藤サクラ)は早速、「たちばな工房」を訪れ、立花萬平(長谷川博己)に幻灯機を貸して欲しいと頼むと、立花萬平(長谷川博己)は無料で貸すことを約束した。

その後、それを知った共同経営者・神部茂(瀬戸康史)は、無料で幻灯機を貸すという立花萬平(長谷川博己)に呆れ、「君は画期的な幻灯機を作ったんだ。それをおとしめるようなことをしてどうする。借用料を取るべきだ」と言った。

結婚式の前日、今井三姉妹は、今井咲(内田有紀)の思い出話をして爆笑していた。

今井咲(内田有紀)は子供の頃から男性に人気があり、牧善之介(浜野謙太)という近所に住む不細工な歯医者が白い馬に乗って交際を申し込みに来たが、母・今井鈴(松坂慶子)が「背が低い」と断ったことがあったのだ。

一方、母・今井鈴(松坂慶子)は、死んだ夫の遺影に、今井咲(内田有紀)の結婚を報告し、「咲の花嫁姿を貴方と一緒に見たかったわ」と話した。

その日の夜、今井咲(内田有紀)と母・今井鈴(松坂慶子)は、別れの挨拶をして、涙を流しながら抱き合った。

翌日、結婚式が始まると、母・今井鈴(松坂慶子)は「寂しくなんかありません。私は武士の娘です」と言いながらも涙を流した。

さて、今井福子(安藤サクラ)が幻灯機で壁に写真を写す順番が来たが、幻灯機にトラブルがあり、立花萬平(長谷川博己)から時間を稼ぐように頼まれた。

そこで、今井福子(安藤サクラ)は、今井咲(内田有紀)は子供の頃からモテていたので、今井咲(内田有紀)が男性と会うときは、母・今井鈴(松坂慶子)から「付いていけ」と命じられ、今井咲(内田有紀)に付いて行っていたというエピソードを話した。

会場は爆笑したが、今井咲(内田有紀)と母・今井鈴(松坂慶子)は、恥ずかしそうにしていた。

そして、今井福子(安藤サクラ)は、今まで今井家を支えてきてくれた今井咲(内田有紀)に礼を言って、「幸せになってください」と挨拶すると、幻灯機を修理した立花萬平(長谷川博己)が壁に写真を写した。

それは、今井咲(内田有紀)の子供の頃からの成長を記録した写真で、それを見た今井咲(内田有紀)は涙を流し、幻灯機のおかげで結婚式は大成功に終わった。

結婚式が終わると、今井福子(安藤サクラ)は立花萬平(長谷川博己)に謝礼を渡さそうとしたが、立花萬平(長谷川博己)は「自分が作った幻灯機が役立って、皆さんがあんなに喜んでくれて、お礼を言いたいのは僕の方だ」と言い、謝礼を断った。

そして、立花萬平(長谷川博己)は、結婚式で良いスピーチをしていた今井福子(安藤サクラ)の顔を思い出しながら、帰って行ったのだった。

まんぷく-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する