ドラマ「中学聖日記」のあらすじとネタバレ

有村架純が主演するTBSの禁断愛ドラマ「中学聖日記」の第1話のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「中学聖日記-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■中学聖日記-第1話のあらすじとネタバレ

末永聖(有村架純)は大学を卒業後、2年間、小学校で国語の非常勤講師を務め、神奈川県の片田舎の子星平町にある子星中学校に赴任し、子供の頃から念願だった教師になった。

末永聖(有村架純)は若かくて独身で経験も無いという不利な条件が揃っていたが、3年1組の担任が産休に入ったため、異例の抜擢で3年1組の担任を務めることになったのだ。

末永聖(有村架純)は担任の初日、子星中学校の校庭に隕石が落ちて用務員が死んだという話を聞き、ホームルームの時間に黙祷を捧げるが、男子生徒・九重順一郎(若林時英)から嘘だとネタバレされる。

子星平町によく隕石が落ちるという話も、NASAの研究員が毎年、調査に来るという話も、全て3年1組の男子生徒・九重順一郎(若林時英)が作った嘘で、末永聖(有村架純)は騙されたのだ。

ネタバレを知った末永聖(有村架純)は、呆れて、九重順一朗に「その嘘、不謹慎ですね。生徒指導の対象とします。放課後、残ってください」と命じた。

九重順一郎(若林時英)が「うそ」と驚くと、末永聖(有村架純)は「嘘です」と言って、クラスを爆笑させた。

そのとき、最後尾の席に座っていた黒岩晶(岡田健史)がイスごと後ろに倒れたので、末永聖(有村架純)は「何やってるの。大丈夫?頭打った?」と言い、倒れた黒岩晶(岡田健史)に手を差し伸べて起こした。

さて、末永聖(有村架純)には、3年間も付き合っている川合勝太郎(町田啓太)という恋人が居た。

川合勝太郎(町田啓太)はエリート商社マンで、転勤で大阪に行ったが、結婚の話は出ず、末永聖(有村架純)は神奈川に残ったので、遠距離恋愛になった。

それでも、末永聖(有村架純)は、3年1組の担任にもなれたため、生活は充実していた。

翌日、末永聖(有村架純)は教頭・塩谷三千代(夏木マリ)からグチグチと小言を言われる。

一方、末永聖(有村架純)は、女子生徒・岩崎るな(小野莉奈)から「末永(有村架純)はあざとい。ノーメイクの振りをして、まつげの目元、埋めてるし」と陰口をたたかれていた。

男性生徒からは「可愛い」と好評だったが、黒岩晶(岡田健史)は「全然」と言い、無関心を装っていた。

翌日、末永聖(有村架純)は学校の廊下で黒岩晶(岡田健史)に会うと、昨日見かけたと言い、「お弁当を買ってたね。お母さん、忙しいの?もし何かあったら、相談して。先生、力になるから」と告げた。

そして、末永聖(有村架純)が「黒岩君って、綺麗な顔をしているね」と告げると、黒岩晶(岡田健史)はイライラして末永聖(有村架純)をビンタして、「頼むから、これ以上、イライラさせないで」と告げて立ち去った。

すると、残された末永聖(有村架純)は、「なんで、今、ぶたれたの?」「私何か言った?」と困惑するのだった。

その日の夜、恋人・川合勝太郎(町田啓太)は残業の休憩中に、末永聖(有村架純)とテレビ電話で話していたが、先輩・原口律(吉田羊)から「仕事している振りをしてるのなら帰れ」と言われ、慌てて仕事に戻る。

原口律(吉田羊)はプレゼンで絶対に失敗しないというやり手で、社長の愛人で逆らったら左遷されるという噂のある人だった。

翌日、末永聖(有村架純)の授業中に、生徒の間で「聖(有村架純)のブラは何色だと思う?」というメールが巡っていた。

それが教頭・塩谷三千代(夏木マリ)に知られてしまうのだが、教頭・塩谷三千代(夏木マリ)に「携帯の電源を切るように徹底しろ」「ブラウスが女性的すぎる。ニオイのするシャンプーや整髪料は禁止」などと注意されたのは末永聖(有村架純)だった。

一方、女子生徒・岩崎るな(小野莉奈)は、親から放課後のカラオケを禁止されたと不満を漏らし、末永聖(有村架純)を嫌っていた。

末永聖(有村架純)が生徒の行動を親にメールで教えているらしく、3年1組の生徒は末永聖(有村架純)に不信感を募らせていた。

ただ、男子生徒は「可愛いからいいじゃん」と引き続き好評だった。

その日の放課後、黒岩晶(岡田健史)の三者面談の順番が来るが、母親から少し遅れるという連絡があったので、末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)と2人で面談を始めた。

黒岩晶(岡田健史)の志望校が空白だったので、末永聖(有村架純)が「夢を持つって大事。私は教師になることが夢だったので、充実している」と話すと、黒岩晶(岡田健史)は「先生は教師に向いてないですよね。なんでぶったことを誰にも言わないんですか?普通、停学とかですよね?僕、変な仕返しとかしそうですか?」と告げた。

末永聖(有村架純)が「そういうことじゃなくて、まだ黒岩くんのことをよく知らないから」と釈明すると、黒岩晶(岡田健史)は「先生ごっこ、楽しいですか?」と尋ねた。

末永聖(有村架純)が「楽しいよ。毎日充実しているし、生徒は可愛いし」と答えると、黒岩晶(岡田健史)は「じゃー、僕のどこが好きですか?」と尋ねた。

末永聖(有村架純)は答えに窮したが、そのとき、他の教師が来て、黒岩晶(岡田健史)の母親が仕事の都合で三者面談に来れなくなったと報告したので、黒岩晶(岡田健史)との三者面談は打ち切りとなった。

その後、末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)の自宅を訪れ、母・黒岩愛子(夏川結衣)と黒岩晶(岡田健史)の進路について話し合う。

そのとき、母・黒岩愛子(夏川結衣)が「マメにメールをくれるんですよね?他のお母さんから聞きました。生徒の裏情報を教えてくれるって。ウチもよろしくお願いします」と頼むと、末永聖(有村架純)はメールのことを初めて知り、「だから生徒と壁があるんだ」と驚いた。

末永聖(有村架純)は、母・黒岩愛子(夏川結衣)にパソコンへのログインパスワードを紛失したことを明かし、メールを送っていたのは自分ではないと教え、帰って犯人を調べることにした。

母・黒岩愛子(夏川結衣)は「反抗期だけど、根は悪い奴じゃ無い」と言い、末永聖(有村架純)に黒岩晶(岡田健史)のことを頼んで、頭を下げた。

その日の夜、末永聖(有村架純)が川合勝太郎(町田啓太)に電話をすると、川合勝太郎(町田啓太)あら「明日、送別会これる?できたら来て欲しい。話がある」と言われた。

中学聖日記-第1話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する