朝ドラ「まんぷく」-第12話のあらすじとネタバレ

内田有紀が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第12話のあらすじとネタバレです。

第11話のあらすじとネタバレは「まんぷく-第11話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

全体や各週のネタバレは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-12話のあらすじとネタバレ

昭和17年夏、新聞では日本の勝利が報告されていたが、人々の暮らしは次第に苦しくなっていった。大阪東洋ホテルに来る客もめっきり減っていた。

今井福子(安藤サクラ)は、姉・今井咲(内田有紀)を亡くして悲しんでいたが、職場では、いつも通り、明るく振る舞っていた。

さて、今井福子(安藤サクラ)が帰宅すると、母・今井鈴(松坂慶子)がお昼にあった出来事を話した。

母・今井鈴(松坂慶子)が茶の間でウトウトしていると、姉・今井咲(内田有紀)が現れ、「お父さん、また新しい仕事を始めるんやって。懲りへんね。せやけど、お母さんは心配しなくて、ええから」と話したのだという。

母・今井鈴(松坂慶子)が「咲(内田有紀)は向こうでお父さんの世話を焼いてるんよ」と話すと、今井福子(安藤サクラ)は「咲姉ちゃんらしい」と言った。

一方、理創工作社では、従業員の竹ノ原大作(宮田佳典)が、赤紙が来たので、今月末に入隊することを報告していた。

加地谷圭介(片岡愛之助)が「お国のために戦えるんや。若い奴はうらやましいわ」というと、立花萬平(長谷川博己)は「僕だって、そのうち」と言った。

加地谷圭介(片岡愛之助)が「そのときは、盛大に壮行会をやったるわ」と告げると、立花萬平(長谷川博己)は「新製品の開発はどうするんですか?」と尋ねた。

加地谷圭介(片岡愛之助)が「もう新しい物に手を出してる場合じゃない。自分で資金を集めてくるっていうのなら、別やけどな。でも、そんな気力ないだろ。毎日、ため息ばっかりついて。もう、あの子とは会ってないのか?」と尋ねた。

立花萬平(長谷川博己)が「お姉さんが亡くなったんです」と教えると、加地谷圭介(片岡愛之助)が「姉貴が元気になるまで会えないと約束してたのに、まさか死ぬとはな。俺やったら、縁が無かったと思って別の女を捜すけどな」と告げた。

他方、歯医者・牧善之介(浜野謙太)は白馬「蘭丸」を兵役に取られたので、徒歩で街を移動していた。

さて、大阪東洋ホテルでも金属が徴収されていき、保科恵(橋本マナミ)が複雑な思いで、その様子を見ていた。

すると、厨房係の野呂幸吉(藤山扇治郎)が「日本が勝ったら、また元通りになるって。せやけど、その前に僕と・・・」と保科恵(橋本マナミ)に告白していると、歯医者・牧善之介(浜野謙太)が現れた。

歯医者・牧善之介(浜野謙太)は、保科恵(橋本マナミ)に「私は貴女に結婚を申し込みます。日本の勝利を2人でお祝いしましょう」とプロポーズして立ち去った。

プロポーズを目の当たりにした野呂幸吉(藤山扇治郎)が「あの人誰なんです」と泣くと、保科恵(橋本マナミ)は「何にもありません」と釈明した。

さて、立花福子(安藤サクラ)は、ホテルの客が減ったので、仕事を休み、香田家を訪れていた。

香田克子(松下奈緒)は依然として子育てに追われていた。香田忠彦(要潤)は、いつ赤紙が来て画けなくなるか分からないので、今のうちに画きたい物を画くと言い、絵に没頭していた。

香田克子(松下奈緒)が小野塚真一(大谷亮平)のことを気にしていたので、立花福子(安藤サクラ)は香田家を出ると、小野家に行ってみた。

すると、小野塚真一(大谷亮平)は、赤紙が来たので、今井咲(内田有紀)の写真を持って戦地へいくのだと話した。

小野塚真一(大谷亮平)が「立花さん(長谷川博己)に、お礼を言ってくれた?病院を紹介してくれた」と尋ねると、立花福子(安藤サクラ)は「はい」と答えた。

小野塚真一(大谷亮平)が「福ちゃんがお付き合いしている人だってね」と尋ねると、立花福子(安藤サクラ)は「会ってないんです。咲姉ちゃん(内田有紀)が亡くなってから。今は誰かとお付き合いするとか、結婚するとか考えられません。それに母は立花さんのことを気に入ってないし」と答えた。

すると、小野塚真一(大谷亮平)は、「それでいいの?立花さんは大事な人じゃないの?自分の気持ちに正直にあるべきだ。咲やお母さんは関係ないんとちゃうか?大事な人が居るなら、生きてそこに居るなら、簡単に手放してはいけない」と告げた。

さて、立花福子(安藤サクラ)は、小野塚真一(大谷亮平)の言葉に背中を押され、小野家を出ると、理創工作社を訪れ、立花萬平(長谷川博己)と再開する。

そして、立花福子(安藤サクラ)は「すいませんでした。連絡しなくて。姉が亡くなって、仕事のこと以外、何も考えられなくなったんです。立花さんにも、もう会わない方が良いって。でも、やっぱり私は、私は・・・」と告白しようとした。

そのとき、憲兵が理創工作社に入ってきて、「軍事物資横領の容疑で逮捕する」と言い、立花萬平(長谷川博己)を取り押さえたのだった。

まんぷく-第13話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する