中学聖日記-岩崎るな(小野莉奈)は黒岩晶(岡田健史)狙い

小野莉奈が主演するTBSのドラマ「中学聖日記」の第2話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「中学聖日記-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■中学聖日記-第2話のあらすじとネタバレ

翌日、黒岩晶(岡田健史)は熱があると言って学校を休んだ。学校が終わると、クラスメイト・岩崎るな(小野莉奈)が尋ねてきた。

岩崎るな(小野莉奈)は「風邪?薬迷うよね。私たち14だけど、もうすぐ15歳だから大人と同じ容量をのんでいいのか。黒岩は15か。4月生まれだもんね」と話した。

黒岩晶(岡田健史)が「お前何しに来たんだよ」と呆れると、岩崎るな(小野莉奈)は「これ以上、末永(有村架純)に本気になるのは止めな。居るんだよ、婚約者。いくら思っても無駄だし、黒岩が傷つくだけだし」と告げた。

怒った黒岩晶(岡田健史)が追い返そうとすると、岩崎るな(小野莉奈)は「帰るよ。でも、少なくとは私は末永(有村架純)と違って、自分が多少、傷つくのを覚悟してここに来てるから」と言った。

そこへ、母・黒岩愛子(夏川結衣)が帰宅する。母・黒岩愛子(夏川結衣)は、黒岩晶(岡田健史)と岩崎るな(小野莉奈)を見て、「え?2人は、だから・・・」と2人の関係を誤解した。

岩崎るな(小野莉奈)が「違うんです」と言って慌てて帰ると、黒岩晶(岡田健史)は「あいつ、気持ち悪い。俺と同じくらいに」と言った。

運動会の日、好きな人に鉢巻きを渡すのが流行していたので、岩崎るな(小野莉奈)は黒岩晶(岡田健史)に「鉢巻きを交換して欲しい」と頼んだ。

その後、末永聖(有村架純)が生徒にタオルを配っていたので、黒岩晶(岡田健史)がタオルを受け取りに行き、声をかけるが、末永聖(有村架純)はタオルを渡すと素っ気なく立ち去った。

すると、黒岩晶(岡田健史)は末永聖(有村架純)の手を掴んで用具室へ連れ込み、「何でですか?僕のことをなるべく見ないように、話しかけないようにするんですか?好きって言ったから?」と尋ねた。

末永聖(有村架純)は「そんなわけないでしょ。気にしすぎよ」と答えて出て行こうとしたが、黒岩晶(岡田健史)は出口を塞いで「子供扱いしないでください。なんで逃げるんですか」と告げた。

末永聖(有村架純)は「じゃー、ハッキリ言うけど、こういうの迷惑だから、止めて。先生として黒岩君を応援する。それ以上でも、それ以下でも無い。だから、もう止めて」と言い、用具室を出た。

用具室に残された黒岩晶(岡田健史)は「なんだこれ。おかしいだろ。もっと何か、素晴らしいものじゃないのか?恋って」と言って苦悩した。

その後、リレーが始まるが、黒岩晶(岡田健史)の姿が無く、騒動となった。黒岩晶(岡田健史)はお腹が痛いと言って無断で帰ったことが判明し、事件や事故では無いことが分かり、後は保護者責任ということで騒動は片付いた。

しかし、教頭・塩谷三千代(夏木マリ)は「最近、黒岩君は問題が多い。貴方の生徒ですよ。今な何を気にしているのか、抱えている悩みは何なのか?理解するように務めてください」と、末永聖(有村架純)を注意した。

その後、業務時間を終えた末永聖(有村架純)は、駐車場に行くと、自分の車のドアミラーに黒岩晶(岡田健史)の鉢巻きが巻いてあった。

好きな相手に鉢巻きを渡すことが流行っており、末永聖(有村架純)は鉢巻きを見て困惑するのだった。

さて、末永聖(有村架純)が車で帰宅していると、道路に倒れていた黒岩晶(岡田健史)を発見した。自転車で転倒したらしく、足を怪我していた。

末永聖(有村架純)が車を降りて黒岩晶(岡田健史)の元に駆け寄って心配すると、末黒岩晶(岡田健史)は永聖(有村架純)を抱きしめて、「先生、僕のことを嫌いにならないでください」と頼んだ。

末永聖(有村架純)は「こんな所を人に見られたら・・・」と言って、離れようとしたが、黒岩晶(岡田健史)は「僕は誰に見られてもいいです」と言って再び抱きしめた。

それでも末永聖(有村架純)は離れようとしたので、黒岩晶(岡田健史)は「帰ります」と言って、自転車を起こそうとした。

しかし、黒岩晶(岡田健史)は足を怪我していたので、末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)を車で自宅へ送ることにした。

さて、末永聖(有村架純)は自宅へ送ろうとしたが、黒岩晶(岡田健史)は鍵を落としており、母親も仕事で帰っていなかった。

そこで、末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)を自宅に連れ帰り、足の手当てをすることにした。

黒岩晶(岡田健史)は末永聖(有村架純)の手当を受けながら「どして、僕のことを助けてくれて、こんな風に面倒を見てくれて」と尋ねると、末永聖(有村架純)は「怪我してるから、担任として当然でしょ」と答えた。

黒岩晶(岡田健史)が「それだけですか」と言い、末永聖(有村架純)に体を近づけると、末永聖(有村架純)は後ろに身をそらせた。

しかし、黒岩晶(岡田健史)は末永聖(有村架純)を押し倒そうとしたのでは無く、末永聖(有村架純)の隣に置いてあったテッシュを取ろうとしただけだった。

「私、今、意識しすぎた?ダメだこのままじゃ」と思った末永聖(有村架純)は、黒岩晶(岡田健史)に「先生ね、好きな人が居るの」と告げた。

すると、黒岩晶(岡田健史)は「お金、借りても良いですか?下のコンビニで何か」と言った。

末永聖(有村架純)が買いに行こうとしたが、黒岩晶(岡田健史)は「僕が行きます。先生は訳分からない物を買ってきそうだ」と言い、部屋を出て下のコンビニへ行った。
その後、部屋のチャイムが鳴ったので、末永聖(有村架純)が「黒岩君、やっり送るから」と言って玄関を空けると、婚約者・川合勝太郎(町田啓太)だった。川合勝太郎(町田啓太)が連絡も無く、やってきたのだ。

末永聖(有村架純)は、「黒岩君、やっり送るから」という台詞を聞かれたのでは無いかと動揺する。

一方、コンビニから戻ってきた黒岩晶(岡田健史)は、部屋の玄関で、末永聖(有村架純)と婚約者・川合勝太郎(町田啓太)が話しているのを目撃して動揺するのだった。

中学聖日記-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する