獣になれない私たち-第2話のあらすじとネタバレ

山内圭哉が出演する日本テレビのドラマ「獣になれない私たち」の第2話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「獣になれない私たち-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■獣になれない私たち-第2話のあらすじとネタバレ

深海晶(新垣結衣)は革ジャンにブーツにサングラスという派手な服で出社し、業務内容の改善要求を突き付けた。

驚いた社長・九十九剣児(山内圭哉)が改善要求を読み上げて「営業アシスタントは秘書ではありません。秘書の業務はいたしません?」と驚くと、深海晶(新垣結衣)は恐る恐る「いたしません」と告げた。

社長・九十九剣児(山内圭哉)が「営業アシスタントは営業ではありません。営業の代わりのプレゼンはいたしません?」と驚くと、深海晶(新垣結衣)は小さな子で「いたしません」と告げた。

社長・九十九剣児(山内圭哉)が「営業アシスタントは営業のアシスタントであり、営業の指導はいたしません?」と驚くと、深海晶(新垣結衣)は動揺しながら「いたしません」と告げた。

社長・九十九剣児(山内圭哉)が「こんなもん聞けるか」と怒ると、深海晶(新垣結衣)は「この格好で取引先に行ってもいいんですか?」と反論した。

困った九十九剣児(山内圭哉)は「ワウッ。ワウッ」と吠えて逃げ帰った。

一方、会計士・税理士の根元恒星(松田龍平)は、社長・勝俣(八嶋智人)から粉飾決算した税務申告書に判を押してくれたとと下座されていた。

しかし、根元恒星(松田龍平)は「お宅の会社、もう焦げ焦げですよね。そんなね、大赤字を隠す税務申告書に判子を押す税理士なんて、日本中を探しても居ませんから」と告げた。

社長・勝俣(八嶋智人)が「でも、ここならって」と頼んだが、根元恒星(松田龍平)は話を打ち切り、社長・勝俣(八嶋智人)をつまみ出した。

その日の夜、深海晶(新垣結衣)と根元恒星(松田龍平)は、バー「5tap」で一緒になる。

マスター斎藤(松尾貴史)が深海晶(新垣結衣)の服を見て「感じが違う。イメチェン?」と驚くと、根元恒星(松田龍平)は「そういえば」と気付いた。

マスター斎藤(松尾貴史)が「遅いよ」と呆れると、根元恒星(松田龍平)は「女の服なんかイチイチ見ないよ」と答えた。

マスター斎藤(松尾貴史)が「恒星ちゃんが興味あるのは、服の中身だけだもんね」と告げると、根元恒星(松田龍平)は平然と「誰だって、服よりも中身じゃないの?」と答えた。

深海晶(新垣結衣)の冷たい目線に気付くと、根元恒星(松田龍平)は「イヤラシイみたいな目で見ないでいただけます?イヤラシイと思う方がイヤラシイからね。それに、中身にはハートという意味もあるからね」と告げたが、深海晶(新垣結衣)は「貴方の場合は無いと思う」と答えた。

深海晶(新垣結衣)が根元恒星(松田龍平)にブーツを見せて「このブーツは?思い当たりませんか?」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「うん?」と不思議がった。

すると、深海晶(新垣結衣)は「本当に感心ないのか」と呆れて、こういう服を着ている事情を話すと、マスター斎藤(松尾貴史)は「呉羽ちゃん(菊地凛子)みたいな格好は、社長に対する覚悟の表れだったんだ」と納得した。

しかし、深海晶(新垣結衣)は、社内では「深海さんがグレた」というメールが回り、「グレた」という1言で、夏休み明けに不良になった残念な中学生みたいな扱いになってしまったと嘆いた。

さて、社長・九十九剣児(山内圭哉)が3日間出張なので、深海晶(新垣結衣)はその間、有給休暇を取れることになり、休み明けに業務改善要求に対する返事が貰えることになっていた。

マスター斎藤(松尾貴史)が「よかったじゃん」と喜ぶと、深海晶(新垣結衣)は「まあ、一応は」と答えた。

そこへ、ラーメン屋の店員・岡持三郎(一ノ瀬ワタル)がバー「5tap」に着た。

岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が深海晶(新垣結衣)を見て「誰っすか」と驚いたので、根元恒星(松田龍平)は深海晶(新垣結衣)に「恋したいんですよね?」と尋ねた。

すると、岡持三郎(一ノ瀬ワタル)は興奮して深海晶(新垣結衣)に接近き、自己紹介したが、マスター斎藤(松尾貴史)に「店内ナンパ禁止」と注意された。

根元恒星(松田龍平)は岡持三郎(一ノ瀬ワタル)に「距離感を学べよ。距離感を間違えると、出会った瞬間、コンマ1秒で嫌われるから」と教えると、岡持三郎(一ノ瀬ワタル)は「気をつけます」と答えた。

岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が興奮して深海晶(新垣結衣)に「俺に任せてください。一瞬で恋できます」と告げると、深海晶(新垣結衣)は「やすっ」と呆れた。

岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が「高い恋なんて、あるんですか?」と尋ねると、マスター斎藤(松尾貴史)が「恋って、落ちるもんだからね」と言った。

すると、深海晶(新垣結衣)が「それ、凄くよく聞くんですけど、そう言える人って、簡単に人を好きになれる人だと思う」と言った。

岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が「俺、ダメっすか?」と悲しむと、深海晶(新垣結衣)は「そうじゃなくて、自分には難しいなって。一目惚れとかしたことないし」と答えた。

岡持三郎(一ノ瀬ワタル)とマスター斎藤(松尾貴史)が店の奥にお酒を探しに行くと、残された根元恒星(松田龍平)が深海晶(新垣結衣)に「鐘の音が聞こえるらしいよ。呉羽(菊地凛子)が、運命の人に出会った瞬間、鐘の音が聞こえたって」と教えた。

すると、一目惚れをしたことのない深海晶(新垣結衣)は、「恋に落ちた瞬間に鐘。どんな音なんだろう」と不思議に思った。

その後、帰宅した深海晶(新垣結衣)は、花井千春(田中美佐子)に「つよそうな服を買いました。私は人に強く言えなくて、負けてしまうところがあるので、一つでも変われたら」というメールを送った。

一方、花井京谷(田中圭)が風呂から出ると、同居人・長門朱里(黒木華)が花井京谷(田中圭)のスマホのメールを見て、「彼女、仕事、大変なんだ。辞めちゃえばいいのに」と言った。

花井京谷(田中圭)が「簡単に辞められる人じゃないんだよ」と告げると、長門朱里(黒木華)は「私だって好きで辞めたんじゃない」と言い、クッションを投げつけて自分の部屋に戻った。

翌朝、深海晶(新垣結衣)はスマホの着信音で目を覚まし、電話に出ると、営業の松任谷夢子(伊藤沙莉)が「契約書が無いの。ピット社の契約書。昨日、持って行くはずが、先方から来てないって」と告げた。

深海晶(新垣結衣)は「ピット社の担当は上野さん(犬飼貴丈)です」と教えると、松任谷夢子(伊藤沙莉)はミカンを食べながら、「アイツは今日もバックれてるの」と教えた。

深海晶(新垣結衣)が「私、今日は有給なので」と教えると、松任谷夢子(伊藤沙莉)は「困る、困る。私1人でどうしていいのかわからない。電話がジャンジャン鳴っちゃって」と助けを求めた。

深海晶(新垣結衣)が仕方なく会社に行くが、会社はいつも通りで電話は鳴っておらず、「ジャンジャン?」と呆れると、松任谷夢子(伊藤沙莉)は「さっきは鳴ってたのよ」と釈明した。

新人の上野発(犬飼貴丈)は昨日も仕事を休んでおり、松任谷夢子(伊藤沙莉)が「このまま辞めたら、また深海さんの仕事が増えますね」と心配すると、深海晶(新垣結衣)は「自分で引き継ぐ気持ちは無いの?」と驚いた。

松任谷夢子(伊藤沙莉)が「人には能力差ってもんが」と告げると、深海晶(新垣結衣)は「私だって別に」と必死に抗弁しようとした。

すると、松任谷夢子(伊藤沙莉)は「深海さんはロビーで土下座したんですよね?天草制作で制作部長の原口さんが、『悪いことをしちゃった』って、自慢げに風潮してて。私、ああいうオヤジに土下座なんて無理。深海さんは凄い」と話した。

深海晶(新垣結衣)は「それだって、元はと言えば、松任谷さん(伊藤沙莉)が・・・」と嘆いた。

SEの佐久間久作(近藤公園)が「契約書はどうする?社長に連絡する?」と尋ねると、深海晶(新垣結衣)は「それだけはダメです。大変なことになる」と止めた。

結局、深海晶(新垣結衣)が上野発(犬飼貴丈)の部屋に契約書を取りに行くことになってしまった。

深海晶(新垣結衣)は上野発(犬飼貴丈)の部屋を訪れると、「契約書は上野君が持って行った方が良いと思う。担当なんだから。2日休んで会社に来にくいのは分かるけど、社長は出張中だし、なんとなくごまかせる」と説得したが、上野発(犬飼貴丈)は「僕、向いてないんです。この仕事」と答えた。

深海晶(新垣結衣)が上野発(犬飼貴丈)を説得すると、上野発(犬飼貴丈)は「好きになって良いですか?」と言い出した。

深海晶(新垣結衣)が慌てて「待って。私は仕事できています。上野さんへの好意ではありません」と告げるが、上野発(犬飼貴丈)は「会社に良いなと思う人が居れば、会社に行けば会えると思えば、活力なるじゃないですか。付き合いたいとかじゃないんです。そういう存在が欲しいんです」と頼んだのだった。

翌朝、深海晶(新垣結衣)は、松任谷夢子(伊藤沙莉)からの電話で目が覚める。

深海晶(新垣結衣)が「私、まだ有給中なんです。会社には行きません」と告げると、松任谷夢子(伊藤沙莉)は「来ました。会社に、上野(犬飼貴丈)。さっき来て、ビット社に契約者を持って行きました。どんな手を使ったの?上野(犬飼貴丈)は変なことを言った。今日から深海さんは僕の女神だって」と教えた。

深海晶(新垣結衣)は力無く「よったですね」と言い、電話を切ると、布団をかぶって寝た。

一方、根元恒星(松田龍平)は、社長・勝俣(八嶋智人)から「顧問税理士の名前と印鑑がないと、銀行の融資の審査に通りません。通らなければ、ウチは倒産です」と土下座で頼まれたが、「卑怯でしょ。こっちが悪人みたいで。俺はね、土下座するような人が一番嫌いなんですよ」と言い立ち去った。

その日の夕方、深海晶(新垣結衣)は、交際相手・花井京谷(田中圭)の会社のバーベキューイベントに参加した。

深海晶(新垣結衣)は以前、花井京谷(田中圭)の会社で派遣社員として働いており、ほとんどの人と知り合いで、再会を喜び合った。

獣になれない私たち-第2話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する