大恋愛-北澤尚(戸田恵梨香)がMCI(軽度認知障害)を発病

草刈民代が出演するTBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」の第2話のあらすじとネタバレです。

このページは「大恋愛-僕を忘れる君と-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■大恋愛-僕を忘れる君と-第2話のあらすじとネタバレ後編

北澤薫(草刈民代)は仕事が終わると、井原家に説明するための作戦会議だと言い、北澤尚(戸田恵梨香)を行きつけのレストランに誘った。

一方、井原侑市(松岡昌宏)は両親に、北澤尚(戸田恵梨香)の病気を報告すると、母親は結婚前で良かったと喜び、新しい女性を探すと言い出した。

翌日、北澤尚(戸田恵梨香)は井原侑市(松岡昌宏)の診察を受ける。

井原侑市(松岡昌宏)が検査入院を勧めると、北澤尚(戸田恵梨香)は「お任せします。先生には感謝しています。先生に出会えなければ、これほど早く気付いていなかった。式と披露宴はこちらでキャンセルしておきます。ご両親には改めてご挨拶に伺います」と告げた。

診察が終わると、間宮真司(ムロツヨシ)から「今夜、飯を食いませんか。俺らしくないレストランで、ご馳走します。行ったことないけど、ネットで調べて予約しました。間宮真司で。7時に待ってます」というメールが来た。

その日の夜、間宮真司(ムロツヨシ)は北澤尚(戸田恵梨香)を予約したレストランへ連れて行くが、そのレストランは北澤尚(戸田恵梨香)の行きつけの店だった。

間宮真司(ムロツヨシ)が「常連さんだったんだね。違う店にすれば良かったかな」と言うと、北澤尚(戸田恵梨香)は「うううん。美味しいから好き。元々は母が好きだったんだけど」と答えた。

そこで、間宮真司(ムロツヨシ)が「お母さんが、昨日の朝、突然来て、100万円くれた。これで消えてくれって」と切り出すと、北澤尚(戸田恵梨香)は「ごめんなさい」と謝った。

間宮真司(ムロツヨシ)が「それで、封筒を1日中、眺めてたら、急に窓ガラスが拭きたくなって。拭いてたら、尚さん(戸田恵梨香)とずっと一緒に居たいという気持ちが、もりもりと湧き上がってきて、ちゃんと付き合おうと思った、たとえ砂漠を歩くことになっても」と告げた。

そして、間宮真司(ムロツヨシ)は乾杯しようとしたが、北澤尚(戸田恵梨香)は態度を一変させ、乾杯を避けた。

北澤尚(戸田恵梨香)は「あのさ、私、やっぱり、予定通り結婚しようと思うの。目が覚めたの。私の幸せは貴方と一緒に居ることじゃない。分かっていると思うけど、気まぐれなのよ、私。母が何を言ったのか分からないけど、自分の都合ばっかりな所は似てるでしょ?私と。ここは私が払うから、100万は丸ごと貰っておいて」と告げた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「何か言えない理由があるの?」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「デザートはアップルパイにしよう。好きでしょ?アップルパイ」と言って話を打ち切った。

週末、北澤尚(戸田恵梨香)は入院して検査を受け、井原侑市(松岡昌宏)から正式に、アルツハイマー病の前段階であるMCI(軽度認知障害)と診断された。

北澤尚(戸田恵梨香)が「アミロイドβが脳に貯まっていると言うことは、ゆくゆくはアルツハイマー病を発症すると言うことですか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「将来、アルツハイマー病になる可能性が高いです。でも、全ての人がアルツハイマー病になるわけではないんです」と答えた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「治療法は無いんだから、運を天に任せるってわけですよね?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「確実な治療薬は、残念ながらありません。ですが、適度な運動、バランスの余食事、睡眠の確保。生活習慣を見直すことで、軽快する場合もあるんです」と答えた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「それ冗談ですか?普通の人と同じ健康法じゃないですか」と怒ると、井原侑市(松岡昌宏)は「そうです。けど、それが一番、大事なんです」と答えた。

井原侑市(松岡昌宏)が「このまま治療の担当を続けてもいいし、セカンドオピニオンをご希望の場合は、いつでも資料をお渡しします。他の病院、他の先生を頼られる場合も協力はします」と告げると、北澤尚(戸田恵梨香)は「日本で治療するのなら、井原先生が第一人者ですから、今後もお願いします。セカンドオピニオンは要りません」と答えた。

母・北澤薫(草刈民代)が「娘は、まだ医師として働いていても、よろしいんでしょうか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「もちろん。その能力は保たれてしますから、このまま仕事は続けてください。その方が認知症予防にも繋がりますから」と答えた。

その後、母・北澤薫(草刈民代)は、井原侑市(松岡昌宏)の母に会って謝罪し、キャンセル代の全額費用の負担を申し出ると、井原侑市(松岡昌宏)の母は喜んで「よろしくお願いします」と頼んだ。

一方、間宮真司(ムロツヨシ)は引越の仕事ていると、北澤尚(戸田恵梨香)が結婚を破談にして引っ越したことを知って驚く。北澤尚(戸田恵梨香)は予定通り結婚すると言っていたのに・・・。

その日の夜、北澤尚(戸田恵梨香)は間宮真司(ムロツヨシ)と一緒に行った居酒屋で、1人で食事をして店を出ると、急に意識が混濁して、自分がどこに居るのか分からなくなった。

一方、間宮真司(ムロツヨシ)が部屋で北澤尚(戸田恵梨香)のことを考えていると、北澤尚(戸田恵梨香)から電話がかかってきて、「助けて、真司。助けて」と助けを求められた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「今どこ?」と驚くと、北澤尚(戸田恵梨香)は「分からない。分からない」と行って泣いた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「何が見えない?」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「遠くに観覧車が見える」と答えた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「遠くじゃなくて、近くに何が見えない?」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「近く?近く。近くで飲んでたの。あの店で」と答えた。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「分かった。そこを動かないで」と言い、部屋を飛び出した。

そして、間宮真司(ムロツヨシ)が路上をさまよっている北澤尚(戸田恵梨香)を見つけて「どうした」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「私、病気なの。もうすぐ、アルツハイマーになるの」と打ち明けた。

間宮真司(ムロツヨシ)は北澤尚(戸田恵梨香)を部屋に連れて帰り、コーヒーを入れると、落ち着いた北澤尚(戸田恵梨香)は「電話を掛けてゴメンね。別れたの忘れちゃったのかな。助けて欲しいと思ったとき、真司の顔しか浮かばなかった。私、若年性アルツハイマー病の前段階で、軽度認知障害なの。今はまだ、真司に助けって言えるけど、5年後、10年後、病状が進めば、電話のかけ方も分からなくなるし、自分が誰だかも分からなくなるし、真司のことも誰だが分からなくなるし。驚いたでしょ」と話した。

間宮真司(ムロツヨシ)が「驚いた。尚(戸田恵梨香)が病気で、喜んでいる自分に驚いた。尚が結婚しないことが、嬉しい自分に驚いた」と告げると、北澤尚(戸田恵梨香)は「何を言ってるの?」と驚いた。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「俺には親が居ないだろ。金もないし、学歴も無いし、資格も無いし、将来も無い。希望なんてものは、おもいっきり無くなってて。尚が病気なんて、屁でも何でも無い。尚が癌でもアルツハイマーでも心臓病でも歯周病でも水虫でも、俺は尚と一緒に居たいんだ」と言った。

北澤尚(戸田恵梨香)が「何言ってんの」と泣きながら笑ったので、間宮真司(ムロツヨシ)は北澤尚(戸田恵梨香)にキスをしようとしたが、北澤尚(戸田恵梨香)は「今じゃない」と言って、キスを防いだのだった。

なお、下町ロケット3のネタバレは「下町ロケット 3-ゴースト-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する