まんぷく-第8週のあらすじとネタバレ

橋爪功が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第8週のあらすじとネタバレです。

第7週のネタバレは「まんぷく-第7週のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

その他の週や全体のあらすじは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-第8週のあらすじとネタバレ

昭和22年春、立花福子(安藤サクラ)は臨月を迎えていた。

立花萬平(長谷川博己)は、三田村亮蔵(橋爪功)に投資して貰った3万円をどう使おうか考えていた。

製塩業が順調だったが、塩の買い取り価格には上限があるため、大量生産しなければ、利益は上がらないので、立花萬平(長谷川博己)は3万円で製塩業を拡大することに迷っていた。

すると、立花福子(安藤サクラ)は「塩作りは鉄板があったから始めただけで、やりたくて始めた仕事では無いでしょ」と言い、やりたい仕事が見つかるまで、好きなだけ考えることを勧めた。

そのようななか、家事を引き受けて、家族や社員の世話をしていた母・今井鈴(松坂慶子)が、立花萬平(長谷川博己)に激怒し、書き置きを残して失踪した。

今井鈴(松坂慶子)が「私の先祖は源義経です」と言ったとき、立花萬平(長谷川博己)は「初めて聞きましたよ」と言って笑った。家事の仕事で不満を募らせていた今井鈴(松坂慶子)は、それが気に入らず、家出したのだ。

立花福子(安藤サクラ)が今井鈴(松坂慶子)を探しに行き、その間は香田克子(松下奈緒)の長女・香田タカ(岸井ゆきの)が今井鈴(松坂慶子)の代わりに立花家や社員の面倒を見ることになった。

すると、神部茂(瀬戸康史)は香田タカ(岸井ゆきの)に一目惚れし、香田タカ(岸井ゆきの)に狙いを定めたのだった。

さて、家出した今井鈴(松坂慶子)は、香田克子(松下奈緒)の家には行っておらず、近所のラーメン屋「清香軒」で世話になっていた。

今井鈴(松坂慶子)は自分が居なくなり、みんな困って自分のありがたみを感じているだろうと考えていたが、ラーメンを食べに来た「たちばな製塩」の社員たちが、今井鈴(松坂慶子)が居なくなって平和になったと喜び合っていた。

それを聞いた今井鈴(松坂慶子)は、ラーメン屋「清香軒」を出て香田克子(松下奈緒)の家へと向かった。

さて、立花福子(安藤サクラ)は母・今井鈴(松坂慶子)を見つけられなかったが、今井鈴(松坂慶子)は入れ違いになるように香田家に行っており、香田克子(松下奈緒)から、しばらく今井鈴(松坂慶子)を預かるので心配しなくていいという連絡がが来た。

これで安心して出産できると安堵した立花福子(安藤サクラ)は翌日、産気づき、知らせを受けた香田克子(松下奈緒)や母・今井鈴(松坂慶子)は慌てて駆けつけ、立花福子(安藤サクラ)はみんなに囲まれて男児を出産したのだった。

その日の夜、生まれた子供の名前を考えることになり、立花萬平(長谷川博己)と今井鈴(松坂慶子)が対立した。

立花萬平(長谷川博己)は発明家・平賀源内から名前をもらい、「立花源内」と名付けると言うが、今井鈴(松坂慶子)はご先祖様の源義経から名前をもらい、「立花義経」にすると言って譲らないのだ。

そこで、立花福子(安藤サクラ)が平賀源内の「源」と源義経の「源」をもらい、「立花源」にすることを提案した。

すると、立花萬平(長谷川博己)も今井鈴(松坂慶子)も納得し、「立花源」という名前が決まった。

さて、名前の問題は解決したが、立花福子(安藤サクラ)は体調が回復せず、1週間が経っても寝たきりで、起き上がることも出来なかった。

助産婦に相談すると、助産婦は栄養があるものを食べさればいいと言ったので、立花福子(安藤サクラ)に栄養があるものを食べさせていると、ようやく立花福子(安藤サクラ)の体調が回復し、起き上がれるようになった。

そこで、栄養学者・近江谷佐吉からタンパク質やビタミンが大切だと教えてもらった立花萬平(長谷川博己)は、三田村亮蔵(橋爪功)から出資して貰った3万円で栄養食品を開発しようと考え、倉庫の一角に「立花栄養食品研究室」を設立した。

さて、立花萬平(長谷川博己)は栄養学者・近江谷佐吉を招いて栄養食品の開発を開始。カエルを栄養食品の原材料にしようと思い、カエルを圧力鍋に入れたが、圧力釜の蓋が飛んでカエルが飛び散ってしまう。

今井鈴(松坂慶子)に「こんなアホなことは止めて」と怒られたが、立花萬平(長谷川博己)は諦めずに栄養食品の開発を続けるのだった。

まんぷく-第9週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する