朝ドラ「まんぷく」-第22話のあらすじとネタバレ

長谷川博己が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第22話のあらすじとネタバレです。

第21話のあらすじは「まんぷく-第21話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

その他の週や全体のあらすじは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-第22話のあらすじとネタバレ

疎開生活が始まって1ヶ月が経過した。やることの無い立花萬平(長谷川博己)は、散歩に出かけると、川で子供たちが魚取りをしていた。

たくさん、魚が居たので、立花萬平(長谷川博己)も子供たちに混じって魚を取ろうとしたが、なかなか取れず、結局、みんなで1匹しか取れなかった。

すると、立花萬平(長谷川博己)は「これは効率が悪すぎる。良い方法を思いついた。おじさんは明日も来るから、みんなもおいで」と言い、引き上げた。

立花萬平(長谷川博己)は、自宅に戻ると、川で魚を捕ると言い、家に電気を引いたときに余った電線を探した。

立花福子(安藤サクラ)は立花萬平(長谷川博己)が楽しそうだったので、「大阪に居ると時よりも元気になった」と喜んだが、今井鈴(松坂慶子)は「大の大人が魚取りだなんて」「孫の顔を早く見せてちょうだい」と言った。

立花福子(安藤サクラ)は「その話は止めて」と怒るが、今井鈴(松坂慶子)は「赤紙が来るかもしれないので、それまでに早く」と言った。

翌日、立花萬平(長谷川博己)は、子供たちが川に来ると、電信柱に登って電線を取り付け、川に電気を流した。

すると、魚が感電して浮いてきた。立花萬平(長谷川博己)は、川下に網を仕掛けており、気絶した魚は流されて網にかかった。大量の魚が捕れたので、子供たちも大喜びした。

その日の夜、立花萬平(長谷川博己)らが仲良く捕った魚を焼いて食べていると、村役場の人が来て、川に電気を流して魚を捕った件について、「子供が感電したら、どがいする」と注意した。

立花福子(安藤サクラ)は謝罪するが、立花萬平(長谷川博己)は「あれが一番、効率的だ」「子供が感電しないように注意した」と言って謝ろうとしなかった。

すると、今井鈴(松坂慶子)が出てきて、「郷に入れば郷に従え」と言い、立花福子(安藤サクラ)と一緒に謝罪した。

役人が家の電気が付いていることに気付き、「この家の電気は、どこから引いてるんですか?」と尋ねると、今井鈴(松坂慶子)は一転して「電気が無いと困るでしょ?そこは見逃してください。私は武士の娘です」と言って、ゴネた。

立花福子(安藤サクラ)も「電気代はお支払いしますので、どうか見逃してください」と言い、必死に頼んだのだった。

まんぷく-第23話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する