深海晶(新垣結衣)と根元恒星(松田龍平)の浮気のネタバレ

新垣結衣が出演する日本テレビの恋愛ドラマ「獣になれない私たち」の第4話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「獣になれない私たち-第4話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■獣になれない私たち-第4話のあらすじとネタバレ後編

さて、深海晶(新垣結衣)が帰宅すると、花井京谷(田中圭)が部屋に来ていたので、スマホを渡すと、花井京谷(田中圭)はスマホの充電を始めた。

すると、深海晶(新垣結衣)は「店に無かった。5tapに無くて、呉羽さん(菊地凛子)が持ってた」と話すと、花井京谷(田中圭)は固まってしまった。

花井京谷(田中圭)は神妙な顔をして立ち上がると、深海晶(新垣結衣)は「何にも聞いてない。呉羽さん(菊地凛子)は何も言わなかった」と告げた。

しかし、花井京谷(田中圭)は「昨夜はどうかしていた。今まで一度だって、一瞬だって浮気なんかしたことが無い。昨夜は晶(新垣結衣)に振られるかも。もうダメかもと思ったら、どうしていいのか分からなくなって」と釈明した。

深海晶(新垣結衣)は、釈明を最後まで聞かずに、部屋を飛び出して街をさまよっていると、根元恒星(松田龍平)と出会ったので、バー「5tap」へ行き、やけ酒を飲んだ。

深海晶(新垣結衣)がハイペースで飲んでいたので、根元恒星(松田龍平)は「お客さん」と止めるが、深海晶(新垣結衣)は「お酒くらい好きに飲ませろ」と言い、ハイペースで飲み続けた。

カバンの中で深海晶(新垣結衣)のスマートフォンが鳴りっぱなしだったので、根元恒星(松田龍平)が花井京谷(田中圭)ではなのか尋ねると、深海晶(新垣結衣)は会社の社長だと教えた。

根元恒星(松田龍平)が「トラブル?」と尋ねると、深海晶(新垣結衣)は「出先で思いついたことを送ってくるいつもの行動なんだけど、さっきから、私が一向に返事をしないので、さらに送ってきてる」と教えた。

すると、根元恒星(松田龍平)は深海晶(新垣結衣)のスマホを操作して、社長のメッセージを既読にすると、「既読からのオフ」と言い、勝手にスマホの電源を切った。

深海晶(新垣結衣)が「後で大変なことになる」と言うと、根元恒星(松田龍平)は「お酒くらい好きに飲むんでしょ」と告げた。

その後、深海晶(新垣結衣)が「普通するもん?どうしていいのか分からなくなって、私にフラれるかもと思って、する?」と愚痴をこぼすと、根元恒星(松田龍平)もマスター斎藤(松尾貴史)も「するよね」と言った。

深海晶(新垣結衣)が「サイテー」と呆れると、マスター斎藤(松尾貴史)は前言を撤回して「しないときもある」と言った。

深海晶(新垣結衣)が「どんなとき?」と尋ねると、マスター斎藤(松尾貴史)は「仕事相手とか、倫理的に問題があるとき。未成年とか既婚者とか」と答えた。

深海晶(新垣結衣)は「それは当然」と言ったが、橘呉羽(菊地凛子)が既婚者だったことを思いだし、「両方、何を考えてるの」と頭を抱えた。

その後、2人で酒を飲んでいると、深海晶(新垣結衣)は根元恒星(松田龍平)に「バカになります?」と尋ねた。

深海晶(新垣結衣)は根元恒星(松田龍平)の事務所に入ると、根元恒星(松田龍平)がキスしようとした。

深海晶(新垣結衣)は「こういうとき、キスするの?」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「礼儀でしょう」と答えた。

そして、深海晶(新垣結衣)が「したのかな?京谷(田中圭)も」と落ち込むと、根元恒星(松田龍平)は「したでしょ」と教えた。

深海晶(新垣結衣)が「どうして分かるの?」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「呉羽(菊地凛子)はキスが好きだから、とりあえず、する。京谷(田中圭)は?」と尋ねた。

深海晶(新垣結衣)が「する。最中も凄くする」と教えると、根元恒星(松田龍平)は「さぞ、盛り上がったでしょうね」と言い、深海晶(新垣結衣)にキスをしようとしたが、深海晶(新垣結衣)は迷っていた。

すると、根元恒星(松田龍平)は「酒が足りない」と言い、2人で酒を飲み直すことにした。

根元恒星(松田龍平)は飲みながら、花井京谷(田中圭)が白状したのは深海晶(新垣結衣)が許すと思ったからではないかと話す。

深海晶(新垣結衣)は「許してくれると思ったからじゃないと思う。自分が絶えきれなくなったから。京谷(田中圭)は嘘を付かない。っていうか下手。自分に嘘がつけなくて、正しくて優しい」と話すと、根元恒星(松田龍平)は「正しくて、優しい。笑ってしまいそうですが。そういう人間が人妻を抱くんですかね?」と呆れた。

深海晶(新垣結衣)が「ぶち壊したくなったんじゃない?私に責められて、向こう(黒木華)でも責められて。理想の自分に、頼れる男になりきれていない自分がふがいなくて、逃げ出したくなって」と話した。

根元恒星(松田龍平)が「よく分かるんですね」と感心すると、深海晶(新垣結衣)は「意地悪な言い方」と答えた。

深海晶(新垣結衣)が「恒星さんも、呉羽(菊地凛子)ことを、よく分かってますね。なのに振られた。これは意地悪です」と告げると、根元恒星(松田龍平)は「振られる前に、付き合ってもいない」と答えた。

根元恒星(松田龍平)が「なんで俺たちはベッドの上で、こんな色気の無い話をしてるんだ」と呆れると、深海晶(新垣結衣)は「恒星さんが酒が足りないと言うから」と答えた。

根元恒星(松田龍平)は酒をつぎながら、「俺はなめられてるんだよ。呉羽(菊地凛子)に。旦那の上場を手伝えってさ。普通頼むか?どんな顔で会えって言うんだ」と呆れた。

深海晶(新垣結衣)は「旦那さんは上場するような人なの?」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「橘カイジ。ググれば出るって」と教えた。

深海晶(新垣結衣)がカバンからスマホを取り出そうとしていたので、根元恒星(松田龍平)は「今ググるな」と言い、深海晶(新垣結衣)をベッドに押し倒し、「で、キスする?しない?」と尋ねた。

深海晶(新垣結衣)が「酒臭いけど」と言うと、。根元恒星(松田龍平)は「お互い様」ラムなら甘いよ」と答えた。

しかし、深海晶(新垣結衣)が「止めとく」と言ったので、根元恒星(松田龍平)は深海晶(新垣結衣)の首にキスをして愛撫を始めると、深海晶(新垣結衣)は「ヒゲ、ヒゲ」と声を上げた。

深海晶(新垣結衣)が「私たち、誰のために寝てるんだろう」と尋ねるが、根元恒星(松田龍平)の返事も無く、動かなくなったので、根元恒星(松田龍平)を見てると、深海晶(新垣結衣)は深海晶(新垣結衣)に覆い被さったまま寝ていた。

すると、深海晶(新垣結衣)は「最中に寝る男」と言って爆笑した。

翌日、根元恒星(松田龍平)はラーメ屋の店員・岡持三郎(一ノ瀬ワタル)に起こされる。深海晶(新垣結衣)は居ず、メモが残されていた。

メモには「眠れなかったので飲んじゃいました。代わりにゴーヤ麺でお許しください」と書いてあり、ゴーヤ麺が置いてあった。

根元恒星(松田龍平)が酒のボトルを見ると、ボトルがからになっていたので、「底なしか」と呆れた。

その後、花井京谷(田中圭)がバー「5tap」を訪れて、「昨夜、晶(新垣結衣)が来ませんでしたか?」と尋ねると、カウンターに居た根元恒星(松田龍平)が「来てないよ」と答えた。

しかし、根元恒星(松田龍平)がゴーヤ麺を持っていたので、花井京谷(田中圭)は「晶(新垣結衣)、ここに来たんじゃ?これ晶のウチにあった」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「来ましたよ。ここじゃなくて、俺んちに。朝まで」と答えた。

花井京谷(田中圭)が「どういう意味ですか?」と尋ねると、根元恒星(松田龍平)は「男と女ですからね。やることは決まってるでしょ」と答えた。

すると、花井京谷(田中圭)は根元恒星(松田龍平)をぶん殴った。

そのころ、深海晶(新垣結衣)は、花井京谷(田中圭)のマンションを訪れ、長門朱里(黒木華)に自己紹介して、ウサギのおやつを渡したのだった。

獣になれない私たち-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する