大恋愛-僕を忘れる君と-第4話のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が主演するTBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」の第4話のあらすじとネタバレです。

第3話のあらすじとネタバレは「大恋愛-僕を忘れる君と-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■大恋愛-第4話のあらすじとネタバレ

北澤尚(戸田恵梨香)は間宮真司(ムロツヨシ)を抱きしめて「侑市さん(松岡昌宏)」と呼ぶと、間宮真司(ムロツヨシ)は「今日はもう帰りな」と言い家に帰し、「これが終わりの始まりなのか?いや、名前を間違えるくらいは序の口だ」と思った。

間宮真司(ムロツヨシ)は、何もかも病気のせいだと自分に言い聞かせたが、そう考えると、1ヶ月前に北澤尚(戸田恵梨香)が結婚を止めて自分を選んだも、病気のせいではないかと思った。

さて、北澤尚(戸田恵梨香)が部屋で目を覚ますと、コンロにヤカンをかけっ放しだった。さらに、水が流れる音に気付いて、風呂場に行くと、水が出しっ放しだった。

ヤカンも風呂の水も忘れていた北澤尚(戸田恵梨香)は、激しく動揺し、3つの合い言葉を自問自答すると、3つとも答えることができたので、一安心した。

そのとき、間宮真司(ムロツヨシ)から「制服で入院したから、明日、着替えを持ってきて」というメールが来たので、北澤尚(戸田恵梨香)は忘れても大丈夫なように、紙に「着替えを持って行く」と書き、ドアに貼った。

翌日、間宮真司(ムロツヨシ)が退院する。

着替えを持って行った北澤尚(戸田恵梨香)は、「もしかして、昨日、真司の名前を間違えちゃった?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「何それ?」と言い、北澤尚(戸田恵梨香)と一緒にアパートに戻った。

北澤尚(戸田恵梨香)はアパートに戻ると、ドアに貼ってあった「着替えを持って行く」と書いた紙を慌てて剥がして、ゴミ箱に捨てた。

そこへ、引っ越し屋の同僚・木村が尋ねてきた。仕事場に忘れていたノートパソコンを届けに来てくれたのだ。

同僚・木村が「奥さん、こいつのどこが良かったんですか?」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「うーん。好きと嫌いは自分じゃ選べないので」と答えた。

そのとき、同僚・木村は小説「砂にまみれたアンジェリカ」と見つけ、驚くと、間宮真司(ムロツヨシ)は昔、小説を書いていたことを明かした。

一方、井原侑市(松岡昌宏)は、母親から梓澤レイとのお見合いを進められ、見合いをすることにした。今度の見合い相手・梓澤レイは、消化器外科の医師で、父親は山東病院の理事長だった。

ある日、井原侑市(松岡昌宏)はが梓澤レイと見合いをすると、梓澤レイは「これ血液検査のデータです。よかったら、受け取って貰えませんか」と言い、血液検査の結果を差し出した。

北澤尚(戸田恵梨香)と見合いしたときも、北澤尚(戸田恵梨香)が同じように検査データーを持ってきたので、井原侑市(松岡昌宏)は北澤尚(戸田恵梨香)のことを思い出してしまった。

しかし、梓澤レイが交際して欲しいと申し込むと、井原侑市(松岡昌宏)は交際をOKしたのだった。

一方、北澤尚(戸田恵梨香)から患者を引き継いだ北澤薫(草刈民代)は、畑野(高橋ひとみ)という患者を診察して、薬を変えてみることを提案するが、畑野(高橋ひとみ)は「尚先生(戸田恵梨香)は、もう少し様子を見ましょうと仰ってました」と反論した。

北澤薫(草刈民代)は北澤尚(戸田恵梨香)から治療方針の引き継ぎをしており、薬の変更は北澤尚(戸田恵梨香)の意見でもあると伝えたが、畑野(高橋ひとみ)は「今のままでいいじゃないですか」とゴネた。

他方、間宮真司(ムロツヨシ)は部屋で小説を書いていたが、アイデアが出ないため、引越屋へ行き、北澤尚(戸田恵梨香)が贅沢な女のでと言い、仕事を入れるように頼んだ。

すると、同僚・木村は「完全にヒモってわけには、いかないもんな。力仕事でまた体を壊すといけない」と言い、お片付け隊に入れることにした。

間宮真司(ムロツヨシ)は体は大丈夫だと言ったが、同僚・木村は「もう40だろ、ゆるゆるやって、本業を頑張れよ。人生の第2幕を上げるには、ギリギリだろ」と告げた。

その日の夜、間宮真司(ムロツヨシ)は「このパンツ、凄く履き心地がいいから、全部これに変えたい。どこで買ったの?」と尋ねた。

すると、北澤尚(戸田恵梨香)が「それ私が買ったヤツだっけ?」と言ったので、間宮真司(ムロツヨシ)は慌てて小説の話題に変えて、「尚ちゃん(戸田恵梨香)と出会って、また書きたいという気持ちがわいてきた。尚ちゃんのことを書いていいかな?」と尋ねた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「それは、病気に冒されて記憶を失っていく女の話?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「病気も含めてだけど、今回、俺たちに起きている出来事、大恋愛の顛末を書きたいなって思うんだ。尚ちゃんが嫌なら止めるけど」と答えた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「真司には書きたいと思ったことを書いて欲しい」と許可すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「読んだ人が尚ちゃん(戸田恵梨香)と俺のことだと分かってもいい?」と尋ねた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「それはどうかな?」と困ると、間宮真司(ムロツヨシ)は「じゃー、全然、違うタイプの女性にしようかな。たとえば、めちゃめちゃ料理が上手で、毛深くて、濡れたぞうきんを放置したような体臭がして、でも、男はその体臭がもの凄く好きで。タイトル『絞って、そして私を乾かせて』」と話した。

すると、北澤尚(戸田恵梨香)は爆笑して「いいよ。私だって分かっても。好きに書いて」と言い、間宮真司(ムロツヨシ)に抱きついて、キスをして、押し倒した。

ある日、北澤尚(戸田恵梨香)は堂明大学付病院へ行き、井原侑市(松岡昌宏)の診察を受ける。

北澤尚(戸田恵梨香)は「調子が良くないんです。会話したことを忘れていたり、ガスを付けっぱなしにしたり、お風呂の水を出しっぱなしにしていたり。最近、いろんなことが頻繁に起きている気がするんです」と言い、不安を打ち明けた。

井原侑市(松岡昌宏)は「そんなに急に進行する病気ではないので、不安になりすぎることはないと思うんですが。いつものテストをやっていきますか?」と尋ねると、北澤尚(戸田恵梨香)は「やりたくありません」と答えたので、井原侑市(松岡昌宏)は「ではお話だけにしましょう」と言った。

北澤尚(戸田恵梨香)が「間宮真司(ムロツヨシ)が来たって本当ですか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「はい」と答えた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「あの人は私の病気の進行度合いを知りたがってるんですね。私の病気のことなんて気にしていないって顔してるのに」と話すと、井原侑市(松岡昌宏)は「正式にご結婚なさったら、どうですか?」と告げた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「本気で仰ってるんですか?自分が誰だか分からなくなる私を、死ぬまで背負えなんて言えません」と答えると、井原侑市(松岡昌宏)は「自分が誰だか分からなくなるか、ならないか、まだ分かりません」と告げた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「でも症状は進んでます」と言うと、井原侑市(松岡昌宏)は「きっと、楽しい時間だってあると思いますよ」と告げた。

北澤尚(戸田恵梨香)が「でも、先生は私と結婚なさらないでしょ?」と告げると、井原侑市(松岡昌宏)は「僕は振られた身ですから」と答えた。

大恋愛-僕を忘れる君と-第4話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する