黄昏流星群-第5話のあらすじとネタバレ

石川恋が出演するフジテレビのドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした」の第5話のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじは「黄昏流星群-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作のネタバレは「黄昏流星群の原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■黄昏流星群-第5話のあらすじとネタバレ

娘・瀧沢美咲(石川恋)らがエレベーターを降りた後、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)とホテルの一室に消えたが、娘・瀧沢美咲(石川恋)の顔が浮かんで、目黒栞(黒木瞳)と出来なかった。

翌朝、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は娘・瀧沢美咲(石川恋)に話しかけようとすると、娘・瀧沢美咲(石川恋)は「いいかげんにして。お母さんに聞かれたくないでしょ」と怒った。

その後、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は家を出ると、娘・瀧沢美咲(石川恋)に「誰だ、あの男は不倫あのか?」と追求するが、娘・瀧沢美咲(石川恋)は「お父さんもでしょ。ねえ、辞めない?お互いに追求するの。色々知ったからって良いこともないし。私は春輝(藤井流星)と結婚する。ケジメは付ける。それで良いでしょ」と言い、話を打ち切った。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)が「お前、結婚って」と呆れると、娘・瀧沢美咲(石川恋)は「結婚と恋愛は別。誰でも知ってることでしょ。私もお母さんには言わないから、お父さんも黙ってて」と言った。

その日、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)に会うと、ホテルに誘ったのに出来なかったことを謝ると、目黒栞(黒木瞳)は「お互いに無理をするのは止めましょう。それより山に連れて行ってください。リベンジです」と頼んだ。

すると、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は喜んでリベンジを約束した。

しかし、その日の夜、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、娘・瀧沢美咲(石川恋)から旅行に誘われた。

日野春輝(藤井流星)は母・日野冴(麻生祐未)と毎年、旅行をしていたのだが、母・日野冴(麻生祐未)が行けなくなったので、母・日野冴(麻生祐未)は娘・瀧沢美咲(石川恋)と行くように勧めた。

しかし、日野春輝(藤井流星)は、まだ結婚前なので、2人切りでは不味いと言うことで、瀧沢完治(佐々木蔵之介)と瀧沢真璃子(中山美穂)も旅行に誘うことにしたのだ。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)との約束があったので断ろうとしたが、娘・瀧沢美咲(石川恋)に「仕事なんて言わないでよ。土日に出勤なんで無いでしょ」と釘を刺されてしまった。

そこで、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)に電話して、「出張、いや、家の用事で」と言い、約束の山登りをキャンセルした。

週末、瀧沢完治(佐々木蔵之介)・瀧沢真璃子(中山美穂)・瀧沢美咲(石川恋)・日野春輝(藤井流星)は旅行へ行き、旅館で夕食を食べていると、瀧沢美咲(石川恋)は電話が鳴ったので席を外した。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)もトイレに行くため、席を立つと、途中で娘・瀧沢美咲(石川恋)の「明日は1人になれる時間が取れるので。先生もお気を付けて」という話し声が聞こえてきた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)が「先生って誰だ?あの男か?こんな所まで来て何してるんだ。春輝くん(藤井流星)のことは、どう思ってるんだ。愛してもいないのに結婚するだなんて、相手に失礼だろ」と告げた。

娘・瀧沢美咲(石川恋)は「恋愛して結婚しても、なし崩し的に愛がしぼんじゃうこともあるでしょ。だったら、条件のいい間違いの無さそうな人を選んで結婚して何が悪いの?浮気なんかしている暇があったら、お母さんに優しくしてあげて」と怒って立ち去った。

さて、部屋に残された瀧沢真璃子(中山美穂)と日野春輝(藤井流星)は、話をしていると、仲居がデザートを運んできた。

そのとき、日野春輝(藤井流星)がスマホを持っていたので、仲居は気を利かせて「お撮りしましょうか?」と尋ねると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「いいです」と断った。

しかし、日野春輝(藤井流星)は「いいじゃないですか。こういう写真があっても」と言い、仲居に撮影を頼んで、瀧沢真璃子(中山美穂)とのツーショットを撮影してもらった。

その後、瀧沢完治(佐々木蔵之介)と瀧沢真璃子(中山美穂)、日野春輝(藤井流星)と瀧沢美咲(石川恋)は別々の部屋に別れて泊まった。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は部屋の露天風呂を見て「久しぶりに一緒に入るか?風呂」と言って肩を触ると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「止めて。こんな所に来たからって、段取りみたいに」と言い、拒否した。

拒否された瀧沢完治(佐々木蔵之介)は大浴場へ行くことにすると、ふと、思い出したので、瀧沢真璃子(中山美穂)に「美咲(石川恋)、今でも故意にしている先生とか、世話になった先生とか居るのか?」と尋ねた。

瀧沢真璃子(中山美穂)が「戸浪先生?大学の。それがどうかした?」と教えると、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は「披露宴とか呼んだ方がいいのかなって」と誤魔化して部屋を出た。

その後、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は旅館のインターネットコーナーへ行き、パソコンで戸浪先生を検索すると、大学教授・戸浪恭介の写真と経歴が出てきた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、ホテルのエレベーターで見た男が教授・戸浪恭介だったことを知り、プロフィールの年齢が66歳だったので、「俺より16も年上?あり得ないだろ」と驚いた。

そのころ、山登りをキャンセルになった目黒栞(黒木瞳)は、母親が入っている施設を訪れ、母親と話していたが、母親は眠るように息を引き取った。

さて、瀧沢真璃子(中山美穂)は部屋の露天風呂に入っていると、瀧沢完治(佐々木蔵之介)の携帯が鳴っていた。

瀧沢真璃子(中山美穂)が風呂から上がっても携帯が鳴り続けていたので、瀧沢完治(佐々木蔵之介)のカバンから携帯を取り出して見てみると、目黒栞(黒木瞳)と表示されていた。

瀧沢真璃子(中山美穂)が電話に出て「もしもし。主人に用でしょうか?」と尋ねると、動揺した目黒栞(黒木瞳)は「すみません。間違いました」と言い、電話を切った。

すると、瀧沢真璃子(中山美穂)は目黒栞(黒木瞳)が瀧沢完治(佐々木蔵之介)の浮気相手だと悟った。

さて、娘・瀧沢美咲(石川恋)の浮気相手を知った瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、娘・瀧沢美咲(石川恋)を探しに行くと、娘・瀧沢美咲(石川恋)は携帯電話をいじっていたので、「またアイツと話をしてたのか?俺よりも16も年上で子供が2人も居て。非常識だ。下劣だ。別れると言っただろ」と言い、携帯電話を取り上げた。

娘・瀧沢美咲(石川恋)は「直ぐには無理。そんな簡単に別れられないわよ。好きだから。本当ならずっと一緒に居たい。もうすぐ別れなきゃ行けないと思ったら、なおさら、会いたくて会いたくて仕方なくなる。不倫だから下劣だって決めつけないで。自分だってしてるくせに。あの人と直ぐに別れられる?お父さんだって同じでしょ?家族を裏切って」と言い、携帯電話を取り返して立ち去った。

一方、瀧沢真璃子(中山美穂)は庭に出ると、日野春輝(藤井流星)に声を掛けられ、散歩に誘われ、そこで突然、キスをされたのだった。

翌日、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)にメールを送るが、既読になっているのに、返信が無く「こんなことは今まで無かったのに」と不思議に思っていた。

さて、旅行終えて月曜日に瀧沢完治(佐々木蔵之介)が出社して食堂へ行くと、目黒栞(黒木瞳)の姿が無かったので、厨房の人に「目黒さんは?」と尋ねると、厨房の人は「昨日から忌引き」と教えてくれた。

驚いた瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)にメールでお悔やみを言うと、目黒栞(黒木瞳)から「心配しないでください。もう私には関わらないでください」という返事が来た。

一方、瀧沢真璃子(中山美穂)は、遊びに来た親友・水原聡美(八木亜希子)に「最後にキスしたのいつ?」と尋ねた。

すると、水原聡美(八木亜希子)が「まさか、誰かとキスしたの?旦那じゃ無いわよね」と言ってキスの相手を追求したので、瀧沢真璃子(中山美穂)は「してないわよ」と慌てて否定した。

その日の夜、目黒栞(黒木瞳)が母親を失った悲しみに打ちひしがれていると、瀧沢完治(佐々木蔵之介)が尋ねてきた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)が「何か出来ることは?」と尋ねると、目黒栞(黒木瞳)は泣きながら「かわいそうじゃないんですよ。楽になったんですから。今だから言えるけど、本当にキツかったんです。私。認知症が始まってから、母に尽きっきりだったし。施設に預けてから、体は楽になりましたけど、いつも母のことが気になって」と答えた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)が「貴女は十分に良くやってらっしゃいました。お母さんも喜ばれているはずです」と告げると、目黒栞(黒木瞳)は「ごめんなさい。ご旅行中に貴方の携帯に電話を掛けてしまいました。母が亡くなって、どうしても声が聞きたくて。そしたら、奥様がお出になって。間違い電話の振りをしたのですが、きっと奥様は気付いている。完全にルール違反です」と言った。

そして、目黒栞(黒木瞳)は「今なら間に合います。まだ間違いを犯していないから。帰ってください」と言い、瀧沢完治(佐々木蔵之介)を家から追い出そうとしたが、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)にキスをして押し倒したのだった。

なお、下町ロケット3のネタバレは「下町ロケット 3-ゴースト-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する