大恋愛-僕を忘れる君と-第6話のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が主演するTBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」の第6話のあらすじとネタバレです。

第5話のあらすじとネタバレは「大恋愛-僕を忘れる君と-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■大恋愛-第6話のあらすじとネタバレ

北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)と結婚して、名字も「間宮」に変わり、新居に引越して新婚生活を始めた。

井原侑市(松岡昌宏)の診察でも「前よりずっと良くなっている。幸せなんですね。心が安定していると、回復することもあります」と言われおり、間宮真司(ムロツヨシ)が間宮尚(戸田恵梨香)を笑わせて、いつも笑顔が絶えずに幸せな日々を過ごしていた。

そのようななか、間宮尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)は、病院の待合室で、松尾公平(小池徹平)から声を掛けられた。

松尾公平(小池徹平)もMCI(軽度認知症)で、井原侑市(松岡昌宏)の患者だった。

松尾公平(小池徹平)は、MCI(軽度認知症)と診断された直後に妻に逃げられ、保育士の仕事を生きがいにしていたが、園長が保護者にバレることを気にして、事務の仕事に専念させようとしていたので、松尾公平(小池徹平)は苦悩していた。

さて、間宮尚(戸田恵梨香)は松尾公平(小池徹平)に声を掛けられたが、診察の時間だったので、特に話もせずに立ち去った。

しかし、松尾公平(小池徹平)は間宮尚(戸田恵梨香)に興味を持ったのだった。

ある日、間宮尚(戸田恵梨香)が「『脳みそとアップルパイ』の続きは書かないの?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「あれは、あれで完結しているよ」と答えた。、

間宮尚(戸田恵梨香)が「彼女が主治医と結婚した後、やっぱり俺の方に戻ってくるって話、読みたいな」と頼むが、間宮真司(ムロツヨシ)は「あの話は俺たちの話がベースになっているけど、1つの作品として世に出した以上、尚ちゃんと俺の作品じゃ無いんだ。アレは、アレで終わり」と答えた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「私だけじゃ無くて、他の読者が読みたいと思っても?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「もう書く気は無いよ。それに、困難な時代や苦しみは描きやすいけど、幸せは描きにくいんだ。だから、もう書く気は無い。今は短編と書き下ろしで、めいいっぱいだ」と答えた。

しかし、間宮真司(ムロツヨシ)は、心の中で「緩やかに悲劇に向かおうとしても、この細やかな幸せは公にする必要は無い。自分のためだけに取っておこう。今このときだけは」と思っていた。

ある日、間宮真司(ムロツヨシ)は間宮尚(戸田恵梨香)に「子供を作ろう。だって、俺、捨て子だろ?尚ちゃんと2人で親になって、親子ってのを経験したいんだ」と頼んだ。

間宮尚(戸田恵梨香)が「真司と私だけじゃ、家族じゃ無いの?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「そんなことはないよ。でも2人の子供が居たら、もっと良いなって」と告げた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「私は、その子の成長を見届けられない。その子も、どこかで母親を失う。それでも?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「先生も幸せだったら、症状は進まないっていったじゃないか」と答えた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「進まないじゃない、。進みにくいって言ったの」と指摘すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「もし、尚ちゃんの病気が進んでしまったら、そのときは俺が母親も父親もやる。2人分やる」と答えた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「真司の愛情が2人分あったら大丈夫なの?母親が記憶を失っていくのを見て、子供は傷つかないの?子供にそんな姿をさらす私は惨めじゃ無いの?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「無理にとは言わない。ちょっと考えて欲しい。ごめん」と答えた。

翌日、間宮尚(戸田恵梨香)が母・北澤薫(草刈民代)とシングルマザー沢田柚香(黒川智花)に、間宮真司(ムロツヨシ)が言ったことを相談すると、2人とも「子供を育てるのは簡単じゃない」と言って反対した。

次ぎに、間宮尚(戸田恵梨香)が井原侑市(松岡昌宏)に子供のことを相談すると、井原侑市(松岡昌宏)は「このところの回復ぶりを見ていると、お子さんを持つことは間宮さんにとって生きがいになるかもしれません。諸手を挙げて賛成は出来ませんが、そういう考えを否定する気にはなれません」と答えた。

そして、井原侑市(松岡昌宏)は「ご主人の愛情に嘘は無いと思うんですが、お子さんんのことは、ご主人の思いに押し流されてはならない。貴女に少しでも迷いがあるのなら、辞めた方がいいでしょう」と告げた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「子供は記憶を無くしていく母親を見て、傷ついていく物なのでしょうか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「傷つくんじゃないですか?ですが、どんな経験でも人を豊かにすると思えば、よい子の育つ可能性があります。無責任かもしれませんが、その点については、やってみないと、誰にも分かりません。あせらずに、時間をかけてご主人をよく話し合った方がいいんじゃないですか」と答えた。

すると、間宮尚(戸田恵梨香)が「前に先生が勧めてくれた新薬の治験って、今からでも参加できますか?新薬が効いて回復の可能性が見えれば、子供のことも考えられると思うんです」と頼んだ。

さて、診察が終わると、井原侑市(松岡昌宏)は間宮尚(戸田恵梨香)を食事に誘い、病院の食堂で食事をしながら、大学で学生たちに病気のことを話して欲しいと頼んだ。脳の活性化にるし、先輩医師として学生のために協力して欲しいのだという。

間宮尚(戸田恵梨香)が「また医師として必要とされるなんて思わなかった。どれくらい喋れば、いいんですか?」と引き受けると、井原侑市(松岡昌宏)は「5分でも1時間でも、間宮さんのお好きなように。ずっと、断れると思ってた」と安心した。

そこへ、井原侑市(松岡昌宏)の患者・松尾公平(小池徹平)が来て、相席を頼んだ。

間宮尚(戸田恵梨香)が「ぞうど」と席を勧めると、松尾公平(小池徹平)は「僕は松尾公平と言います。貴女は誰さんですか?」と尋ねた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「間宮です。間宮尚です」と答えると、松尾公平(小池徹平)は「いい名前ですね。どんな字を書くんですか」と尋ねた。

間宮尚(戸田恵梨香)が動揺したので、井原侑市(松岡昌宏)は話題を変えて、松尾公平(小池徹平)に「松尾さんの診察は午後3時からですよね?午前中は別の科にかかってたんですか?」と尋ねると、松尾公平(小池徹平)は「いいえ。保育園を午前中にあがって、家に戻っても1人だし、それで病院にきちゃったんです。みんな病気でしょ。僕だけじゃ無いと思えるじゃないですか」と答えた。

井原侑市(松岡昌宏)が間宮尚(戸田恵梨香)に「松尾さん(小池徹平)は去年、学生さんたちにお話をしてくれたんです」と教えると、間宮尚(戸田恵梨香)は松尾公平(小池徹平)に「どんな話をされたんですか?」と尋ねた。

しかし、松尾公平(小池徹平)は何も覚えて居らず、「去年、僕、何をしたんですか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「学生さんたちの前で、MCI(軽度認知症)と診断されたときのことをお話ししてくれたんです」と教えた。

松尾公平(小池徹平)が「間宮さんもMCI何ですか?」と尋ねると、間宮尚(戸田恵梨香)は「はい」と答えた。

すると、松尾公平(小池徹平)は「多分。僕の方が進んでるような気がしますけど、それでも、お腹はすくし、綺麗な女性は素敵だなと思うし、子供は可愛いし。病気と競争しながら生きていくのは大変ですね。お互いに頑張りましょう」と言った。

大恋愛-僕を忘れる君と-第6話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する