ハケン占い師アタル-原作とあらすじとネタバレ

杉咲花が主演するテレビ朝日のドラマ「ハケン占い師アタル」の原作とあらすじとネタバレです。

■ハケン占い師アタル-原作と主題歌

ハケン占い師アタル-原作と主題歌
主題歌 JUJUの新曲「ミライ」
原作 遊川和彦のオリジナル脚本
放送局枠 テレビ朝日の木曜9時枠
放送開始日 2019年1月

■ハケン占い師アタル-あらすじとネタバレ

自分の考えに自信が持てない神田和実(志田未来)は、司法浪人の彼氏と同棲しながら、イベント会社「シンシアイベンツ」で働いていた。

ある日、イベント会社「シンシアイベンツ」に黒い帽子とサングラスをした的場中(杉咲花)が派遣社員として派遣されきたので、神田和実(志田未来)は、的場中(杉咲花)の教育係を任された。

的場中(杉咲花)は働くのが初めてだと言い、何かある度にスマホで記念撮影をしてはしゃいでいた。

そのようななか、部長・代々木匠(及川光博)が無理難題を持ち込んだ。クライアントの意向で、イベントに赤ちゃん60人を集めることになったのだという。

課長・大崎結(板谷由夏)が「それは止めにすると決めたはず。赤ちゃんが泣いちゃうと進行に支障をきたすからと」と驚くが、部長・代々木匠(及川光博)は「先方の社長が乗り気で」と言い、既に引き受けてしまったことを明かした。

このため、課長・大崎結(板谷由夏)は急遽、打ち合わせを行い、課長・大崎結(板谷由夏)と主任・上野誠治(小澤征悦)はテキパキと指示を出していくが、最大の難関は60人の赤ちゃんを集めることだった。

入社3年目の神田和実(志田未来)は、初めてイベントの運営を任されたが、いつもヘラヘラと不気味な笑顔を振りまいて他人の意見に同意するだけで、自分の意見を持っていなかった。

一方、的場中(杉咲花)は、神田和実(志田未来)の手伝いを任され、無邪気に喜ぶのだった。

さて、神田和実(志田未来)は彼氏の子供を妊娠していたが、誰にも相談出来ずに悩んでいた。

悩みが見えるという特殊能力を持つ的場中(杉咲花)は、そんな神田和実(志田未来)を密かにフォローするのだった。

さて、イベントの準備は順調に進むが、イベントの前日になり、イベントに参加してくれる赤ちゃんの母親に渡すプレゼントが届かないというトラブルが発生する。

神田和実(志田未来)は、的場中(杉咲花)に手伝ってもらい、プレゼントを取りに行き、プレゼント用にラッピングをした。

夜になって、ようやくラッピングが完成したので、的場中(杉咲花)は帰るが、神田和実(志田未来)は気になることがあり、1人で残り、徹夜をしてラッピングをやり直した。

イベント当日、準備は順調に進んでいたが、イベント開始直前になり、病気で来なかったり、両親が赤ちゃんを連れて帰ってしまったりして、赤ちゃんの人数が足りなくなってしまう。

急遽、ショッピングモールに来ている客に頼み込んで、イベントに参加して貰うことになったが、いくら声をかけても、イベントに参加してくれる赤ちゃんは、なかなか見つからなかった。

しかし、的場中(杉咲花)が「あの人は大丈夫、あの人も大丈夫」と言うので、神田和実(志田未来)が交渉に行くと、簡単にOKが貰え、イベントに必要な人数の赤ちゃんが揃った。

神田和実(志田未来)が不思議に思って「どうして分かったの?」と尋ねると、的場中(杉咲花)は「別に。みんないい人そうだったし」と答えた。

こうして、イベントは無事に始まろうとしたが、イベント開始直前に神田和実(志田未来)がコードに足を引っかけてしまい、スピーカが転倒して風船が割れたので、会場に参加していた赤ちゃんが全員泣き出し、イベントは台無しになってしまった。

クライアントが激怒しており、部長・代々木匠(及川光博)は神田和実(志田未来)を叱責する。

落ち込んで帰宅した神田和実(志田未来)が、彼氏に「私、クビになるかもしれない。赤ちゃんも出来たんだ」と告げると、彼氏は「産んでいいよ。俺が働くから」と言ったので、神田和実(志田未来)は喜んだ。

しかし、彼氏は「俺は資格も無いから、いい会社に就職できるかは分からない。それに、子育てだって大変だよ。お金もかかるし、俺が司法試験に受かるまで、待った方が賢明だよ」と言ったので、神田和実(志田未来)は落ち込んだ。

翌日、神田和実(志田未来)は、出勤前に産婦人科へ行き、診察の待ち時間にスマートフォンで動画を見ていると、「天才占い少女」という動画を発見して驚いた。

神田和実(志田未来)は診察をキャンセルして会社へ行くと、的場中(杉咲花)に「これ、貴女だよね?」と言い、「天才占い少女」という動画を見せた。

動画に登場する天才占い少女アタルは、他人に付いている霊などが見えてしまうため、普段はサングラスをしているのだという。

神田和実(志田未来)は「私の事も見てくれないかな」と頼むが、的場中(杉咲花)は「無理です」と言い、トイレの個室に閉じこもった。

すると、神田和実(志田未来)は、産婦人科に行って子供を堕ろそうとした事を明かし、誰にも相談する相手が居ないと言い、泣きながら苦悩を漏らすと、「私、田舎に帰ります。子供を堕ろして」と言って立ち去ろうとした。

すると、的場中(杉咲花)がトイレの個室から出てきて、「分かりました。貴女を見ます」と言い、サングラスを外すと、空いていた会議室に神田和実(志田未来)を連れて行き、「言っとくけど10万だよ?私の占い料は。払えないでしょ、アンタの給料じゃ。じゃ、今回は特別。質問は3つまで」と告げた。

神田和実(志田未来)が「なんで、そんなに上から目線なんですか?」と驚くと、的場中(杉咲花)は「は?それ質問?1つ目?」と威圧的に尋ねた。

神田和実(志田未来)が慌てて「違います」と否定し、「なんで、私は友達が出来ないんでしょうか?」と1つ目の質問をした。

すると、的場中(杉咲花)と神田和実(志田未来)は、神田和実(志田未来)の過去を観ると、神田和実(志田未来)は子供時代に友達から「くさい」と言われていた。

それがきっかけで、神田和実(志田未来)は、ことある度に香水を付けるようになったのだ。

しかし、的場中(杉咲花)は「馬鹿だね。アンタ。あいつらが言ってたのは、体臭じゃ無くて、アンタの嘘くさい笑い方だよ。要するに、演技が臭いの。笑いたくなければ、無理に笑わない。笑いたいのなら、思いっきり笑う。今のままじゃ、心がすり減って、一生、友達なんか出来ないよ。はい、次」と告げ、2つ目の質問を要求した。

すると、神田和実(志田未来)は「私、ミスばっかりしているんでけど、この仕事に向いてるでしょうか?」と尋ねると、的場中(杉咲花)は「それは他人が決めることじゃない。自分が決めること」と答えた。

神田和実(志田未来)が「どうして、色々なことが決められないのでしょうか?」と3つ目の質問をすると、的場中(杉咲花)は「要するに、アンタには愛が無いんだよ」と教えた。

神田和実(志田未来)が「彼氏にも色々と尽くしてきたつもりです」と反論すると、的場中(杉咲花)は「一番大切な愛が欠けている。自分に対する愛。アンタにもあるよ。自分にしかできないことが」と告げて会議室を出た。

さて、神田和実(志田未来)が職場に行くと、主任・上野誠治(小澤征悦)が「アイツは向いてないんじゃないか」と神田和実(志田未来)に対する愚痴を言っていた。

それを聞いた神田和実(志田未来)は、「私妊娠してるんです」と打ち明け、自分の気持ちを正直に話して、「ここで働かせてほしい」と頼んだ。

そこへ、部長・代々木匠(及川光博)が慌てて駆け込んできて、イベントで赤ちゃんの親に渡したプレゼントを用意したのは誰だと尋ねた。

神田和実(志田未来)が「私です」と名乗り出ると、部長・代々木匠(及川光博)は「クライアントが、直接話したいと言っている。もうフォローできないからね」と言い、電話を渡した。

恐る恐る電話に出た神田和実(志田未来)は、相手の話を聞くと、「え?そうなんですか?勝手なことをしてすみませんでした」と謝罪して電話を切った。

部長・代々木匠(及川光博)が「いったい、君は何をやらかしたんだ」と尋ねると、神田和実(志田未来)は「プレゼントにメッセージカードを入れたんですけど、それが好評だって」と答えた。

ネットを見てみると、プレゼントを貰った母親が喜んで、SNSなどでメッセージカードの事を紹介しており、販売促進に繋がったので、クライアントが喜んだのだ。

すると、部長・代々木匠(及川光博)がクライアントに、メッセージカードは自分の発案だと言い、自分の手柄にしてしまったのだった。

さて、課長・大崎結(板谷由夏)が「全部、違うメッセージを書いたの?」と尋ねると、神田和実(志田未来)は「はい」と答えた。

神田和実(志田未来)が1人で残って徹夜をしていたのは、このメッセージカードを書いていたからだった。

神田和実(志田未来)は努力が認められ、初めて職場の仲間に受け入れらた。

その日、神田和実(志田未来)は、仕事を続けながら、赤ちゃんを産むことに決め、いつも使っていた香水やパワーストーンを捨てたが、彼氏から「別れる」と言われたため、激しく動揺した。

その後、神田和実(志田未来)が的場中(杉咲花)に「これからも、仕事以外のことでも電話しても言い?」と尋ねると、的場中(杉咲花)は「それは友達になるということですか?」と尋ねた。

神田和実(志田未来)が「うん」と答えると、的場中(杉咲花)は「うれしい。初めてだから、友達」と喜んだが、「でも、占いのことを人に言ったらぶっ殺すから」と告げたのだった。

初めて恋をした日に読む話-原作漫画のあらすじとネタバレ

スポンサードリンク

コメントを投稿する