大恋愛-僕を忘れる君と-第8話のあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が出演するTBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」の第8話のあらすじとネタバレです。

第7話のあらすじは「大恋愛-僕を忘れる君と-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■大恋愛-第8話のあらすじとネタバレ

間宮尚(戸田恵梨香)は間宮真司(ムロツヨシ)にウナギを食べさせ、子作りに励み、幸せは日々を過ごしていたが、間宮尚(戸田恵梨香)の病気は着実に進行していた。

一方、井原侑市(松岡昌宏)は、診察を終えた松尾公平(小池徹平)に動画を見せ、「貴方がマイクを使ってハウリングを起こしていますね。他の患者さんに危害を加えるような方をウチの病院で治療するわけには行きません。ご自宅の近くに知り合いの精神科医が居ますので紹介します」と告げた。

しかし、松尾公平(小池徹平)は「嫌です。患者は医者を選ぶことは出来ますが、医者に患者を選ぶ権利は無いんです」と転院を拒否し、帰っていった。

ある日、間宮尚(戸田恵梨香)は、母・北澤薫(草刈民代)と親友・沢田柚香(黒川智花)に、「やっぱり、子供を産もうと思う。気が変わったの、生きる張り合いが出来ると思ったの」と打ち明けた。

すると、子供を産むことに反対していた母・北澤薫(草刈民代)が「そうよね。それもありかもね」と言い、賛成してくれた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「絶対ママには反対されると思ってたのに」と驚くと、母・北澤薫(草刈民代)は「人って変わるのよね」と答えて仕事に向かった。

間宮尚(戸田恵梨香)が「信じられないんだけど」と驚くと、親友・沢田柚香(黒川智花)は「何かあったんじゃない?」と答えた。

間宮尚(戸田恵梨香)が「何かって何?」と尋ねると、親友・沢田柚香(黒川智花)は「男?好きな人が出来れば、考え方が変わるってあるでしょ」と言った。

その日、間宮尚(戸田恵梨香)がスーパーで買い物をしていると、松尾公平(小池徹平)に声を掛けられた。

松尾公平(小池徹平)は偶然を装って声を掛けたが、間宮尚(戸田恵梨香)を尾行していたのだ。

間宮尚(戸田恵梨香)は松尾公平(小池徹平)と話しながら買い物をして、レジに向かうが、レジで財布を忘れていることに気付いて慌てると、松尾公平(小池徹平)が代わりに払ってくれた。

一方、井原侑市(松岡昌宏)は北澤薫(草刈民代)の元を訪れ、間宮尚(戸田恵梨香)が講演会で倒れた時の動画を見せた。

動画を観た北澤薫(草刈民代)は驚いて「この人のせいで、尚(戸田恵梨香)の病気が進行したのですね?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「いえ。マイクの音で反射性失神を起こしたことは事実です。でも、そのせいでアルツハイマー病が進行しわけではありません。何か直接的な原因があって進行する病気ではないんです」と答えた。

北澤薫(草刈民代)が「でも、この日は朝までは本当に調子が良かったんですよ」と反論するが、井原侑市(松岡昌宏)は「そう見えていたとしても、病状は進行していたのでしょう。気づけなかったのは僕の責任です。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

北澤薫(草刈民代)が「先生のせいじゃありませんわ。この人がこんなことをしたのは、この人の病気のせいですか?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「それは違うと思います。この患者が元々持っていた強い攻撃的な性格が、この行動を起こさせたのでしょう。幸せを許せないのか、尚さん(戸田恵梨香)への強い好意がそうさせたのか。彼には転院するように話をしましたが、この先何をしてくるか分からないので。ご家族の皆さんも注意して頂きたい」と頼んだ。

さて、間宮真司(ムロツヨシ)は出版社を訪れていたが、スマートフォンを忘れてきたことに気付き、取りに帰ろうとしたが、担当者・水野は予定に間に合わないと止めた。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)は間宮尚(戸田恵梨香)に持ってきてもらおうとしたが、担当者・水野は「奥様に何かあれば、会社の責任になる。私がお宅に取りに行きます」と言い、間宮真司(ムロツヨシ)から家の鍵を預かった。

一方、間宮尚(戸田恵梨香)と松尾公平(小池徹平)は、喫茶店でお茶を飲みながら、小説「脳みそとアップルパイ」のことや病気のことを話あっていた。

さて、間宮尚(戸田恵梨香)が帰宅すると、鍵が開いていたので、恐る恐るドアを開けると、知らない女性が家に居たので驚いた。

その女性は担当者・水野で、担当者・水野は驚かせたことを謝罪すると、間宮真司(ムロツヨシ)が忘れたスマートフォンを取りに来たと事情を説明し、間宮家を後にした。

その後、間宮真司(ムロツヨシ)は担当者・水野からスマートフォンを受け取ると、スマートフォンに井原侑市(松岡昌宏)からの着信履歴があったので、電話を折り返した。

すると、井原侑市(松岡昌宏)は間宮真司(ムロツヨシ)に、松尾公平(小池徹平)が間宮尚(戸田恵梨香)に危害を加える可能性があることを教え、警戒するように頼んだ。

間宮真司(ムロツヨシ)が「そのことを尚(戸田恵梨香)には?」と尋ねると、井原侑市(松岡昌宏)は「いきなり、このことを尚さんに話すと、混乱してしまう恐れがあるので、先にご実家と間宮さん(ムロツヨシ)に」と答えた。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「分かりました」と言って電話を切り、間宮尚(戸田恵梨香)に電話を掛けたが、担当者・水野が来たため、松尾公平(小池徹平)のこと話さず、「今日は遅くなる」と言って電話を切った。

その後、井原侑市(松岡昌宏)がバーで飲んでいると、北澤薫(草刈民代)が来たので、食事に誘った。

井原侑市(松岡昌宏)は食事をしながら、「本当に人の役に立っているのか分からなくなる。最近、どうしてこの病気を専門に選んでしまったのか、考えてしまう」と苦悩を漏らした。

すると、北澤薫(草刈民代)は「先生、諦めないで。たとえ尚(戸田恵梨香)は間に合わなくても、いつかきっと、同じ病で苦しむ沢山の患者さんを救えます。すくなくとも、尚(戸田恵梨香)は先生が居てくれて、どれだけ力になったか。先生が思ってらっしゃるよりも、私は先生のことを頼りにしています」と告げた。

大恋愛-第8話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する