朝ドラ「スカーレット」-モデルとあらすじとネタバレ

戸田恵梨香が主演するNHKの朝ドラ「スカーレット」のモデルとあらすじとネタバレです。

■スカーレットのモデル

朝ドラ「スカーレット」のモデルは、滋賀県の陶芸家である神山清子(こうやま・きよこ)です。

神山清子の夫は信楽焼の陶芸家で、「女は陶芸を焼く釜には入れない」という決まりがあったが、神山清子はその決まりを破って陶芸を始め、信楽焼の女性陶芸家の草分けとなった。

やがて、夫が陶芸の助手と駆け落ちをしてしまったので、神山清子は子供を育てながら、信楽焼を続け、苦しい日々を過ごしていた。

やがて、息子が成長して信楽焼を始めるようになったが、息子が急に倒れ、慢性骨髄性白血病と診断される。

神山清子は、息子を助けるために、骨髄移植のドナーを探すために、駅前で骨髄検査の強力を呼びかける運動を始めた。これが骨髄バンクの設立へと繋がっていくのだった。

■スカーレット-全体のあらすじとネタバレ

朝ドラ「スカーレット」は、陶芸家の神山清子をモデルとしていますが、原作は無しで、水橋文美江のオリジナル脚本になります。

あらすじは判明していませんが、慢性骨髄性白血病と骨髄バンク設立の話になると思います。

TBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」で若年性アルツハイマーになった戸田恵梨香が、朝ドラ「スカーレット」では白血病になった息子の母親を演じるので、その辺の演技に注目したいところです。

詳しいあらすじは分かり次第、更新しますので、「まんぷく-あらすじとネタバレ」でも読みながらお待ちください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する