黄昏流星群-第9話のあらすじとネタバレ

藤井流星が出演するフジテレビのドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした」の第9話のあらすじとネタバレです。

原作のネタバレは「黄昏流星群の原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第8話のあらすじは「黄昏流星群-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■黄昏流星群-第9話のあらすじとネタバレ

日野春輝(藤井流星)は瀧沢真璃子(中山美穂)を押し倒したが、瀧沢真璃子(中山美穂)は「止めて」と拒否した。

日野春輝(藤井流星)が「旦那さんのことが好きですか?」と尋ねると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「分からないけど、私は、今、弱ってる。弱っている者同士が、こんな風に抱き合っちゃダメ」と答えた。

すると、日野春輝(藤井流星)は「分かりました。じゃー、いつか真璃子さん(中山美穂)の心が晴れた日に。こんな暗い夜じゃ泣く、雲1つ無いピカピカの夜に抱き合いましょう」と言い、瀧沢真璃子(中山美穂)と別れた。

翌日、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は銀行から電話を受け、正式に銀行への復帰を打診されたが、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は「少し考えさせてください」と頼んだ。

その日の夜、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は瀧沢真璃子(中山美穂)に、銀行へ復帰する話がきたことを報告すると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「よかった。これで私は家を出て行ける。貴方には好きな人が居るでしょ」と告げた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は「いつから知ってたの?」と驚くと、瀧沢真璃子(中山美穂)は会社に差し入れをしに行ったときに瀧沢完治(佐々木蔵之介)と目黒栞(黒木瞳)が一緒に居る所を目撃したことを明かし、「貴方に好きな人が居るって知ってて、平気で奥さんはやっていられない」と告げた。

一方、目黒栞(黒木瞳)は、糖尿病と網膜病を併発して、失明の可能性を医師から指摘され、瀧沢完治(佐々木蔵之介)の前から姿を消し、港町の漁港で働いていた。

さて、家を出た瀧沢真璃子(中山美穂)は、親友・水原聡美(八木亜希子)の家に転がり込んで居候させてもらっていた。

ある日、瀧沢真璃子(中山美穂)が帰宅すると、水原聡美(八木亜希子)が彼氏を連れ込んでいたので、瀧沢真璃子(中山美穂)は気を利かせて家を出て映画館で時間を潰した。

その後、瀧沢真璃子(中山美穂)が映画館を出て公園で時間を潰していると、公園のベンチでうなだれていた日野春輝(藤井流星)を見かけたので、「仕事は?」と声を掛けると、日野春輝(藤井流星)は「休んだ」と答えた。

瀧沢真璃子(中山美穂)が「お母さんの介護で?お母さんのこと、事務所に伝えてあるの?」と尋ねると、日野春輝(藤井流星)は「まだ。迷惑をかけたくないし。辞めてもいいかなって」と答えた。

すると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「ダメよ。介護で仕事を辞めるなんて。私に手伝わせて」と言い、日野春輝(藤井流星)の代わりに日野冴(麻生祐未)の介護を引き受け、日野家へと行き、日野春輝(藤井流星)を仕事へ行かせた。

すると、日野冴(麻生祐未)は瀧沢真璃子(中山美穂)に、日野春輝(藤井流星)に迷惑を掛けないためにホスピスへ入ることを明かし、「私にいよいよの時が来るまで、この家のことをお願いできるかしら」と頼んだ。

その日、日野春輝(藤井流星)が帰宅すると、日野冴(麻生祐未)と瀧沢真璃子(中山美穂)が仲良く話をしていたので、驚いた。

日野冴(麻生祐未)は日野春輝(藤井流星)に「来月、ホスピスに入る手配をしたわ。準備をしておいて」と頼むと、日野春輝(藤井流星)は「お母さんの面倒くらい自分でみるから」と答えた。

日野冴(麻生祐未)が「あなたに醜い姿を見せたくないの」と告げると、日野春輝(藤井流星)は「醜くないよ。誰だって病気になったら、普通のことだよ」と答えた。

しかし、日野冴(麻生祐未)は「普通じゃダメなの。貴方の前では美しく居たいの」と言い、ホスピスに入る考えを変えなかった。

さて、瀧沢完治(佐々木蔵之介)の親友だった若葉銀行時代の同僚・井上が、不正融資事件で逮捕され、若葉銀行は大騒動となっていた。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、倉庫の仕事も好きになり始めており、銀行復帰を迷っていたが、課長に背中を押されて銀行への復帰を決意する。目黒栞(黒木瞳)は、あれ以来、食堂には来て居らず、会うことは出来なかった。

ある日、若葉銀行に復帰した瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、不正融資の内部調査委員会の委員長を任され、不正融資の解明に取りかかった。

一方、日野春輝(藤井流星)は、リビングでアイロンを掛けている瀧沢真璃子(中山美穂)をジッと見つめていた。

瀧沢真璃子(中山美穂)は視線に気付き、「どうして入ってこないの?」と尋ねると、日野春輝(藤井流星)は「このまま時間が止まればいい。母がこれ以上、悪くならず、真理子さんがずっとここに居れば、どんなに良いかと思って」と告げた。

そして、日野春輝(藤井流星)が「真理子さんは言ってたよね。弱っている人同士が抱き合っちゃいけないって。どうですか?まだ弱ってますか?」と尋ねると、瀧沢真璃子(中山美穂)は「ちょっと元気になったかな。自分がしたことを喜んで貰えるのって、それだけで人はちょっと元気になれるのよ」と答えた。

すると、日野春輝(藤井流星)は「僕も元気になりました」と言い、瀧沢真璃子(中山美穂)の頬に手を添えて、キスをした。すると、今度は瀧沢真璃子(中山美穂)も拒まなかった。

日野冴(麻生祐未)は、日野春輝(藤井流星)と瀧沢真璃子(中山美穂)がキスしているところを目撃し、愕然とする。

一方、漁港で働いていた目黒栞(黒木瞳)は、視界に異変を感じていた。

他方、不正融資をしていた同僚・井上が会社の屋上から飛び降りたのだった。

黄昏流星群-最終回のあらすじと結末ネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク