大恋愛-戸田恵梨香が長男・間宮恵一を出産

戸田恵梨香が出演するTBSのドラマ「大恋愛-僕を忘れる君と」の第9話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「大恋愛-第9話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■大恋愛-第9話のあらすじとネタバレ後編

その日の夜、間宮尚(戸田恵梨香)が子供を抱っこして、北澤薫(草刈民代)と買い物へ向かおうとすると、マンションを出たところで、週刊文潮の記者にインタビューされた。

北澤薫(草刈民代)は「止めてください」とインタビューを拒否したが、記者は「病気のことを毎日、詳しく書かれることをどう思いますか」と、しつこく質問をしてくるので、間宮尚(戸田恵梨香)は「私は間宮真司(ムロツヨシ)の創作の元だと思っています。書かれることは宿命だと思っています」と答え、自分のマンションへ引き返した。

自宅に戻ると、北澤薫(草刈民代)は間宮真司(ムロツヨシ)に、週刊文潮の記者に追いかけられたことを報告し、「でも、尚ちゃん(戸田恵梨香)が立派な対応としたから、書かれても真司さんの足は引っ張らないわ」と教えた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「なんて答えたの?」と尋ねると、北澤薫(草刈民代)は「私は間宮真司(ムロツヨシ)の創作の元だと思っています。書かれることは宿命だと思っています」と教え、1人で買い物に出かけた。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)は「週刊文潮か。文潮社なら記事が出ないようにお願いしてみるよ」と言って安心させると、間宮尚(戸田恵梨香)は「偉くなったのね」と言った。

間宮真司(ムロツヨシ)が「尚ちゃんこそ、かっこいいことを言ってくれたんだね。尚ちゃんは俺の想像の源だよ」と礼を言うと、間宮尚(戸田恵梨香)は「それ、私が言ったんじゃ無いの。あの人が言ったの。あの人、ウチに良く来る・・・」と言った。

間宮真司(ムロツヨシ)が「水野さん?」と教えると、間宮尚(戸田恵梨香)は「あの人には敵わない。なんでも忘れちゃう私が、あの人が言ったことを覚えてた。しっかり刻まれてた。あの人は、真司のことを本当に大切に思っていると思う」と話した。

間宮真司(ムロツヨシ)が「それは一応、本が売れてるからね」と答えると、間宮尚(戸田恵梨香)は「みんな忘れちゃったら、私、あの人に真司と恵一を託したい」と告げた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「何を言ってるの。俺には尚ちゃんが」と言うが、間宮尚(戸田恵梨香)は「これは私の遺言だと思って欲しい」と頼んだ。

すると、間宮真司(ムロツヨシ)が「遺言なんて要らないよ」と怒ったので、間宮尚(戸田恵梨香)は怯えながら、「自分の意見が言えるウチに、自分の気持ちを伝えたかっただけなの。だから、そんなに怒らないで」と謝った。

間宮真司(ムロツヨシ)は我に返り、「ごめん、ごめん」と言って間宮尚(戸田恵梨香)を抱きしめると、「気持ちは分かる。でも、そのお願いは聞けないよ。俺は尚ちゃんじゃなきゃ嫌なんだ」と告げたのだった。

その後、間宮真司(ムロツヨシ)は予定通り、連載小説「もう一度、第一章」を完結させた。

3年後、間宮真司(ムロツヨシ)の小説「もう一度、第一章」が売れに売れ、100万部を突破していた。担当者・水野は中途半端な結末に不満を持っていたのだが、小説が爆発的に売れたので驚いていた。

間宮尚(戸田恵梨香)の病気は確実に進行していたので、間宮真司(ムロツヨシ)は間宮尚(戸田恵梨香)の記憶がハッキリしているウチに家を買うと言い、一軒家を購入して引っ越した。

引越を終えた間宮真司(ムロツヨシ)は、間宮尚(戸田恵梨香)と長男・間宮恵一を連れて家の前の公園に遊びに行くと、長男・間宮恵一に「お母さんと外に出るときは、この公園と裏の幼稚園まで」と教えた。

長男・間宮恵一が「なんで?」と尋ねると、間宮真司(ムロツヨシ)は「お母さんは、ちょっと元気が無いから遠くへ行けないんだ。だから、お母さんとお出かけするときは、恵一がお母さんを守ってあげるんだよ」と頼んだ。

ある日、長男・間宮恵一が「お散歩に行きたい」と言い出した。間宮真司(ムロツヨシ)は仕事で手が離せなかったので、「お部屋で遊んでいなさい」と言ったが、長男・間宮恵一は「やだ。公園へ行きたい」と言ってだだをこねた。

困った間宮真司(ムロツヨシ)は、間宮尚(戸田恵梨香)に赤い紐を結び、長男・間宮恵一に赤い紐を放さないように言いつけて、2人を家の前の公園へと送り出した。

長男・間宮恵一は言われたとおり、赤い紐を握りしめて、家の前の公園へ行くが、飛んでいた蝶々に気を引かれ、赤い紐を放して蝶々を追いかけていった。

その後、間宮尚(戸田恵梨香)が1人で帰宅したので、間宮真司(ムロツヨシ)は驚いて「恵一は?」と尋ねたが、間宮尚(戸田恵梨香)は何も覚えておらず、なんのことだか意味が分からなかった。

間宮真司(ムロツヨシ)は慌てて家を飛び出して、あちこちを探すが、長男・間宮恵一はどこにも見当たらなかった。

連絡を受けた井原侑市(松岡昌宏)や北澤薫(草刈民代)や引越屋時代の同僚も一緒に探すが、見つからず、夜になったので、警察にも助けを求めた。

しかし、間宮尚(戸田恵梨香)は長男・間宮恵一が居なくなったということは認識していたが、一緒に公園へ行ったことなどは覚えていなかったので、長男・間宮恵一を探す手がかりになるようなことは分からず、警察も町を巡回する警察官を増やす程度しか対応できなかった。

さて、みんなが外へ探しに行き、間宮真司(ムロツヨシ)は間宮尚(戸田恵梨香)と一緒に自宅で待っていると、間宮尚(戸田恵梨香)は長男・間宮恵一が家にいないことに気づき、「恵一は?」とたずねた。

間宮真司(ムロツヨシ)が「みんなが探してくれている?」と教えると、間宮尚(戸田恵梨香)は「探してくれている?」と不思議がったが、長男・間宮恵一が居なくなったのだと悟り、「私も探す」と言って、探しに行こうとした。

間宮真司(ムロツヨシ)が止めようとするが、間宮尚(戸田恵梨香)は「いや、いや」と言って探しに行こうとしたので、間宮真司(ムロツヨシ)は「いい加減にしろ」と大きな声を出してしまった。

すると、間宮尚(戸田恵梨香)が怯えてしまったので、間宮真司(ムロツヨシ)は謝り、間宮尚(戸田恵梨香)を落ち着かせた。

翌朝、長男・間宮恵一を探していた引越屋時代の同僚が、木下に隠れていた長男・間宮恵一を発見して連れ帰る。

帰宅した長男・間宮恵一は、間宮尚(戸田恵梨香)を見ると、「お母さんごめんなさい」と言って抱きついたが、間宮尚(戸田恵梨香)は何も覚えておらず、「どうして?」と不思議がった。

しかし、間宮尚(戸田恵梨香)は、周りに警察官などが居たので、自分のせいで重大なことが起きていることに気付いた。

その後、徹夜で長男・間宮恵一の帰りを待ち続けていた間宮真司(ムロツヨシ)が長男・間宮恵一と一緒に眠ると、間宮尚(戸田恵梨香)は「しんじさま、ありがとうございました。尚」という書き置きを残し、荷物を持って家を出たのだった。

大恋愛-僕を忘れる君と-最終回のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する