まんぷく-第15週のあらすじとネタバレ

長谷川博己が出演するNHKの朝ドラ「まんぷく」の第15週のあらすじとネタバレです。

第14週は「まんぷく-第14週のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

全体のあらすじは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■まんぷく-第15週のあらすじとネタバレ

昭和32年(1957年)、立花萬平(長谷川博己)は池田信用組合の理事長になってから8年が過ぎた。

立花萬平(長谷川博己)は、池田に家を建て、立花家は安定した生活を送っていた。

前年の経済白書に「もはや戦後では無い」と書かれ、世間は好景気に沸いており、池田信用金庫の業績も好調だった。

しかし、東京の方では倒産する企業も出始めており、立花萬平(長谷川博己)は、母店の池田銀行から「東京の方で景気が悪化し始めているので、注意するように」と釘を刺された。

一方、立花福子(安藤サクラ)は、子供が大きくなってやることが無いので、知り合いの喫茶店でアルバイトをしていた。

母・今井鈴(松坂慶子)は、お金にも困っていないのに理事長夫人がアルバイトをしていることに不満を持っていた。

そのようななか、親友・鹿野敏子(松井玲奈)が尋ねてきて、立花福子(安藤サクラ)に知り合いの町工場「織田島製作所」を助けて欲しいと頼んだ。織田島製作所は、小さな町工場だが、世の中にない道具を作り出そうとしているのだという。

その日の夜、立花福子(安藤サクラ)は親友・鹿野敏子(松井玲奈)から聞いた話を立花萬平(長谷川博己)に伝え、「世の中に無い道具を作ろうとしているなんて、昔の満平さんみたいでしょ」と告げた。

翌日、立花萬平(長谷川博己)は町工場「織田島製作所」を訪れて話を聞くと、織田島製作所は「万能調理器」を開発中だと話した。

立花萬平(長谷川博己)が開発した根菜切断機は野菜をみじん切りにするだけだったが、「万能調理器」はみじん切りの他にも、ミキサーやジューサーにもなるという画期的な商品だった。

話を聞いた立花萬平(長谷川博己)は、これは売れると確信し、その場で織田島製作所に1000万円の融資を約束した。

その日の夜、立花萬平(長谷川博己)は、根菜切断機を作っていた時のことや、ダネイホンや塩作りをしていたころの自分を思い出してしまうのだった。

ある日、アメリカから帰国した世良商事の世良勝夫(桐谷健太)が立花家を尋ねてきたが、立花萬平(長谷川博己)は留守だった。

立花福子(安藤サクラ)が「まだ信用組合だと思う。最近、残業で帰りが遅い」と教えると、世良勝夫(桐谷健太)は「信用組合に電話したら、理事長は定時に帰ったと言われた。女と浮気でもしてるんじゃないか」と言った。

立花福子(安藤サクラ)は、「浮気なんかしていない」と否定したが、最近、立花萬平(長谷川博己)に不審な点が多いので、内心では激しく動揺するのだった。

その日の夜、立花萬平(長谷川博己)が帰宅すると、立花福子(安藤サクラ)の代わりに今井鈴(松坂慶子)が不倫を追求した。

すると、立花萬平(長谷川博己)は、不倫を否定し、毎日、仕事が終わると、織田島製作所で、万能調理具の開発を手伝っていることを打ち明けた。

翌日の夜、立花福子(安藤サクラ)は、織田島製作所を覗きに行き、生き生きとした立花萬平(長谷川博己)を見て、自分は立花萬平(長谷川博己)から大切な物を奪って制待ったのでは無いかと苦悩する。

ある日の夜、立花萬平(長谷川博己)か帰宅しないので、子供たちが寂しがり、早く帰ってきて欲しいと言い出した。

不安な日々を過ごしていた立花福子(安藤サクラ)は、今井鈴(松坂慶子)に背中を押され、織田島製作所へ立花萬平(長谷川博己)を迎えに行った。

すると、神部茂(瀬戸康史)まで、織田島製作所で万能調理具の開発を手伝っていた。立花萬平(長谷川博己)が万能調理具の開発を手伝っていると聞いて、駆けつけたのだという。

立花福子(安藤サクラ)は立花萬平(長谷川博己)に、子供たちのために帰ってきて欲しいと頼むが、立花萬平(長谷川博己)は「今日は無理だ。子供たちには早く寝ろと言っておけ」と言い、相手にしなかった。

そのようななか、織田島製作所は万能調理具を完成させるが、万能調理具を商品化する資金が無いという問題が発生した。

母店の池田銀行が景気の悪化を理由に池田信用金庫に対する新規の融資を打ち切ったので、池田信用金庫は織田島製作所への融資が出来なかったのだ。

しかし、絶対に売れると確信していた立花萬平(長谷川博己)は、個人資産を担保に差し入れて池田銀行に融資して貰い、万能調理具を商品化すると言い出した。

万能調理具が売れなければ、家を失うため、今井鈴(松坂慶子)は激怒して反対したが、立花萬平(長谷川博己)の決意は固かったので、立花福子(安藤サクラ)は「昔の萬平さんに戻って欲しいと言ったのは私だ」と言い、個人資産を担保に差し入れることを認めたのだった。

まんぷく-第16週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する