3年A組-犯人のネタバレは宇佐美香帆(川栄李奈)

片寄涼太が出演する日本テレビのドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の第2話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「3年A組-今から皆さんは、人質です-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■3年A組-第2話のあらすじとネタバレ後編

再び主導権を奪い返した柊一颯(菅田将暉)は生徒全員を教室の前に並べ、「君たちの上には爆弾がある」と告げると、生徒たちは騒ぎ始めた。

柊一颯(菅田将暉)が「これは連帯責任だ。死んでもらう」と言い、時計の起爆スイッチを押そうとすると、甲斐隼人(片寄涼太)が「どうせハッタリだろ?分かってるんだよ。どうせ、お前は誰も殺さないって。中尾(三船海斗)だって生きてるんだろ?」と告げた。

柊一颯(菅田将暉)が「だったら、試してみるか?お前が一歩でも動いたら、ボタンを押す。どうした来いよ。ハッタリだと思うのなら、来いよ」と挑発すると、甲斐隼人(片寄涼太)は「上等だ」と言い、柊一颯(菅田将暉)に向かって行こうとした。

すると、諏訪唯月(今田美桜)が柊一颯(菅田将暉)を止めて、「名乗り出れば良いんでしょ。言ったよね。フェイク動画の投稿者が名乗り出れば、今日は死人が出ないって」と尋ねた。

柊一颯(菅田将暉)が「そうなるね」と答えると、諏訪唯月(今田美桜)が「分かってるんでしょ。みんなが助かるのはアンタが名乗り出るしかないの」と叫んだ。

クラスメイトが口々に「お願いだから名乗り出て」「助かるにはそれしかない」「死にたくない」と懇願すると、委員長・茅野さくら(永野芽郁)は窮地に追いやられた宇佐美香帆(川栄李奈)を見て、「私です」と名乗り出た。

柊一颯(菅田将暉)が「お前がやったのか?」と尋ねると、委員長・茅野さくら(永野芽郁)は「はい」と認めた。

しかし、柊一颯(菅田将暉)が「パスワードは?お前が投稿者本人っていうのなら、知ってるはずだろ」と尋ねると、委員長・茅野さくら(永野芽郁)は答えに困ってしまう。

すると、宇佐美香帆(川栄李奈)が「馬鹿みたい。なんでそんな嘘をつくの?みんなを助けるために犠牲になるって?笑われるなよ。私だよ。私がやり逃げXです。和すワードはKAHO11815」と名乗り出た。

すると、柊一颯(菅田将暉)はパスワードを入力して、「ピンポーン。アクセス成功だ。良かったな。今日は死人が出ない」と言い、拍手した。

諏訪唯月(今田美桜)が「やっぱりアンタだったんだ」と呆れると、宇佐美香帆(川栄李奈)は「アンタ(永野芽郁)が出しゃばらなければ、みんなに死ぬまで気づかれなかったのに」と言い、茅野さくら(永野芽郁)に逆ギレした。

茅野さくら(永野芽郁)が「どうして?」と尋ねると、宇佐美香帆(川栄李奈)は「アンタのせいでしょ。澪奈(上白石萌歌)の友達は私だけだった」と言い、理由を明かした。

宇佐美香帆(川栄李奈)は景山澪奈(上白石萌歌)と仲が良かったが、景山澪奈(上白石萌歌)が宇佐美香帆(川栄李奈)よりも茅野さくら(永野芽郁)と仲良くしはじめた。

茅野さくら(永野芽郁)はクラスメイトから陰で「奴隷」と呼ばれていたので、宇佐美香帆(川栄李奈)はプライドを傷つけられ、景山澪奈(上白石萌歌)をつけ回すようになり、景山澪奈(上白石萌歌)に嫌がらせを始めた。

景山澪奈(上白石萌歌)は「止めて」と頼んだが、宇佐美香帆(川栄李奈)は「アンタが死んだら止めてあげる。死んで」と答えていた。

宇佐美香帆(川栄李奈)は「自分でも、もう押さえられなかった」と言い、景山澪奈(上白石萌歌)のドーピング疑惑動画を投稿したことを認めたが、「あの動画が入ったDVDが私のカバンの中に入ってたの。私はそれを利用して投稿しただけ。澪奈(上白石萌歌)を陥れるために」と言い、フェイク動画の作成は否定した。

それを聞いた茅野さくら(永野芽郁)が「何でそんなことをしたの?文句があるのなら、私に言えば良かったじゃん」と怒ると、宇佐美香帆(川栄李奈)は「言ったら、離れてくれたの?」と言い返した。

茅野さくら(永野芽郁)が「離れたよ。澪奈(上白石萌歌)に生きててくれるのなら、離れたよ」と答えると、宇佐美香帆(川栄李奈)は口をつぐんだ。

そこで、柊一颯(菅田将暉)が諭すと、宇佐美香帆(川栄李奈)は「うるさい。うるさい」と言って泣き崩れたのだった。

柊一颯(菅田将暉)が「よくきけ。景山はお前を恨んでいなかった。むしろ、自分のせいだと言っていた。何も言わずに香帆(川栄李奈)を拒んで。ちゃんと伝えていればよかったって。『友達がほしかった』って。私は香帆(川栄李奈)と本当の意味での友達になりたかったって。いいか、お前は、そんな彼女(上白石萌歌)の気持ちを踏みにじったんだ」と告げた。

すると、茅野さくら(永野芽郁)は、泣き崩れている宇佐美香帆(川栄李奈)に、景山澪奈(上白石萌歌)から貰ったハンカチを差し出し、「澪奈(上白石萌歌)が言ってた。『それ、私の友達が好きなキャラクターなのって』澪奈はずっと友達だと思ってたんだよ。貴女のこと」と教えた。

そこで、柊一颯(菅田将暉)は「今日の授業はこれで終わりだ」と言って立ち去ろうとすると、男子生徒が「景山(上白石萌歌)が自殺した理由が分かったんだから、僕たちを解放してください」と頼んだ。

しかし、柊一颯(菅田将暉)は「まだだ。あの動画を作ったのは別の人間なんだよな?誰が、どういう意図で作ったのか。それが分からないと俺の授業は終わらない」と答えて教室を後にした。

甲斐隼人(片寄涼太)ら数人の男子生徒は、柊一颯(菅田将暉)を追いかけて美術室へ行き、「中尾(三船海斗)はどこだ。俺たちを脅すために、殺したように見せかけただけだろ」と尋ねた。

すると、柊一颯(菅田将暉)は「俺は優しい人間に思われてるんだな」と言い、美術準備室から持ってきた手首を甲斐隼人(片寄涼太)の前に放り投げ、「中尾のだよ。ホルマリン漬けにすれば死臭も少ない。ちょうど明日には全部、切断できる」と告げた。

手首を見て驚いた甲斐隼人(片寄涼太)らが腰を抜かしながら、美術室から逃げ出すと、柊一颯(菅田将暉)は「なーんちゃって」と言いながら、手首を拾って美術準備室へ戻った(手首は作り物のようだ)。

さて、柊一颯(菅田将暉)が相楽文香(土村芳)の動画を見ていると、スマートフォンに相楽文香(土村芳)からの着信があった。

柊一颯(菅田将暉)が電話に出ると、刑事・郡司真人(椎名桔平)が「また誰か、やっちまったんじゃないだろうな」と尋ねた。

柊一颯(菅田将暉)が「今日は課題をクリアーしたので、全員無事です」と教えると、刑事・郡司真人(椎名桔平)は「『今日は』ってことは、昨日はやっちまったのか?こっちも給料を貰ってるんだから、ちゃんと話をしようよ」と告げた。

柊一颯(菅田将暉)が「なら、おにぎりを貰えますか?30人分。10分後に第1校舎の昇降口に来てくれ」と頼むと、刑事・郡司真人(椎名桔平)は「分かった」と答えて電話を切った。

すると、刑事・五十嵐徹(大友康平)が「俺が行こう」と言い、おにぎりを持って行く役を引き受けた。

そのころ、SNS「マインド・ボイス」では、魁皇高校立てこもり事件に進展がないので、ユーザーは開き始めていた。

すると、「とある魁皇生」を名乗る何者かが、トレイの個室に入り、スマートフォンからSNS「マインド・ボイス」に「これから刑事と教師が直接対決するよ」と投稿して、燃料を投下したのだった。

3年A組-今から皆さんは、人質です-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する