後妻業-原作の最終回と結末ネタバレ

木村佳乃が主演するドラマ「後妻業」の原作となる黒川博行の小説「後妻業」のあらすじと最終回と結末ネタバレです。

このページは「後妻業-原作のあらすじとネタバレ」からの続きです。

このページには原作の最終回と結末が含まれています。ネタバレを知りたくない人は閲覧にご注意ください。

■弁護士・守屋と武内小夜子の対決

弁護士・守屋は、調査員・本多芳則の報告書を受け取ると、中瀬朋美に武内小夜子の結婚歴などを説明し、公正証書の遺言は絶対的な効力があるため、訴訟を前提として武内小夜子と話し合う方針を示した。

武内小夜子の前の夫の死亡を「殺人事件」と立証するのは不可能だが、武内小夜子も後妻業を裁判で公にされたくないはずなので、裁判をちらつかせて、武内小夜子を引かせるという作戦だった。

弁護士・守屋は、老人・中瀬耕造の遺産6000万円のうち、中瀬朋美と西木尚子の2人の遺留分(法定相続分の半分)で3000万円、交渉で2000万円の計5000万円を取り戻せると考えていた。

一方、武内小夜子は、法的に絶対的な効力のある公正証書の遺言書を持っていたので、余裕を持っており、1人で中瀬朋美と弁護士・守屋に会った。

武内小夜子は、ノラリクラリと弁護士・守屋の質問に答えていたが、弁護士・守屋が武内小夜子の結婚歴や夫の死亡歴を指摘し、記者会見を開いて民事訴訟を起こして全てを公表すると脅すと、武内小夜子は動揺して口をつぐんだ。

そして、弁護士・守屋が5000万円の支払いを求めると、武内小夜子は「あんたの話はややこしい。考えさせて」と言い、一時撤退したのだった。

■劣勢

武内小夜子は、「どうせ脅しや。何人死のうと、証拠は無い」と言って簡単に考えていた。

しかし、黒幕の柏木亨は、話し合いの録音を聞いて驚き、記者会見をされたらマスコミが飛びついて終わりだと言い、武内小夜子に金で解決するように命じた。

ところで、武内小夜子は、次のターゲット舟山喜春とホテルで頻繁に体を重ねていたが、未だに公正証書の遺言書を作っていなかった。

柏木亨は、武内小夜子を肉欲に溺れさせる舟山喜春に興味を持ち、舟山喜春の会社や個人資産について調べてみると、舟山喜春が結婚相談所「ブライダル微祥」に登録していた内容は全て虚偽で、ほとんど資産が無いことが分かった。

柏木亨は、武内小夜子に舟山喜春から手を引けと忠告したが、肉欲に溺れる武内小夜子は聞く耳を持たなかった。

■調査員・本多芳則の脅迫

調査員・本多芳則は、色々と調査した結果、徳島県で死んだ武内宗次郎の事故に、柏木亨が関与している証拠を掴み、弟・黒澤博司を締め上げて証言も得た。

そこで、調査員・本多芳則は、武内小夜子の夫の変死歴や、柏木亨が武内宗次郎の事故に関与している証拠を突きつけ、柏木亨を脅した。

すると、柏木亨は500万円で証拠を買うと言ったが、調査員・本多芳則がマンションを買いたい言って値段をつり上げたので、柏木亨は3000万円で証拠を買い取る約束をした。

その後、柏木亨は武内小夜子の元を訪れ、半額を負担するように頼んだが、武内小夜子は1500万円も払うなら死んだ方がマシだと言い、「脅されてるのはアンタや。アンタが払え」と拒否した。

すると、柏木亨は、調査員・本多芳則の脅しが1度だけで済むはずがないと言い、武内小夜子の弟・黒澤博司に報酬300万円を渡して調査員・本多芳則を殺害させる計画を提案した。

武内小夜子は、提案を受け入れたが、100万円以上は出さないと答えた。

■舟山喜春の正体

武内小夜子は、柏木亨の忠告を聞かずに、舟山喜春の体に溺れ続けていたが、舟山喜春が1億円の融資を得るために3000万円の貯金が必要だと言い出したため、武内小夜子は目が覚めて舟山喜春に暴言を吐いた。

舟山喜春が激怒したので、武内小夜子がトイレに逃げ込むと、舟山喜春は武内小夜子の金とクレジットカードを奪って立ち去った。

武内小夜子は、武内小夜子に助けを求め、金とクレジットカードを取り戻すように頼むと、柏木亨は舟山喜春を痛めつけて、武内小夜子の金とカードを取り返した。

■後妻業-最終回の結末のネタバレ

柏木亨は3000万円を渡すと行って調査員・本多芳則を呼び出し、弟・黒澤博司に殺害させようとしたが、弟・黒澤博司は殺害に失敗してしまう。

調査員・本多芳則は、足を打たれてしまうが、弟・黒澤博司を襲撃して3000万円を奪うことに成功した。しかし、本物のお金は札束の両端だけで、間は白紙の見せ金だった。

一方、暗殺に失敗した柏木亨は、弟・黒澤博司の拳銃を海に沈めると、弟・黒澤博司に金を持たせて沖縄へと逃がしたのだった。

さて、調査員・本多芳則は柏木亨のマンションを訪れると、柏木亨は全ての責任を弟・黒澤博司に押しつけ、メモを3000万円で買い取ると約束したので、調査員・本多芳則は引き上げた。

その日の夜、沖縄へ逃げたはずの弟・黒澤博司が、武内小夜子の部屋に現れた。

柏木亨は、武内小夜子からの電話を受けて、慌てて武内小夜子のマンションへ向かうと、武内小夜子が死んでいた。

弟・黒澤博司は、柏木亨から金を渡されて、沖縄へ逃げるように言われていたが、はした金ではどうにもならないので、武内小夜子に金を要求しに来たのだ。

しかし、強欲な武内小夜子が金を渡すはずが無く、弟・黒澤博司は武内小夜子を殺してしまったのだ。

柏木亨は、死体が出なければ、事件になら無いと言い、武内小夜子をキャリーケースに詰めて、車で運ぼうとした。

しかし、柏木亨がキャリーケースを車に載せようとしたとき、通りかかった警官に職務質問され、キャリーケースを開けるように言われた。

柏木亨が結婚相談所の会員の資料なのでプライバシーに関わるため、開けることは出来ないと釈明したが、警官は深夜に大きなキャリーケースを運んでいるので、中を確認しなければならないと言って引き下がらない。

警官が諦めないので、柏木亨は逃げようとしたが、警官に捕まってしまうのだった。

翌日、調査員・本多芳則は約束の3000万円を受け取るために、待ち合わせ場所の銀行へ行ったが、柏木亨は現れず、柏木亨が逮捕された事を知る。

一方、弁護士・守屋は、武内小夜子が死んだことを知り、依頼主の中瀬朋美に、武内小夜子に請求していた5000万円のうち、2000万円は契約書が無いので取り返すことは不可能で、慰留相続分3000万円については判例を調査すると報告したのだった。

後妻業(楽天)

スポンサードリンク

コメントを投稿する