おっさんずラブ-第3話のあらすじとネタバレ

大塚寧々が出演するテレビ朝日の同性愛ドラマ「おっさんずラブ」の第3話「君の名は。」のあらすじとネタバレです。

第2話のあらすじは「おっさんずラブ-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■おっさんずラブ-第3話のあらすじとネタバレ

黒澤蝶子(大塚寧々)は、夫・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の不倫相手「はるか」を捜すため、天空不動産の東京第二営業所を訪れ、春田創一(田中圭)に1人で住むための中古マンションを捜して欲しいと頼んだ。

春田創一(田中圭)は、黒澤蝶子(大塚寧々)が黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の妻とは知らずに、中古マンションへと連れて行き、物件を薦めた。

そのころ、天空不動産の東京第二営業所では、黒澤蝶子(大塚寧々)が1人で住むための中古物件を捜している事が判明し、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が熟年離婚するのではないかという噂が広まっていた。

さて、黒澤蝶子(大塚寧々)は中古物件を内見しながら、春田創一(田中圭)に「貴方の会社に『はるか』という女性は居る?知り合いの娘さんが働いているらしいの」と言い、「はるか」という女性を捜すように頼むと、春田創一(田中圭)は気軽に引き受けた。

その後、春田創一(田中圭)が営業所に戻ると、武川政宗(眞島秀和)や瀬川舞香(伊藤修子)に取り囲まれ、「どうだった?」「どんな様子の人だった?」と聞かれた。

春田創一(田中圭)が「え?サッパリした良い感じの人でしたよ。仕事を頑張り過ぎちゃって、結婚するタイミングを逃した独身って感じの人でしたけど」と話すと、武川政宗(眞島秀和)は「部長の奥さんだから」と教え、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の不倫が原因で離婚しようとしているのではないか、などと好き勝手に噂した。

春田創一(田中圭)は、黒澤蝶子(大塚寧々)が部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の妻だと知って驚き、離婚って自分が原因じゃないか・・・と動揺するのだった。

そして、黒澤蝶子(大塚寧々)から「はるか」という女性を捜して欲しいと頼まれたのだが、その「はるか」が自分だと気づいて失神しそうになってしまった。

パニックになった春田創一(田中圭)は、牧凌太(林遣都)に相談しようとするが、牧凌太(林遣都)は「知らないですよ」と言い、冷たくあしらった。

春田創一(田中圭)は、牧凌太(林遣都)から額にキスされたことを思い出したが、牧凌太(林遣都)が普通だったので安心した。

その日、居酒屋「わんだほう」で、東京第二営業所の飲み会が行われるが、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は急な用事で参加しなかった。

そのころ、黒澤蝶子(大塚寧々)は部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に「他の女が出来たの?」と不倫を追求していたが、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は「女じゃないんだ」と心の中で思うのだった。

さて、飲み会の幹事をしていた春田創一(田中圭)は、牧凌太(林遣都)が居ないことに気づいて「牧は?」と尋ねると、瀬川舞香(伊藤修子)が「武川さん(眞島秀和)とさっき、出て行ったわよ」と教えてくれた。

そこで、春田創一(田中圭)が店の外に出てみると、武川政宗(眞島秀和)が「説明になってないだろ」と激怒して、牧凌太(林遣都)を叱りつけていた。

さて、春田創一(田中圭)は飲み会が終わって帰宅すると、牧凌太(林遣都)に「さっき、何だったの?武川さん(眞島秀和)に、めっちゃ切れられてたけど」と尋ねるが、牧凌太(林遣都)は「大丈夫です。何でも無いです」と言い、自分の部屋へ消えた。

翌日、春田創一(田中圭)は黒澤蝶子(大塚寧々)に呼び出されて、喫茶店へ行くと、黒澤蝶子(大塚寧々)は「こんなことは恥ずかしいから言いたくないんだけど、主人から離婚を切り出されてるの。絶対に認めないけど、絶対に女がいると思うの。この前言ってた『はるか』。必ず『はるか』を探し出してシメてやる」と言い、「はるか」探しの協力を求めた。

春田創一(田中圭)は、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と交際している訳では無かったが、勝手に部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の同性愛を告白することも出来ないため、「はるか」探しの協力を余儀なくされ、黒澤蝶子(大塚寧々)と黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の間で板挟みになるのだった。

さて、春田創一(田中圭)が営業所に戻ると、牧凌太(林遣都)は武川政宗(眞島秀和)から大量の仕事を押しつけられており、忙しそうにしていた。

そこで、春田創一(田中圭)は仕事を手伝おうとしたのだが、牧凌太(林遣都)は断った。

牧凌太(林遣都)は居酒屋の件もあったため、武川政宗(眞島秀和)と何かあったのかと思い、武川政宗(眞島秀和)に「牧(林遣都)のことなんですかど、上手くいってないんですか?なんか、辛そうにしている」と尋ねた。

武川政宗(眞島秀和)が「牧(林遣都)が辛いと言ってるのか?」と尋ねると、春田創一(田中圭)は「いや、いや、そういう訳じゃ無いです。俺のフォローが良くないのかなって」と釈明した。

すると、武川政宗(眞島秀和)は「アイツはよくやってる。それより、お前はどうなんだ。事情は複雑だが、大切なお客様には違いない。いい物件を捜してやってくれ」と話題を変えた。

武川政宗(眞島秀和)がいつも通りだったので、春田創一(田中圭)は「俺の勘違いかな」と思っていると、黒澤蝶子(大塚寧々)から電話がかかってきた。

春田創一(田中圭)は黒澤蝶子(大塚寧々)からの電話を受けると、黒澤蝶子(大塚寧々)は部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の尾行に協力して欲しいと頼んだ。

黒澤蝶子(大塚寧々)が部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の手帳を見ると、8時からデートと書いていたのだという。

春田創一(田中圭)は、8時に部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と会う約束をしていたので、デートの相手が自分だと気づき、頭を抱えて困ってしまう。

春田創一(田中圭)は黒澤蝶子(大塚寧々)の頼みを断ることが出来ずに尾行に付き合うが、部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とも食事の約束をしていたので、2人の板挟みになってしまう。

春田創一(田中圭)は部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に見つかってピンチを迎えるが、なんとか上手く切り抜けて逃げることに成功した。

おっさんずラブ-第3話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する