まんぷく-今井鈴(松坂慶子)の病気・死亡の実話とモデルのネタバレ

朝ドラ「まんぷく」に登場する武士の娘・今井鈴(松坂慶子)の病気と死亡や実話のネタバレです。

■まんぷく-今井鈴(松坂慶子)の病気と死亡のネタバレ

朝ドラ「まんぷく」の第22週で、立花萬平(長谷川博己)らが「まんぷくヌードル」に入れる具の研究している時期に、今井鈴(松坂慶子)が苦しみだしたため、池田総合病院に運ばれた。

当初は虫垂炎(盲腸)かと思われたが、診察した医師は、今井鈴(松坂慶子)の右下腹部に痛みが無いことから、内臓の位置が逆になっている「内臓逆位症」の可能性があるため、抗生物質を投与して様子を見ることにした。

その後、今井鈴(松坂慶子)が苦しみだしたので、虫垂炎ではなく、大腸憩室症で腸が破裂したとわかり、緊急手術が行われた。

幸い、今井鈴(松坂慶子)は手術が成功して、1週間後に退院したのだった。

■今井鈴(松坂慶子)の病気の実話とモデルのネタバレ

朝ドラ「まんぷく」に登場する今井鈴(松坂慶子)のモデルは、家系図的に言えば、安藤須磨である。

しかし、モデルの安藤須磨が「内臓逆位症」だったという話も聞かないし、安藤須磨はカップヌードルを発売する3年前の昭和43年(1968年)11月25日に89歳で死んでいる。

実話とドラマを比較するために、詳しく解説すると、実話の安藤百福は昭和41年(1966年)6月にアメリカを視察して、即席ラーメンを容器に入れて販売するカップラーメンの着想を得て、カップラーメンの開発に取りかかった。

この時に開発されたカップラーメンは、発泡スチールで出来たドンブリにチキンラーメンを入れただけのもので、昭和41年(1966年)12月に少量だけ試験販売したが、容器の問題が解決できないため、開発は中止された。

その後、安藤百福は、昭和44年(1969年)12月にカップラーメン(カップヌードル)の開発を再開した。朝ドラ「まんぷく」で描かれる容器の開発や具の開発は、このときのエピソードである。

しかし、実話の安藤須磨は、カップヌードルの開発が再開する1年前の昭和43年11月25日に死んでいるので、ドラマ「まんぷく」の今井鈴(松坂慶子)ように、カップヌードルに対して「行儀が悪い」などと反対していない。これが史実である。

そこで、今回は今井鈴(松坂慶子)の病気のモデルや、今井鈴(松坂慶子)の役割について考察したい。

■病気のモデルは安藤百福

今井鈴(松坂慶子)の腸が破裂したモデルは安藤百福だと思われる。

安藤百福は戦時中に軍事物資横流しの容疑で逮捕され、拷問を受けた。このとき、内臓にダメージを受けており、安藤百福は生涯で2度、開腹手術を受けている。

1度目は詳しく分からないのだが、安藤百福は昭和45年ごろに開腹手術を受けた。

2度目は昭和55年(1980年)で、安藤百福は、市場調査でスーパーマーケットを回っていたときに、腹痛に襲われて入院し、手術を受けた。

安藤百福は、前回の手術が下手だったので、手術後に腸の一部が飛び出たのだが、腹帯で押さえて我慢していたのが祟り、「腸捻転」になっていたのだという。

2度目の手術は成功し、安藤百福は、80kg近くあった体重は64kgに落ちて安定し、糖尿も無くなり、血圧も130前後にり、以降は健康を維持したという。

今井鈴(松坂慶子)の腸が破裂したエピソードのモデルは、安藤百福のエピソードで間違いないと思われる。

次に、今井鈴(松坂慶子)の「内臓逆位症」だが、「内臓逆位症」のエピソードは、ダイエーの創業者・中内功がモデルだと考えられる。

■今井鈴(松坂慶子)のモデルは中内功

中内功は、昭和32年(1957年)9月に、大阪府大阪市旭区千林町の商店街でダイエー1号店となる「主婦の店・ダイエー薬局店」をオープンした。安藤百福がチキンラーメンを発売する前年のことである。

中内功は、徹底した安売りで業績を伸ばし、昭和33年にチェーン展開を始め、昭和34年に兵庫県神戸市の三宮店で牛肉の安売りを開始した。

チキンラーメンの発売が昭和33年で、チキンラーメンがヒットしたっが昭和34年なので、日清食品とだダイエーは、1歳違いである。

そして、ダイエーは、安売りに怒った精肉業界と対立するが、中内功はフィリピン・ルソン島の激戦の生き残りだったので、精肉業界との対立にも動じず、「牛肉を家庭に届ける」という思いから、赤字覚悟で牛肉を売り続けた。

こうして、中内功のダイエーは牛肉の安売りで台頭し、「肉のダイエー」として勢力を拡大し、流通革命を起こして、ダイエー帝国を築いた。

そして、当時のダイエーの目玉商品が卵とチキンラーメンだったのである。

では、なぜ、今井鈴(松坂慶子)の「内臓逆位症」のモデルが、ダイエーの中内功は
「内臓逆位症」だっため、兵役検査で「兵適」という最低評価しかもらえなかった。

そして、中内功は、今井鈴(松坂慶子)と同じように天邪鬼な性格で、何にでも反対した。中内功の何にでも反対する性格は、中内功が「内臓逆位症」だったからとも言われる。

「内臓逆位症」のモデルが中内功と分かったところで、朝ドラ「まんぷく」における今井鈴(松坂慶子)に役割について考えてみる。

■今井鈴(松坂慶子)の役割の考察

朝ドラ「まんぷく」における今井鈴(松坂慶子)の役割は、問屋だと考えれる。

日清食品の安藤百福がチキンラーメンを発売されたとき、問屋は1袋35円という値段を高いと言い、相手にしなかったが、売れると分かると、態度を一変させ、日清食品に押し寄せた。

また、日清食品の安藤百福がカップヌードルを発売したときも、問屋は100円という値段を高すぎると言い、相手にしなかったが、売れるようになると、日清食品に注文をするようになった。

今井鈴(松坂慶子)は「高い、高い」と言って立花萬平(長谷川博己)に反対するのに、立花萬平(長谷川博己)が成功すると、態度を一転させるのは、当時の問屋を象徴しているのだと考えられる。

そして、事あるごとに立花萬平(長谷川博己)に反対する今井鈴という役は、松坂慶子だからこそ面白いのだ。

■松坂慶子だから面白い理由

松坂慶子は、日清食品の「日清のラーメン屋さん」のCMに出演していたし、安藤百福の卒寿(90歳)の誕生祝いで安藤百福と妻・安藤仁子に花束をプレゼントしている。

だからこそ、松坂慶子が立花萬平(長谷川博己)に「ラーメン屋さんなんてダメよ」「高い」と批判させるところに面白みがあるのだ。

なお、まんぷくのネタバレは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する