まんぷく-モデル・木ノ内秀子(壇蜜)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する木ノ内秀子(壇蜜)のあらすじとネタバレです。

■まんぷく-木ノ内秀子(壇蜜)のあらすじとネタバレ

木ノ内秀子(壇蜜)は職業モデルで、画家・香田忠彦(要潤)の絵のモデルを務めるうようになった。

しかし、妻の香田克子(松下奈緒)は、木ノ内秀子(壇蜜)が香田忠彦(要潤)に色目を使っていると激怒して抗議したが、「秀子には、ほかのモデルにはない魅力があるんや。僕の創作意欲秒かきたててくれるんや」と言い、全く取り合わなかった。

立花福子(安藤サクラ)は香田克子(松下奈緒)から相談を受けて、木ノ内秀子(壇蜜)と話してみると、木ノ内秀子(壇蜜)は「嫌いな画家も居るが、香田忠彦(要潤)は好きだ」と言い、香田家を翻弄するのだった。

しかし、香田忠彦(要潤)は職業画家であり、木ノ内秀子(壇蜜)との肉体関係には発展しなかった。

香田忠彦(要潤)は、妻・香田克子(松下奈緒)の嫉妬に辟易しながらも、木ノ内秀子(壇蜜)の絵を描くことによって新たなインスピレーションを得て、新たな画風を確立し、岡本太郎風の絵を描くようになる。

妻・香田克子(松下奈緒)や香田タカ(岸井ゆきの)から「前の方が良かった」と言われるが、香田忠彦(要潤)は新たなチャレンジが出来ることを喜んでいた。

そこで、香田忠彦(要潤)は、新たなことに挑戦し続ける立花萬平(長谷川博己)に絵を送った。

「まんぷくラーメン」の開発に苦労していた立花萬平(長谷川博己)は、香田忠彦(要潤)の絵を見てもなにを描いてあるのかも理解できなかったが、香田忠彦(要潤)の絵を見ているとインスピレーションを受け、あるアイデアを思いつき、「まんぷくラーメン」の開発を進めるのだった。

なお、まんぷくのあらすじとネタバレは「まんぷく-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク