白衣の戦士-原作とあらすじとネタバレ

中条あやみと水川あさみがW主演する日本テレビのお仕事ドラマ「白衣の戦士」の原作とあらすじとネタバレです。

■白衣の戦士-原作と主題歌

白衣の戦士-原作と主題歌
主題歌 ジャニーズWESTの新曲「アメノチハレ」
原作 オリジナル脚本
放送局枠 テレビ朝日の水曜日の夜10時枠
放送開始日 2019年4月

■白衣の戦士-あらすじとネタバレ

立花はるか(中条あやみ)は夢が叶ってナースとなり、四季総合病院で勤務することになった。

一方、婚活に励む中堅ナース三原夏美(水川あさみ)は、新人ナース立花はるか(中条あやみ)の教育係に指名された。

立花はるか(中条あやみ)は、元ヤンで、やる気はあるが、空回りで、いつもミスばかりして、教育係の三原夏美(水川あさみ)に怒られてばかりだった。

そのようななか、立花はるか(中条あやみ)は、高校生の入院患者・細川潤也(鈴木仁)がタバコを吸っているところを目撃し、注意した。

しかし、細川潤也(鈴木仁)は自暴自棄になっており、「体なんかどうなったっていい」と吐き捨てた。

立花はるか(中条あやみ)は、細川潤也(鈴木仁)の母親が入院の手続き以来、一度も見舞いに来ていないことを知り、細川潤也(鈴木仁)が自暴自棄になっているのは母親が見舞いに来ないせいだと考え、母親を注意するため、母親に会いに行った。

すると、母・細川智子(富田靖子)は、スーパーのパートが終わった後、居酒屋でバイトしていた。

母・細川智子(富田靖子)は細川潤也(鈴木仁)を見捨てたのではなく、夫と離婚することになり、入院費を稼がなくてはならないので、見舞いに行けないだけだった。

一方、婚活に励む三原夏美(水川あさみ)は、見合い相手・里中詠一とデートすると、里中詠一から「結婚したら仕事を辞めて欲しい」「また会って欲しい」と言われ、心の中でガッツポーズをするのだった。

翌日、立花はるか(中条あやみ)は、自暴自棄になっている細川潤也(鈴木仁)に、母親がパートで見舞いに来られない事情を教えて注意する。

その後、細川潤也(鈴木仁)は不良仲間と病院を抜け出して、遊びに行くが、途中で母親の事を思い出し、母・細川智子(富田靖子)が働いている居酒屋へ行き、母親が働いている様子を外から眺めた。

一方、四季総合病院では、入院患者の細川潤也(鈴木仁)が居なくなったため、スタッフが慌てて細川潤也(鈴木仁)を探していた。

細川潤也(鈴木仁)は、まだ固形物を食べられる状態ではなく、もし、固形物を食べたら、倒れてしまう可能性があったのだ。

細川潤也(鈴木仁)を探していた立花はるか(中条あやみ)は、母親のところに行ったのではないかと考え、母・細川智子(富田靖子)が働いている居酒屋へ行き、無事に細川潤也(鈴木仁)を発見した。

しかし、細川潤也(鈴木仁)は、友達と遊んでいたときにハンバーガーを食べていたため、吐血して意識を失ってしまった。

立花はるか(中条あやみ)は、細川潤也(鈴木仁)を居酒屋に運んで、指導係の三原夏美(水川あさみ)に連絡して指示を請うが、立花はるか(中条あやみ)は激しく動揺しており、完全にテンパっていた。

三原夏美(水川あさみ)が「しっかりしなさい。あんたナースでしょ」と叱ると、立花はるか(中条あやみ)はようやく落ち着きを取り戻したので、三原夏美(水川あさみ)は次々と指示を出した。

そこへ、救急車が到着し、細川潤也(鈴木仁)は無事に四季総合病院へ運ばれ、外科医・柳楽圭一郎(安田顕)の処置を受けて助かった。

細川潤也(鈴木仁)が「ありがとう」と礼を言うと、立花はるか(中条あやみ)は涙を流した。

その後、立花はるか(中条あやみ)は「目の前で倒れられ、足がすくんだ。指示が無ければ、何も出来なかった。ナース失格ですよね」と落ち込むが、三原夏美(水川あさみ)は「貴女はちゃんとナースだった」と告げたのだった。

白衣の戦士!第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する