スカーレット-川原常治(北村一輝)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原常治(北村一輝)の実在のモデルとネタバレです。

■スカーレット-川原常治(北村一輝)のあらすじ

川原常治(北村一輝)は大阪府の出身で、小学校を卒業後、丁稚奉公に出た。戦前から色々な商売に手を出し、見栄っ張りで、困った人を見据えてておけない性格から、お金が身につかなかった。

川原常治(北村一輝)は多額の借金を作り、借金取りから逃げて、昭和22年に滋賀県の信楽へ移り住み、信楽の窯業で運搬の仕事を始めた。

■川原常治(北村一輝)のモデル

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原常治(北村一輝)のモデルは、神山清子の父です。

神山清子の父は、長崎県佐世保市の炭鉱で働いており、炭鉱で働いていた韓国人と親しくしていた。

(注釈:当時の韓国は、現在の韓国では無く、日韓併合中の大韓帝国です。)

神山清子の父は、韓国人が炭鉱から逃げ出したときに、韓国人の逃走を手助けしたことにより、警察に追われる羽目になり、一家で炭鉱町から逃げ出した。

一家は各地を転々としながら、行く先々で韓国人に助けられて警察から逃げ延び、終戦後に滋賀県信楽に定住した。

そして、山を買って亜炭の採掘をしていたが、上手くいかず、木を切って薪にして、陶芸家の高橋楽斎の上田直方に売っていた。

絵を描くことが好きだった神山清子は、高校へ進んで美術大学へ行きたいと思っていたが、父親は古い考えだったので、「女は裁縫が出来ないとダメだ」と言い、神山清子を和裁の学校へと入れた。

その後、神山清子が近江化学陶器で働くようになると、「お前らにタダ飯を食わせて大きくしてやった。その分を返すのが子供の務め」と言い、子供の給料を全て取ってしまった。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク