スカーレット-川原常治(北村一輝)のモデルは金場繁

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原常治(北村一輝)の実在のモデルとネタバレです。

■スカーレット-川原常治(北村一輝)のあらすじ

川原常治(北村一輝)は大阪府の出身で、小学校を卒業後、丁稚奉公に出た。戦前から色々な商売に手を出し、見栄っ張りで、困った人を見据えてておけない性格だったため、お金が身につかなかった。

川原常治(北村一輝)は多額の借金を作り、借金取りから逃げて、昭和22年に滋賀県の信楽へ移り住み、信楽の窯業で運搬の仕事を始めた。

金策で大阪に出たとき、暴漢に襲われた草間宗一郎(佐藤隆太)を助けて、自宅に連れ帰って療養させた。

また、進学費用を仕事に使うため、川原喜美子(戸田恵梨香)を高校に進学させず、大阪の荒木商事に就職させ、給料を仕送りさせた。

従業員に金を持ち逃げされたり、頑張って自動車を購入したが、張り切りすぎて怪我をして仕事が出来ず、借金を膨らませていった。

このため、川原喜美子(戸田恵梨香)を呼び戻し、景気の良い「丸熊陶業」へ就職させた。

■川原常治(北村一輝)のモデル

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原常治(北村一輝)のモデルは、神山清子の父・金場繁です。

父・金場繁は、人情に厚かった人ですが、酒と博打が好きで、博打のカタに神山清子や妻を女郎屋に売り飛ばすという人でした。

さて、神山清子の父・金場繁は、鉱脈を探す山師で、長崎県佐世保市の炭鉱で働いており、炭鉱で働いていた韓国人と親しくしていた。

(注釈:当時の韓国は、現在の韓国では無く、日韓併合中の大韓帝国です。)

神山清子の父・金場繁は、韓国人が炭鉱から逃げ出したときに、韓国人の逃走を手助けしたことで、警察に追われる羽目になり、一家で炭鉱町から逃げ出した。

一家は各地を転々としながら、行く先々で韓国人に助けられて警察から逃げ延びて、滋賀県の日野にたどり着き、終戦後に滋賀県の信楽町へと移り住んだ。

金場繁は、信楽で山を買って亜炭の採掘をしていたが、上手くいかず、木を切って薪にして、陶芸家の高橋楽斎や上田直方に売っていた。

金場繁は、かなりの酒乱だったのですが、柔道を習っていた神山清子に投げ飛ばされ、それ以降は大人しくなったようです。

さて、虐められていた長女・神山清子は、みんなに認めて貰うために勉強を頑張っていたので、いつもテストは満点だったうえ、滋賀県の絵画コンクールで金賞を取った。

このため、長女・神山清子は、信楽町が費用を出してくれ、高校へ進学できることになった。

しかし、金場繁は「他人の世話にはならん」「女に学問は必要ない」と言い、長女・神山清子を高校へ進学させず、和裁学校へ入れました。

その後、長女・神山清子が「近江化学陶器」で働くようになると、金場繁は「お前らにタダ飯を食わせて大きくしてやった。その分を返すのが子供の務め」と言い、長女・神山清子の給料を全部取ってしまった。

やがて、長女・神山清子が「近江化学陶器」を辞めて、陶芸を始めると、金場繁は工房を持つことに反対したが、長女・神山清子が穴窯を作るときには、所有した山を売って穴窯の費用として提供した。

そして、金場繁は、長女・神山清子を高校へ進学させなかった事を悔やみ続けており、「あのときは、すまなかった」と言い、死んでいった。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク