スカーレット-母・川原マツ(富田靖子)のモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原マツ(富田靖子)の実在のモデルとネタバレです。

■スカーレット-川原マツ(富田靖子)のあらすじ

川原マツ(富田靖子)は、大阪・八尾の大地主の娘で、実家に出入りしていた商売人の川原常治(北村一輝)と大恋愛の末、駆け落ちをする。

川原マツは、川原常治がやることを素直に受け入れ、文句も言わずに川原常治とともに滋賀県信楽へと移り住んで苦労した。

川原常治の死後も、長女・川原喜美子(戸田恵梨香)の穴窯の費用を捻出するため、内職を再会して川原喜美子を支援する。

晩年は、ボケ始めており、川原喜美子が釉薬を使わずに色を出す古代信楽焼の再現に成功した話しを、何度も何度も話し、孫の川原武志(伊藤健太郎)が大学に進学した頃に死んだ。

■川原マツ(富田靖子)のモデル

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原マツ(富田靖子)のモデルは、神山清子の母・金場トミです。

母・金場トミが作る服が朝鮮の民族服「チマチョゴリ」に似ていたため、神山清子は学校で「朝鮮人(韓国人)」と言われて虐められていた。

神山清子は泣いて帰っていたので、母親から理由を尋ねられたが、母親の服のせいで虐められているとは言えず、何も答えなかった。

母・金場トミはかなりの酒好きだったようだが、朝ドラ「スカーレット」では改変されているので、ほぼオリジナルキャラになると思われる。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク