スカーレット-母・川原マツ(富田靖子)のモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原マツ(富田靖子)の実在のモデルとネタバレです。

■スカーレット-川原マツ(富田靖子)のあらすじ

川原マツ(富田靖子)は、大阪・八尾の大地主の娘で、実家に出入りしていた商売人の川原常治(北村一輝)と大恋愛の末、駆け落ちをする。

川原マツ(富田靖子)は、川原常治(北村一輝)がやることを素直に受け入れ、文句も言わずに川原常治(北村一輝)とともに滋賀県信楽へと移り住んだ。

■川原マツ(富田靖子)のモデル

NHKの朝ドラ「スカーレット」に登場する川原マツ(富田靖子)のモデルは、神山清子の母です。

母親が作る服が朝鮮の民族服「チマチョゴリ」に似ていたため、神山清子は学校で「韓国人」と言われて虐められていた。

神山清子は泣いて帰っていたので、母親から理由を尋ねられたが、母親の服のせいで虐められているとは言えず、何も答えなかった。

たしか、母親については、朝鮮服のエピソードくらいしか残っていなかったと思うので、ほぼオリジナルキャラになると思われる。

なお、朝ドラ「スカーレット」のモデルやネタバレは「スカーレット-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する