朝ドラ「エール」の古山裕一(窪田正孝)のモデルは古関裕而

NHKの朝ドラ「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝)のモデルとなる古関裕而の生涯を紹介します。

エール・古山裕一のモデル

■古山裕一(窪田正孝)のあらすじ

古山裕一(窪田正孝)は明治42年に福島県で代々続く老舗呉服屋の跡取り息子として生まれたが、父・古山三郎が呉服屋を倒産させてしまう。

古山裕一は、叔父・権藤茂兵衛が経営する銀行へ就職するが、子供の頃に音楽と出会って刺激を受け、独学で作曲を勉強しており、音楽の夢を諦められなかった。

そこで、古山裕一は、家族に秘密で海外のコンクールに応募すると、いきなり入選を果した。

これが新聞に掲載され、新聞を読んだ関内音は、古山裕一に手紙を送り、2人の文通が始まり、やがて2人は結婚するのだった。

■古山裕一(窪田正孝)のモデルは古関裕而

古関裕而は明治42年8月11日に福島県福島市大町の老舗の呉服店「喜多三(きたさん)」に生まれた。

呉服店「喜多三」は福島県でも有数の規模を誇り、古関家は裕福な家庭だった。

音楽好きの父親が珍しい蓄音機を購入して、仕事の合間にレーコードを聞いていたことから、古関裕而は音楽を聞きながら絵を描く日々を送った。

そして、小学3年の時に遠藤喜美治が担任になる。

遠藤喜美治は音楽好きで、児童に作曲や作詞をさせていたので、関裕而は作曲が好きになり、クラスメイトの分まで作曲していた。

さらに、母親が当時は高級な卓上ピアノを購入してくれたので、古関裕而は独学で作曲を学び、卓上ピアノで作曲を開始した。

さて、古関裕而は、家業の呉服屋を継ぐために、福島商業高校へ進学したが、実家の呉服屋が倒産したので、呉服屋を継ぐ必要がなくなった。

これに喜んだ古関裕而は、学校の勉強をそっちのけで、音楽に熱を入れ、本格的に作曲を開始する一方で、ハーモニカに熱中した。

さて、古関裕而は音楽学校への進学を夢見ていたが、正式に音楽を勉強したわけではないので、踏ん切りが付かないまま、福島商業高校を卒業して、音楽浪人をしていた。

すると、伯父・武藤茂平から川俣銀行に誘われたので、古関裕而は川俣銀行へ入行し、川俣銀行で働きながら音楽活動を続けた。音楽活動は、益々盛んになった。

そして、古関裕而が20歳の時に、家族に内緒で作曲した「竹取物語」など4曲をイギリスの作曲コンクールに応募すると、2等に選ばれ、新聞で大きく報じられた。

すると、愛知県豊橋市の音楽家を志す18歳の内山金子は、この報道記事を見て「竹取物語」という曲に運命を感じた。

なぜなら、内山金子は小学校の学芸会で「かぐや姫」を演じており、みんなから「かぐや姫」と呼ばれていたからである。

内山金子は持ち前の行動力を発揮して、直ぐに古関裕而に手紙を送ると、古関裕而から、「楽譜はイギリスへ送ったので、控えを整理して送ります」という返事が来た。

こうして2人は、文通を開始。2人は直ぐに交際に発展した。交際と言っても文通だけの関係だが、手紙には情熱的な文言が並んだ。

さて、古関裕而はイギリスの作曲コンクールに入賞したことで、5年間のイギリス留学のチャンスを得ており、文通相手の内山金子をイギリス留学に連れて行きたかったが、金銭的な問題もあるので、まずは自分がイギリスへ渡り、その後で内山金子を呼び寄せようと考えた。

そして、古関裕而はイギリス留学のために就職先の川俣銀行を辞めたが、内山金子の写真を肌身離さずに持ち歩くほど好きなため、イギリスに行っている間、自分と内山金子の関係はどうなってしまうのだろうかと悩むようになる。

そこで、古関裕而は愛知県豊橋市を訪れて内山金子にプロポーズすると、そのまま内山金子を連れて新婚旅行に出かけ、福島に連れ帰り、結婚するのだった。

交際期間はわずかに3ヶ月。しかも、文通での交際だったので、周囲の人は全く事情を知らず、電撃結婚に驚いた。

ところが、イギリス留学の話は無くなってしまう。この辺の経緯は不明で、コンクールの入賞が誤訳だったという説もある。

古関裕而は川俣銀行を辞めてしまったので、音楽家としての道を模索していると、山田耕搾がコロムビアに推薦してくれ、コロムビアから専属の話が持ち上がり、妻・内山金子を連れて上京した。

こうして、古関裕而はコロンビアの専属となる一方で、早稲田大学から応援歌の作曲を依頼され、「紺碧の空」を作曲した。

すると、早稲田大学が早慶戦で慶應義塾大学を撃破したので、古関裕而の名前は応援歌「紺碧の空」と共に広まった。

さて、古関裕而はコロムビアから「福島行進曲」と「福島夜曲」でレコードデビューしたが、福島県では蓄音機が普及していなかったため、レコードは売れず、その後も鳴かず飛ばずだった。

やがて、古関裕而は、コロムビアからクビを宣告されるが、コロムビアの作曲家・古賀政男に助けられ、なんとかクビを免れたものの、ヒット曲を出さなければならないという重圧に怯える日々を過ごした。

そのようななか、昭和9年、25歳で「利根の舟歌」が初ヒットし、昭和10年には「船頭可愛いや」が大ヒットした。

コロムビアの社長は大喜びで、古関裕而の累積赤字をチャラにして、レコード1枚目から印税を払うことを約束した。

さらに、古関裕而は昭和11年に「大阪タイガースの歌(六甲おろし)」を作曲する。

「大阪タイガースの歌」はレコードが発売されなかったこともあり、これはヒットしなかったが、読売ジャイアンツの歌や中日ドラゴンズの歌も作曲している。

さて、古関裕而はヒット曲を出したものの、流行歌に馴染めなかったため、歌謡界では作曲家・古賀政男の足下にも及ばず、低迷していた。

しかし、戦争が状況を一変させる。

昭和12年7月7日に中国で溝橋事件が発生すると、日本では戦時歌謡が目立つようになり、新聞社の戦時歌謡の懸賞で、「勝って来るぞと勇ましく」という歌詞で有名な「露営の歌」が2等に選ばれた。

そして、コロムビアが「露営の歌」の作曲を手がける事になったのだが、夏休みだったので作曲家が避暑に出て誰も居なかった。

そのとき、ちょうど古関裕而は満州旅行から帰国の船に乗っていたところだったので、コロムビアは古関裕而に「露営の歌」の作曲を頼んだ。

レコードの発売当初は売れなかったが、戦地から火が付いて、数ヶ月後に大ヒット。出征する兵士を見送る時に、民衆が「勝って来るぞと勇ましく」と大合唱するようになった。

さらに、昭和15年、歌詞・野村俊夫、作曲・古関裕而、歌・伊藤久男の3人が初めて手がけた「暁に祈る」が大ヒット。3人は福島県出身だったので、「福島3羽ガラス」と呼ばれた。

昭和19年、35歳になった古関裕而は「若鷲の歌」を大ヒットさせ、戦時歌謡でその地位を不動なものとし、慰問団でも活躍した。

これに対して、古賀政男は哀愁が漂うメロディーを得意としたため、戦時歌謡とは相性が悪く、戦時中は低迷していた。

さて、古関裕而は戦時歌謡で台頭したが、自分の歌を聴いて若者が戦死していくことを苦にして、戦後は日本を元気にするような曲を作ろうと考えた。

戦後の昭和20年、古関裕而は脚本家・菊田一夫とのコンビで、数多くのNHKのラジオドラマを手がけるようになり、放送時間になると女湯から人が居なくなると言われた伝説のラジオドラマ「君の名は」も手がけた。

その一方で、「長崎の鐘」や「イヨマンテの夜」を作曲してヒットさせ、昭和26年1月3日の第1回紅白歌合戦(ラジオ)では、「長崎の鐘」を歌う藤山一郎が白組のリーダーを務めた。

さて、古関裕而は菊田一夫とのコンビで数々のラジオドラマを手がけてヒットさせていたが、昭和30年に菊田一夫が小林一三に招かれて東宝へと移籍すると、古関裕而もラジオドラマから舞台へと活躍の場を移し、菊田一夫と共に数々の作品を手がけた。

代表作に、森光子の出世作「放浪記」や、作家・山崎豊子のデビュー作を原作とした「暖簾」などがある。

さらに、55歳のとき、昭和39年の東京オリンピックで入場曲「オリンピックマーチ」を手がけ、これが古関裕而の集大成となった。

歌謡界では古賀政男や服部良一の方が一枚上手だったが、クラシックにおいては日本で古関裕而の右に出る者は居なかった。

その後、古関裕而は昭和47年の札幌オリンピックでも大会賛歌と閉会式の曲を手がけたが、入場曲では無かったため、話題にはならなかった。

翌年の昭和48年に数々の仕事を一緒に手がけてきた盟友の菊田一夫が死去すると、古関裕而は創作意欲をかき立ててくれる人が居ないとして、第一線を退き、ラジオドラマの音楽や音楽番組の審査員を務めた。

このようななか、流行歌はロックやフォークやポップスなどの登場で多様化し、戦前派の歌は売れなくなっていった。

戦前派が次々と死んでいくなか、昭和55年7月に妻・古関金子が死去する。68歳だった。

昭和60年、阪神タイガースがリーグ優勝を果たし、「阪神タイガースの歌」が大流行する。

古関裕而は自分で作曲した曲を忘れていくタイプだったので、49年前に作曲した「大阪タイガースの歌」など忘れており、テレビから「大阪タイガースの歌」が流れてきて驚いた。

そのようななか、古関裕而は健康上の理由から、昭和61年に引退し、平成元(1989年)年8月18日に脳梗塞で死去した。享年80だった。

古関裕而の死後、国民栄誉賞が贈らることが検討されたが、遺族が断ったという。

なお、朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは「エール-モデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク