なつぞら-奥原咲太郎(岡田将生)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する兄・奥原咲太郎(岡田将生)のモデルとネタバレです。

■なつぞら-奥原咲太郎(岡田将生)のネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する奥原咲太郎(岡田将生)は、奥原家の長男である。

父が戦死し、東京大空襲で母親と家を失い、戦争孤児になってしまうが、妹の奥原なつ(広瀬すず)と奥原千遥を協力して、戦後の焼け野原となった東京でたくましく生きていた。

そのようななか、父の戦友・柴田剛男(藤木直人)が、戦死した父親の手紙を届けに来た。

そこで、奥原咲太郎(岡田将生)は、妹の奥原なつ(広瀬すず)を柴田剛男(藤木直人)に預けた、兄弟は離ればなれになり、その後は音信不通となり、行方不明となった。
約10年後、失踪していた奥原咲太郎(岡田将生)は、兄を探しに来た東京へ出てきた奥原なつ(広瀬すず)に見つかってしまう。

奥原咲太郎(岡田将生)が失踪していた理由は、借金が返済できず、奥原なつ(広瀬すず)と連絡を取ると、奥原なつ(広瀬すず)に迷惑をかけると思ったからだった。

奥原咲太郎(岡田将生)は、潰れてしまった劇場「ムーランルージュ」を再建するためにお金を借りたのだが、騙されてお金を持ち逃げされてしまったのだ。

■なつぞら-奥原咲太郎(岡田将生)のモデル

奥原咲太郎(岡田将生)のモデルは調査中です。

実話のムーランルージュ新宿座は昭和26年(昭和26年)に廃業しているので、その辺がモデルになっているのでしょう。

奥原咲太郎(岡田将生)は、森繁久弥を尊敬しており、俳優を目指していたようだが、劇団の制作部に入るので、モデルになった人物は居たとしても、人物を特定するのは難しいかもかもしれない。

もう少し情報が出てきて、モデルが判明すればお知らせします。

なお、朝ドラ「なつぞら」の各モデルについては「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する