なつぞら-山田天陽(吉沢亮)の馬の絵に隠された実話のネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する山田天陽(吉沢亮)が馬の絵を描くので、馬の絵に関する実話のネタバレを紹介します。

■なつぞら-山田天陽(吉沢亮)と馬の絵の実話

山田天陽(吉沢亮)のモデルとなった画家・神田日勝は、小学生の時から絵が上手で、クラスメイトのリクエストに応じてノートに絵を描いていた。

このころ、トラクターなどは無いので、北海道の農家は馬を使っており、馬を繁殖させるために、馬に交尾をさせていた。

北海道十勝の子供は馬の交尾を観るのが楽しみだったがのだが、なかなか大人が見せてくれないので、絵で我慢しようと思い、絵の上手な神田日勝に馬の交尾を描いて欲しいと頼んだ。

しかし、山田天陽は馬の交尾を観たことがなかったので、困ったあげく、馬を2頭並べて描いたところ、子供たちに全然違うと怒られたというエピソードが残っている。

それで山田天陽は馬の勉強したのか、小学4年のころに山田天陽が描いた馬の交尾の絵を見て、子供たちが絶賛したというエピソードも残っている。

これが切っ掛けで、馬を描くようになったのかは不明だが、後に山田天陽と言えば「馬の絵」と言われるようになる。

■山田天陽(吉沢亮)の死んだ馬の絵の実話

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する山田天陽(吉沢亮)が、死んだ馬の絵を描いているのだが、これにも実話となるエピソードがあるので、実話のネタバレを紹介する。

山田天陽(吉沢亮)のモデルとなる画家・山田天陽が中学生のとき、父・山田要一が仲介業者から馬を購入した。

このとき、父・山田要一は農業未経験者で馬の扱いに不慣れなため、大人しい馬を購入したのだが、仲介業者に騙され、老婆を購入させられたので、購入した馬は直ぐに死んでしまった。

このエピソードを元にして描いたのが、山田天陽の「痩せ馬」「老馬」「死馬」という馬の絵である。

山田天陽(吉沢亮)の父・山田正治(戸次重幸)は農業を放棄して郵便配達の仕事をしているが、実話では直ぐに馬を買い直して農業を続けている。

ちなみに、山田天陽(吉沢亮)は、余った黒の絵の具を使っていたので馬の絵がモノトーン調となっているが、アニメ「機動戦士ガンダム」ではピンク色が余っていたため、ピンク色が多用された。

ガンダムに登場するシャア・アズナブルが「赤い彗星」と呼ばれているのに、シャア専用ザクの機体がピンク色なのも、余っていたピンク色を使ったからだと言われている。

なお、朝ドラ「なつぞら」の各種ネタバレは「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

なつぞら-山田天陽(吉沢亮)の馬の絵に隠された実話のネタバレへのコメント

私は6月20日に85歳になります。お陰様で元気ですが足腰の衰えを感じています。最初に北海道を訪れたのは、昭和60年10月新婚旅行です。上野から札幌まで25時間位かかりました。当時は新婚旅行は伊豆の温泉が普通でした。以後北海道には、十数回訪れています。帯広の近くの池田から今はない、池北線で池田に出たこともあり、「なつぞら」を懐かしく見ています。なつがアニメーターになって、どのように伸びて行くのか楽しみです。

  • 投稿者-
  • 霧生公明
  • -2019年5月29日