なつぞら-第6週のあらすじとネタバレ

犬飼貴丈が出演するNHKの朝ドラ「なつぞら」の第6週のあらすじとネタバレです。

第5週のあらすじとネタバレは「なつぞら-第5週のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■なつぞら-第6週のあらすじとネタバレ

奥原なつ(広瀬すず)は東京・新宿の「川村屋」で、東京の芸術大学に進学した天陽の兄・山田陽平(犬飼貴丈)と再会した。

山田陽平(犬飼貴丈)は「新東京動画社」で、漫画映画のアルバイトをしているというので、奥原なつ(広瀬すず)は強い興味をもち、スタジオを見学させて欲しいと頼んだ。

奥原なつ(広瀬すず)がスタジオの見学に行くと、仲努(井浦新)が「せっかくなのでテストをしてみよう」と言い、奥原なつ(広瀬すず)にアニメーターのテストを出した。

仲努(井浦新)は、奥原なつ(広瀬すず)の出来上がった絵を見て感心してアニメーターになることを勧めたが、奥原なつ(広瀬すず)は「北海道で牧場をしているのでアニメーターにはなるつもりは無い」と答えた。

それを聞いた仲努(井浦新)は残念がった。

奥原なつ(広瀬すず)はアニメーターにはならないと言ったものの、アニメの制作現場を見たことにより、アニメーターという夢を抱えて北海道へと帰るのだった。

ある日、柴田泰樹(草刈正雄)は、柴田富士子(松嶋菜々子)に、奥原なつ(広瀬すず)と柴田照男(清原翔)を結婚させると言い出した。

柴田富士子(松嶋菜々子)は驚いたが、結婚は柴田泰樹(草刈正雄)なりに奥原なつ(広瀬すず)のことを考えてのことだったうえ、本人同士の問題なので、むげに反対することも出来ず、柴田家に不穏な空気が流れた。

ある日、柴田照男(清原翔)は柴田泰樹(草刈正雄)にプレッシャーをかけられ、奥原なつ(広瀬すず)を漫画映画に誘うためにチケットを購入したが、誘うことが出来ず、「天陽(吉沢亮)と観てくればいい」と言い、チケットを奥原なつ(広瀬すず)にあげた。

奥原なつ(広瀬すず)は言われたとおりに、山田天陽(吉沢亮)を誘ってディズニーの漫画映画を観に行き、ディズニーの漫画映画を観て興奮する。

山田天陽(吉沢亮)は、そんな奥原なつ(広瀬すず)の心を見透かして、「本当はアニメーターになりたいのではないか」と尋ねると、奥原なつ(広瀬すず)は「自分では無理だ」と慌てて否定したのだった。

ある日、柴田泰樹(草刈正雄)は、山田天陽(吉沢亮)がスキー大会に出る事を知り、柴田照男(清原翔)もスキー大会に出場させることにした。新しいスキー板まで買ってやる熱の入れようだった。

スキー大会の当日、柴田照男(清原翔)は山田天陽(吉沢亮)を呼び出し、奥原なつ(広瀬すず)のことをどう思っているのか尋ねると、山田天陽(吉沢亮)は「好きだ」と答えた。

すると、柴田照男(清原翔)は「なつ(広瀬すず)に告白しろ」と言ったが、山田天陽(吉沢亮)は「言ったら、なつ(広瀬すず)は夢を諦めてしまう」と言い、拒否した。

それを聞いた柴田照男(清原翔)は「俺が勝ったら告白しろ」と言い、スキー勝負を持ちかけると、山田天陽(吉沢亮)は「俺が勝ったら、なつ(広瀬すず)を諦める」と言い、勝負を受けた。

その後、スキー大会が始まり、柴田照男(清原翔)と山田天陽(吉沢亮)が激しい競り合いを繰り広げた末、柴田照男(清原翔)が勝った。

事情を知らない奥原なつ(広瀬すず)は、柴田照男(清原翔)と山田天陽(吉沢亮)の頑張りを喜び、2人とも勝者だと言った。

勝負に負けた山田天陽(吉沢亮)は、柴田照男(清原翔)との約束を果たすため、奥原なつ(広瀬すず)を自宅に招くことにした。

翌日、柴田泰樹(草刈正雄)は、スキー大会での頑張りを観て、柴田照男(清原翔)は奥原なつ(広瀬すず)に本気なのだと思い、奥原なつ(広瀬すず)に柴田照男(清原翔)と結婚して、柴田牧場を継いで欲しいと頼んだ。

すると、奥原なつ(広瀬すず)は「そんなことを言われたら、もう家族に戻れない。じいちゃんは私から家族を奪ったんだ」と言って激しく泣き出し、柴田泰樹(草刈正雄)を責めた。

そこへ、柴田照男(清原翔)は現れ、奥原なつ(広瀬すず)の事を妹としか思えなかったと言い、奥原なつ(広瀬すず)に「じいちゃんを責めないでくれ」と謝り、山田天陽(吉沢亮)のところへ行くように告げたのだった。

朝ドラ「なつぞら」の第6週のあらすじとネタバレは「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する