なつぞら-奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」で奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるモデルをネタバレします。

■奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるモデル

朝ドラ「なつぞら」のなかで、東洋動画に就職してアニメーターになった奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるシーンが何度も描かれます。

このパンを食べるシーンにもモデルがあるのでネタバレしておきます。

奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるモデルは、「アルプスの少女ハイジ」「 母をたずねて三千里」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」などを手がけた高畑勲(たかはた・いさお)です。

奥原なつ(広瀬すず)のモデルになった奥山玲子は、東映動画で高畑勲と一緒に働いていました。

それで、高畑勲はパンをパクパク食べていたことから「パクさん」と呼ばれていました。

高畑勲が「パクさん」と呼ばれているので、韓国人と勘違いしている人も多いのですが、高畑勲が「パクさん」と呼ばれていたのは、パンをパクパク食べていたことが理由です。

したがって、NHKの朝ドラ「なつぞら」で奥原なつ(広瀬すず)がパンを食べるシーンは、高畑勲のエピソードがモデルとなっていると考えられます。

その他のネタバレを知りたい方は「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する