なつぞら-演劇部の顧問・倉田隆一(柄本佑)のモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する倉田隆一(柄本佑)のモデルのネタバレです。

■倉田隆一(柄本佑)のネタバレ

倉田隆一(柄本佑)は十勝農業高校の演劇部顧問で、奥原なつ(広瀬すず)から柴田泰樹(草刈正雄)と農協の対立を相談され、その対立を元にして、「白蛇伝説」という脚本を書いた。

さらに、以前から女優を使ってみたかった倉田隆一(柄本佑)は、奥原なつ(広瀬すず)が部隊に出演すれば、柴田泰樹(草刈正雄)も演劇「白蛇伝説」を見に来るだろうとそそのかし、奥原なつ(広瀬すず)を演劇部に入れるのだった。

■倉田隆一(柄本佑)のモデル

倉田隆一(柄本佑)のモデルは、帯広にある農業高校の教師です。この教師は、山田天陽(吉沢亮)のモデルとなった画家・神田日勝の知り合いです。

昭和32年(1957年)に、北海道十勝地方の鹿追町に自衛隊の鹿追駐屯地が設立され、画家・神田日勝が住んでいた鹿追町では、自衛隊誘致を巡るトラブルが起きていた。

そこで、帯広にある農業高校の教師が、この鹿追駐屯地を巡るトラブルを元に、「山麓(さんろく)の人々」という脚本を書いた。

「山麓の人々」は、自衛隊の演習地から聞こえてくる大砲の音で、乳牛が驚いてしまい、父を出さなくなってしまうという内容だ。

そして、画家・神田日勝が所属する鹿追町の青年団が舞台で「山麓の人々」を演じた。

画家・神田日勝は、「山麓の人々」で舞台装置を担当し、主役を演じている。

この青年団は昭和33年(1958年)に十勝連合青年団が主催する演劇発表会に出場して、十勝会館で「山麓の人々」を上演し、「山麓の人々」は脚本賞に選ばれている。

ちなみに、倉田隆一(柄本佑)が「魂」を口癖にしているのは、アニメーション編への伏線だと考えられる。アニメの語源はラテン語の「アニマ」で、ラテン語の「アニマ」には「魂」という意味があるからだ。

なお、朝ドラ「なつぞら」のモデルやネタバレについては「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する