なつぞら-前島光子(比嘉愛未)のモデルは中村屋の相馬黒光

NHKの朝ドラ「なつぞら」のモデルとなった前島光子(比嘉愛未)のモデルは、パン屋「中村屋」の創業者・相馬黒光です。

■なつぞら-前島光子(比嘉愛未)のネタバレ

前島光子(比嘉愛未)は東京・銀座にあるパン屋「川村屋」のマダムで、奥原咲太郎(岡田将生)の借金の保証人になっていた。

しかし、奥原咲太郎(岡田将生)が姿をくらませたため、前島光子(比嘉愛未)は奥原咲太郎(岡田将生)の借金をかぶった

騙されたと思った前島光子(比嘉愛未)は、奥原咲太郎(岡田将生)を探しに来た奥原なつ(広瀬すず)を利用して、奥原咲太郎(岡田将生)を捕まえようとするのだが・・・。

■前島光子(比嘉愛未)のモデル

前島光子(比嘉愛未)のモデルは、東京・銀座のパン屋「中村屋」の創業者・相馬黒光です。

相馬黒光は明治9年(1876年)に宮城県仙台市で、旧仙台藩士・星喜四郎の3女として生まれた。星家は没落して貧乏だった。

相馬黒光は小学校を卒業後、学費の安いミッションスクールの宮城女学校に進学したが、先輩の起こしたストライキに連座して自主退学し、横浜のフェリス英和女学校へ入学した。

さらに、相馬黒光は、文学に傾倒するようになったため、明治女学校に転校。地位向上を目指して「女学雑誌」を創刊すると、校長の巖本善治は「野心的で光り輝く才能を少し黒く隠すように」と、「黒光」というペンネームを与えた。

相馬黒光は、フェリス英和女学校を卒業後、養蚕事業家のクリスチャン相馬愛蔵と結婚し、相馬愛蔵の故郷・安曇野に移り住んだが、安曇野での生活は退屈だったので、相馬黒光は心労で体を壊し、上京を願い出た。

相馬黒光と相馬愛蔵は、長女・相馬俊子を置いていくことを条件に上京が認められ、上京すると、普及しつつあったパンに目を付け、東京の本郷(東京大学の前)にあったパン屋「中村屋」を定員ごと購入した。

パン屋「中村屋」は、学生を相手にした商売で繁盛した。さらに、シュークリームを参考にして開発したクリームパンが大ヒットし、明治40年に東京・銀座に支店を出した。

このとき、道路を隔てた真向かいにあったのが「紀伊國屋」だった。この「紀伊國屋」が後に本屋「紀伊國屋書店」になるのだが、まだ炭や薪を売っていた。

さらに、相馬黒光は、明治42年に新宿駅近くに本店を出した。

その後、相馬黒光は、インドから亡命してきた独立運動家ラス・ビハリ・ボースを匿い、長女・相馬俊子と結婚させる。

そして、相馬黒光は昭和2年にパン屋「中村屋」に喫茶店を開設し、ラス・ビハリ・ボースから教わった純インド式のカリーを出した。

朝ドラ「なつぞら」のなかで、前島光子(比嘉愛未)がパン屋「川村屋」で出している「カレー」を「カレー」ではなく、「カリー」と呼ぶのは、こうした実話が元になっているからである。

また、相馬黒光は、ロシアの詩人ワシーリー・エロシェンコを住まわせて面倒をみたことが縁で、パン屋「中村屋」でピロシキを販売した。

その一方で、相馬黒光は、数多くの文化人に交流の場を提供して、「中村屋サロン」を形成した。

なお、朝ドラ「なつぞら」のモデルやネタバレについては「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する