白衣の戦士!第2話のあらすじとネタバレ

中条あやみが主演する日本テレビのドラマ「白衣の戦士!」の第2話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「白衣の戦士-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■白衣の戦士!第2話のあらすじとネタバレ

立花はるか(中条あやみ)は、同期の斎藤光(小瀧望)が早くも採血させてもらえているのを見て、三原夏美(水川あさみ)に「私も採血やらせてください」と頼んだ。

立花はるか(中条あやみ)が自信があるというので、三原夏美(水川あさみ)は「私が合格を出したら、やらせてあげる」と言い、右腕を差し出したが、立花はるか(中条あやみ)はド下手くそだったので、採血を禁止した。

その日の夜、立花はるか(中条あやみ)がスーパーに寄ると、にっくき斎藤光(小瀧望)が買い物をしていた。

斎藤光(小瀧望)の買い物カゴを見ると、鍋の材料が入っていたので、料理が下手な立花はるか(中条あやみ)は「1人で鍋を食べるのは寂しいでしょう」と言い、斎藤光(小瀧望)の部屋で鍋をご馳走になった。

翌朝、立花はるか(中条あやみ)が目覚めると、隣で斎藤光(小瀧望)が寝ていた。

立花はるか(中条あやみ)は、鍋を食べながらお酒を飲んだので、何も覚えておらず、「私、まさか・・・」と動揺するのだった。

その日、杉野真理子が四季総合病院に入院する。杉野真理子は斎藤光(小瀧望)の大学時代の同期で元カノだった。

立花はるか(中条あやみ)は、杉野真理子が斎藤光(小瀧望)の元カノと聞いて、何故か動揺するのだった。

さて、三原夏美(水川あさみ)は、見合い相手・里中詠一からプロポーズされていたが、「結婚したら仕事を辞めなければならない」という現実に戸惑っていた。

その日の深夜、入院患者・杉野真理子が苦しみだした。話を聞くと、杉野真理子は薬を飲まずに捨てていた事が判明した。

杉野真理子は希望していた銀行に就職したが、仕事について行けずに悩んでいた。病気が治ると、銀行に戻らなければならないため、薬を捨てていたのだ。

そのようななか、入院患者・杉野真理子は見舞いに来た上司に「私銀行を辞めます」と言い、行員証を差し出したが、上司は「急いで結論を出す必要は無い」と言い、行員証を返して引き留めた。

その後、立花はるか(中条あやみ)は、同僚ナース小野貴子(鈴木紗理奈)から、杉野真理子が中庭のゴミ箱に行員証を捨てていたのを見たと教えられ、慌てて中庭に向かうが、ゴミ箱のゴミは回収された後だった。

そこで、立花はるか(中条あやみ)は集積所へ行き、行員証を探すため、大量のゴミを漁った。

三原夏美(水川あさみ)は、その話を聞いて慌てて集積所へ行き、「患者さんに頼まれたの?」と尋ねると、立花はるか(中条あやみ)は「いいえ」と答えた。

すると、三原夏美(水川あさみ)は「頼まれたわけでもないのに、なんでこんなことをやってるの?これは看護師の仕事じゃない。杉野さんは自分の意思で捨てたんでしょ」と言い、止めた。

しかし、立花はるか(中条あやみ)は「具合の悪いときって、誰でも弱気になる。病気が治って元気になれば、気分が変わるかもしれない。そのときに、捨てなければ良かったと思うじゃないかなって。だから探してるんです」と答えた。

三原夏美(水川あさみ)が「再発行できるでしょ」と呆れると、立花はるか(中条あやみ)は「そうですよね。それは分かってるんですけど」と言い、止めようとしなかった。

三原夏美(水川あさみ)が「勝手にすれば。見つかるとは思えない」と呆れて立ち去ると、本城昭之(沢村一樹)が三原夏美(水川あさみ)に、立花はるか(中条あやみ)が看護師を志望した動機を話した。

立花はるか(中条あやみ)は、親友がバイクの事故で大けがをして病院に運ばれた。親友は意識が無く、立花はるか(中条あやみ)は泣くだけで何も出来なかったが、看護師は意識の無い親友に話しかけていた。

立花はるか(中条あやみ)は看護師から「話しかけてあげて」と言われ、意識の無い親友に話しかけた。

結局、親友はそのまま死んだが、立花はるか(中条あやみ)は親友に話しかけたことによって、ちゃんと親友と別れる事が出来た。

もし、親友に語りかけていなかったら、後悔していた。だから、立花はるか(中条あやみ)は誰かの力になりたくて、看護師を目指したのだという。

そう話すと、本城昭之(沢村一樹)は三原夏美(水川あさみ)に「だから思ったんだ。彼女は型破りだけど、常に患者さんの立場に立って考えられる看護師になれるんじゃないかって。彼女にとっては、これも看護師の仕事なのかもしれない」と話した。

それを聞いた三原夏美(水川あさみ)は、集積所に戻り、立花はるか(中条あやみ)を手伝ったのだった。

その後、立花はるか(中条あやみ)は杉野真理子の行員証を見つけ、杉野真理子に行員証を届けたが、杉野真理子はあまり喜んでいなかった。

すると、三原夏美(水川あさみ)は杉野真理子に、自分も先輩に怒られ、白衣をゴミ箱に捨てて看護師を止めようと思ったことがあることを教えた。

それを聞いた杉野真理子は、治療して銀行に戻る事を決意し、ちゃんと治療を受けることにした。

翌日、立花はるか(中条あやみ)は、何度、逃げ出したくても、また戻りたくなるのが看護師だと気づき、見合い相手・里中詠一との結婚を断ったのだった。

一方、立花はるか(中条あやみ)は斎藤光(小瀧望)に採血の練習台になってもらい、採血が上達して、患者への採血が許可されたのだった。

白衣の戦士!第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する