偽装不倫-伴野丈(ばんのじょう)の病気と最終回と結末

杏が主演する日本テレビのドラマ「偽装不倫」の伴野丈(ばんのじょう/宮沢氷魚)の病気と最終回と結末のネタバレ予想です。

■偽装不倫-伴野丈(宮沢氷魚)の病気と病名

ドラマ「偽装不倫」に登場する伴野丈(宮沢氷魚)は、原作では韓国人ジョバンヒとなっています。

韓国人ジョバンヒは、元々モデルとして活動していたが、モデルでは生活できないので、日本へ来てカメラを学び、カメラマンとして活動している。

原作ジョバンヒの病気や病名は、明らかになっていないが、脳のMRI画像を撮影していることから、原作ジョバンヒの病気は「脳腫瘍」だと考えられる。

このため、ドラマ版の伴野丈(宮沢氷魚)の病気も「脳腫瘍」になると考えられる。

実は、この「脳腫瘍」には伏線があり、その伏線が最終回の結末に繋がっていると考えられるので、「偽装不倫」の最終回と結末も予想しておきます。

■偽装不倫-最終回に繋がる伏線

原作「偽装不倫」の冒頭で、韓国行きの飛行機に乗った濱鐘子は、ジョバンヒの荷物に頭をぶつけ、頭にタンコブを作った。

そして、このタンコブが、濱鐘子と会話するようになる。もちろん、タンコブと会話できるのは濱鐘子だけで、会話するタンコブは濱鐘子にしか見えない幻である。

この濱金子の頭に出来たタンコブの幻が、ジョバンヒ(伴野丈)の病気「脳腫瘍」への伏線になっていると考えられる。

そして、濱金子のタンコブの幻と、ジョバンヒ(伴野丈)の「脳腫瘍」がリンクしており、それが最終回の結末へと繋がっていると思う。

■偽装不倫-最終回と結末の予想

では、「偽装不倫」の最終回と結末はどうなるのか?

最終回で、濱金子がタンコブの幻を失うことにより、ジョバンヒ(伴野丈)の「脳腫瘍」が消えてジョバンヒ(伴野丈)は命が助かり、2人は結婚するというハッピーエンドの結末を迎えると思う。

なお、原作のあらすじとネタバレは「偽装不倫-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する