あなたの番です-第8話のあらすじとネタバレ

袴田吉彦が出演する日本テレビの交換殺人ゲーム「あなたの番です」の第8話のあらすじとネタバレです。

第7話のあらすじとネタバレは「あなたの番です-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■あなたの番です-第8話のあらすじとネタバレ

久住譲(袴田吉彦)と細川朝男(野間口徹)は、エレベーターの穴に落ちた。細川朝男(野間口徹)は死んだが、久住譲(袴田吉彦)は一命を取り留めて病院に運ばれた。

警察の捜査により、インターネット掲示板で細川朝男(野間口徹)の殺害を依頼する書き込みが見つかった。

このため、手塚菜奈(原田知世)は、細川朝男(野間口徹)の殺害を依頼した容疑で、警察に連行され、事情聴取を受けた。

一方、手塚翔太(田中圭)は、黒島沙和(西野七瀬)と榎本早苗(木村多江)に、手塚菜奈(原田知世)が警察に連行された経緯を説明し、手塚菜奈(原田知世)を助けるために、2人と一緒に犯人を推理した。

さて、警察の捜査により、掲示板に殺害依頼を書き込んだ犯人は久住譲(袴田吉彦)だったということが判明し、手塚菜奈(原田知世)は釈放された。

1人で交換殺人ゲームのことを捜査している刑事・神谷将人(浅香航大)は、釈放された手塚菜奈(原田知世)に、あることを伝えた。

さて、手塚菜奈(原田知世)がマンションに戻ると、304号室の北川澄香(真飛聖)が引っ越しをしようとしており、石崎洋子(三倉佳奈)が「逃げるなみんな共犯」と言い、引っ越しを妨害していた。

北川澄香(真飛聖)は「貴女も引っ越せば良いじゃ無い」と告げると、石崎洋子(三倉佳奈)は「分譲だから、ローンを払わなければならない。こんな殺人マンションは売れない」と嘆いた。

さて、手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)に交換殺人ゲームで誰の名前を書いたのか尋ねたが、田宮淳一郎(生瀬勝久)は「演劇という生きがいを見つけた。それ以外に時間をとられたくない」と拒否した。

手塚翔太(田中圭)は「全ての紙を明らかにすることが解決の道」と頼み込むと、田宮淳一郎(生瀬勝久)は職場を早期退職に追い込まれた事を明かし、自慢の部下だった「こうのたかふみ」と書いたことを教えた。

さらに、田宮淳一郎(生瀬勝久)は、引いた紙には「ゴミの分別が出来ない人」と書いてあったことを明かした。

さて、住人観察が好きな401号室の木下あかね(山田真歩)は、新しい管理人・蓬田蓮太郎に北川澄香(真飛聖)の事を尋ねると、管理人・蓬田蓮太郎は「引っ越しましたよ」と教えた。

木下あかね(山田真歩)が引っ越し先を尋ねると、管理人・蓬田蓮太郎は「聞いてないですね。でも仕事先は分かる」と言い、ラジオのイヤホンを渡した。

木下あかね(山田真歩)がイヤホンを耳に入れてラジオを聞くと、北川澄香(真飛聖)が出ているローカルFMラジオ番組が流れてきた。

管理人・蓬田蓮太郎は住人全員の名前を検索して、北川澄香(真飛聖)の事を知ったと言い、「木下さんも本名で活動されてますよね」と告げると、木下あかね(山田真歩)は「人違いです」と言って立ち去ろうとした。

すると、管理人・蓬田蓮太郎は「イヤホン、吹かずに入れてくれたじゃないですか。そういうの好きになっちゃいます」と告げると、木下あかね(山田真歩)は「はあ」と言い、興味なさそうに立ち去った。

一方、403号室の医師・藤井淳史(片桐仁)は、203号室のシンイー(金澤美穂)ら外国人らとエレーベーターホールで一緒になった。

すると、藤井淳史(片桐仁)は、脅迫の包丁を置いたことを明かし、シンイー(金澤美穂)に、赤池夫婦か袴田吉彦のどちらを殺害したのかを尋ねた。

しかし、到着したエレベーターから黒島沙和(西野七瀬)が出てきたため、話は終わった。

さて、手塚翔太(田中圭)は、手塚菜奈(原田知世)・黒島沙和(西野七瀬)・榎本早苗(木村多江)を集めて、交換殺人ゲームの犯人を推理を披露する。

交換殺人ゲームで参加者が紙に書いた名前と、参加者が引いた紙の名前が一致しない。
北川澄香(真飛聖)が引いた白紙、田宮淳一郎(生瀬勝久)が引いた「ゴミの分別が出来な人」、榎本早苗(木村多江)が引いた「電車の席を譲らない人」、黒島沙和(西野七瀬)が引いた「織田信長」を書いたという参加者が居ない。

このため、手塚翔太(田中圭)は、北川澄香(真飛聖)・田宮淳一郎(生瀬勝久)・榎本早苗(木村多江)・黒島沙和(西野七瀬)の4人が嘘をついており、4人のウチの誰かが浮田啓輔(田中要次)を殺害したのではないかと推理した。

手塚菜奈(原田知世)が慌てて「まだ分かっていないところが多い。穴が多いよ」と推理を否定すると、手塚翔太(田中圭)は榎本早苗(木村多江)・黒島沙和(西野七瀬)に謝罪した。

その後、手塚翔太(田中圭)は部屋に戻ると、手塚菜奈(原田知世)に榎本早苗(木村多江)・黒島沙和(西野七瀬)を疑った事を謝罪すると、手塚菜奈(原田知世)は「私も早苗さん(木村多江)の事はかばって良いのか分からなかった。刑事さんに変なことを言われて」と言って教えた。

実は、手塚菜奈(原田知世)が釈放されたとき、交換殺人ゲームを捜査している刑事・神谷将人(浅香航大)から「詳しくは言えないが、交換殺人ゲームに関する、ある事実を掴んでいる。これ以上は1人で捜査をした方が解決への近道だと判断しました。こうして2人で会っている事も、榎本課長(阪田マサノブ)にも内密に」と言われたのだという。

手塚菜奈(原田知世)が、交換殺人ゲームに参加していない榎本正志(阪田マサノブ)が行動するのは、妻・榎本早苗(木村多江)のためではないかと告げると、手塚翔太(田中圭)は榎本早苗(木村多江)も調べた方がいいと言った。

しかし、不安になった手塚菜奈(原田知世)が「怖いから、これ以上は警察に任せよう」と告げると、手塚翔太(田中圭)は不本意ながら「分かったよ」と答えた。

一方、榎本早苗(木村多江)は自室に戻ると、榎本正志(阪田マサノブ)に疑われた事を報告した。

榎本正志(阪田マサノブ)が「そこまで言われて言い返さなかったのか」と怒ると、榎本早苗(木村多江)は「何を言い返すの?嘘をついているのは本当なんだから」と答えた。

榎本正志(阪田マサノブ)は「嘘とは違うだろ。愛情だろう。このまま色々バレたら、俺たち家族の愛情が、あっちの夫婦に負けたみたいで悔しいわ」と告げると、榎本早苗(木村多江)は「そうだね」と言い、榎本正志(阪田マサノブ)の手を取った。

翌日、田宮淳一郎(生瀬勝久)は、潰れたバーを買い取り、劇団の稽古場にすると言い出した。もっと練習すればプロを目指せるのだという。

劇団員は「ウチはプロ志向の劇団じゃないし、仕事の間に楽しめれば良いだけ」と困るが、田宮淳一郎(生瀬勝久)は「今からプロ志向になればいいでしょ。時間が無いんです。とにかく、お金は全額、私が出しますから良いですね」と告げた。

さて、手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)が勤務していた銀行を突き止めた。

そこで、手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)が紙に書いた「こうのたかふみ」に会い、気をつけるように警告するため、手塚菜奈(原田知世)と一緒に銀行を訪れた。

すると、甲野は田宮淳一郎(生瀬勝久)から交換殺人ゲームのことを教えられて、注意するように警告されており、手塚翔太(田中圭)に「ここで襲うつもりですか?警備員がいますけど」と呆れた。

しかも、手塚翔太(田中圭)は、田宮淳一郎(生瀬勝久)のことを「真面目で一生懸命なのに、仕事の成績は人並みなんてコスパが悪い」と馬鹿にしており、田宮淳一郎(生瀬勝久)の警告など気にもしていなかった。

手塚翔太(田中圭)は「違います。私たちは」と釈明して、注意するように警告しようとしたが、甲野は「あの人は関係ない。僕を巻き込まないでください」と馬鹿にして立ち去った。

手塚翔太(田中圭)は、ちゃんと注意しようと思い、甲野を追いかけたが、甲野は路上で何者かに刺され、口から血を吹いて倒れたのだった。

あなたの番です-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する