あなたの番です-第9話のあらすじとネタバレ

生瀬勝久が出演する日本テレビの交換殺人ゲーム「あなたの番です」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「あなたの番です-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■あなたの番です-第9話のあらすじとネタバレ

田宮淳一郎(生瀬勝久)が交換殺人ゲームで名前を書いた甲野貴文(こうの・たかふみ)が死に、手塚翔太(田中圭)は警察で事情聴取を受けたが、手塚翔太(田中圭)には容疑が晴れて、事情聴取が終わると帰された。

手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は「もはや交換殺人では無い」と言い、犯人を推理するが、「こうの・たかふみ」の事を知っているのは、田宮淳一郎(生瀬勝久)・黒島沙和(西野七瀬)・榎本早苗(木村多江)の3人しか居なかった。

手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は、犯人の動機も分からないので、ひとまず、「こうの・たかふみ」が死んだことは黙っておき、様子を見ることにした。

そして、手塚菜奈(原田知世)は、「交換殺人ゲームを止めようと思ったが、止めれなかった。翔太君だけは守りたいの」と言い、引っ越しを提案した。

そのころ、田宮淳一郎(生瀬勝久)はTVのニュースで甲野貴文が死んだ事を知り、愕然とするのだった。

驚いた田宮淳一郎(生瀬勝久)は、手塚翔太(田中圭)の部屋に向かうが、インターフォンを押すのを思いとどまり、引き返した。

そのとき、303号室から出てきた尾野幹葉(奈緒)が、301号室に入った。303号室は空室のはずだが・・・。

翌日、手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は、1人で交換殺人ゲームの捜査をしている刑事・神谷将人(浅香航大)に、殺人事件は交換殺人ゲームとは関係が無い事を説明すると、刑事・神谷将人(浅香航大)は「預からせてください」と言った。

刑事・神谷将人(浅香航大)はあくまでも1人で捜査をするというので、手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は「何か隠しているのでないか」と思うのだった。

一方、新しい管理人・蓬田蓮太郎は、前任の管理人が残していた仕事を見つけ、501号室の佐野豪(安藤政信)に、502号室の赤池家から来ていた苦情を伝えに行った。

赤池家からの苦情は、「501から悪臭がする。鶏を絞め殺すような声がしてうるさい」「甘えるような声がしてうるさい」というものだった。

そのとき、佐野豪(安藤政信)は右手に包帯をしており、慌てて右手を隠した。

さて、田宮淳一郎(生瀬勝久)は甲野貴文の葬儀に参列しようとしたが、元部下から「甲野貴文が田宮淳一郎(生瀬勝久)の雇った殺し屋に殺されると言い回っていたので、田宮淳一郎を疑っている人が居る」と教えられ、葬儀に出席するのを止めた。

一方、手塚菜奈(原田知世)は止めたが、手塚翔太(田中圭)は「犯人捜しを続ければ、抑止力になる」と言い、犯人捜しを再び開始する。

しかし、手がかりは得られなかったうえ、手塚翔太(田中圭)はストーカー気質の尾野幹葉(奈緒)に抱きつかれ、手塚菜奈(原田知世)から不振を買うのだった。

そのとき、手塚菜奈(原田知世)は、尾野幹葉(奈緒)がいつもドアチェーンをかけていることを不思議に思い、402号室の榎本早苗(木村多江)もドアチェーンをかけていることに気付いた。見られてはいけない物でもあるのかだろうか・・・。

一方、警察は、201号室の居候・妹尾あいり(大友花恋)と柿沼遼(中尾暢樹)を殺人事件の容疑者として取り調べていた。

しかし、柿沼遼(中尾暢樹)は、袴田吉彦が殺された時刻は果樹園に盗みに入っており、赤池夫婦が殺された時刻は、勘違いで人をボコボコにしてしまい、浮田啓輔(田中要次)に事後処理を頼んでいたと証言した。

それ以降、マンションで事件は起きず、手塚菜奈(原田知世)の引っ越し先が決まろうとしていた。

そのようななか、定例の住民会が開催された。

交換殺人ゲームに参加していなかった404号室・江藤祐樹(小池亮介)、401号室・木下あかね(山田真歩)、204号室・西村淳(和田聰宏)にも交換殺人ゲームのことを明かし、住民会に参加してもらった。

すると、藤井淳史(片桐仁)は、これまでに起きた事件は、交換殺人ゲームとは一切関係無かったと言い、会長の榎本早苗(木村多江)に交換殺人ゲームの終息宣言を求めた。

そこへ、新しい管理人・蓬田蓮太郎が現れ、「前任の管理人の『お詫び』と書かれた荷物が見つかった」と言い、204号室・西村淳(和田聰宏)に麻雀マットを渡した。

204号室・西村淳(和田聰宏)は、麻雀マットを受け取ると、「住民会は終わりでしょ」と言い、立ち去った。

さて、住民会が終わると、401号室・木下あかね(山田真歩)は手塚菜奈(原田知世)を呼び止め、「301号室の人」と書かれた紙を見せ、「終息宣言なんてしちゃっていいんですか?手助けをしたいので、隠している事を教えてくれませんか」と頼んだ。

手塚菜奈(原田知世)は「貴女のことは信用していない」と言い、情報交換を持ちかけると、401号室・木下あかね(山田真歩)は「管理人のゴミ袋の中から出てきた」と言い、「会長さん、振り込まれていないよ。どうした?あの写真をばらまくぞ?」という紙を見せた。

401号室・木下あかね(山田真歩)は「2枚ほど同じような紙があった。書き損じたものかもしれない。管理人と会長の間に何のトラブルがあったんでしょね」と話すと、「次は貴女の番ですよ」と告げた。

しかし、手塚菜奈(原田知世)は、木下あかね(山田真歩)が持っている「301号室の人」と書かれた紙は、交換殺人ゲームの前に清掃係を決めた時の物なので、交換殺人ゲームとは関係無いと言い、何も教えずに立ち去った。

一方、手塚翔太(田中圭)が犯人を推理していると、公園のところで、刑事・神谷将人(浅香航大)が榎本正志(阪田マサノブ)を蹴っている所を目撃する。

しかし、榎本正志(阪田マサノブ)は、酒に酔って刑事・神谷将人(浅香航大)に送ってもらっているところだと釈明し、ここからは手塚翔太(田中圭)に送ってもらうと言い、刑事・神谷将人(浅香航大)に帰るように告げた。

手塚翔太(田中圭)は、榎本正志(阪田マサノブ)を402号室まで送るが、榎本正志(阪田マサノブ)から酒の匂いがしていなかったことや、榎本早苗(木村多江)がいつもドアチェーンをしていることから、不審に思い、強引に402号室のドアを開けて部屋の中を見た。

しかし、部屋の中に変わった様子は無く、見られて困るような物は何も無かったので、榎本正志(阪田マサノブ)に謝罪して自分の部屋へと戻った。

ところが、手塚翔太(田中圭)は、自分の部屋に戻ると、502号室の異変に気付いたのだった。

部屋の間取りは同じはずなのに、502号室には、手塚翔太(田中圭)たちが寝室として使っている部屋が無かった。

そこで、翌日、手塚翔太(田中圭)は、榎本早苗(木村多江)が出かける隙を狙い、入れ替わるようにして502号室に入り、榎本早苗(木村多江)を閉め出した。

そして、壁の前の家具を動かすと、寝室のドアが出てきた。ドアには外側から鍵がかかっていた。

手塚翔太(田中圭)が鍵を外してドアを開けると、何故か202号室の黒島沙和(西野七瀬)が縛られていたので、驚いて黒島沙和(西野七瀬)を助けようとした。

しかし、閉め出されていた榎本早苗(木村多江)が工具を使ってドアチェーンを切り、部屋の中へと入ってきて、手塚翔太(田中圭)に襲いかかった。

手塚翔太(田中圭)は榎本早苗(木村多江)に足を刺され、転倒したときに頭をぶつけて気を失ってしまう。

そのとき、手塚翔太(田中圭)は部屋の中で手錠で繋がれた男性を目的したのだった。

あなたの番です-第10話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する