なつぞら-坂場一久(中川大志)のモデルは高畑勲

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する坂場一久(中川大志)のモデルのネタバレです。

■なつぞら-坂場一久(中川大志)のモデルのネタバレ

坂場一久(中川大志)のモデルは、ジブリの「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」などを手がけた演出家の高畑勲です。

高畑勲は三重県伊勢市の出身で、父親は岡山一中の校長などを務めた高畑浅次郎である。

高畑勲は、東京大学の在学中に、ポール・グリモーのアニメ「やぶにらみの暴君」を観て、アニメーション作家を志し、東京大学を卒業後、演出家として「東映動画」に入社した。

入社後、東映動画の労働組合の発足に加わり、アニメーター大塚康生と出会い、交流を開始する。

この大塚康夫は、下山克己(川島明)のモデルで、公私にわたり、高畑勲と宮崎駿の面倒を見る人物です。

この時点で、宮崎駿は入社していない。宮崎駿が東映動画に入社するのは2年後の昭和38年(1963年)で、高畑勲は労働組合を通じて宮崎駿と知り合うことになる。

さて、高畑勲は長編アニメ「わんぱく王子の大蛇退治」で演出助手でデビューし、TVアニメ「狼少年ケン」で演出を務めた。

これが大塚康夫に認められ、映画「太陽の王子・ホルスの大冒険」の演出(監督)に抜擢された。

映画「太陽の王子・ホルスの大冒険」は、労働組合の主導で作られたが、全くユーモアが無く、面白くなかったので、映画は大コケしてしまい、高畑勲は降格処分をとなり、その他のスタッフも減給処分となった。

その後、高畑勲はTVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」「ひみつのアッコちゃん」などを手がけた。

このようななか、東映動画は長編アニメからTVアニメへと主軸を移しており、フルアニメーションを使った長編アニメは作れなくなったことから、大勢のアニメーターが東映動画を去って行った。

高畑勲・宮崎駿・小田部羊一は、大塚康夫に誘われ、「長くつ下のピッピ」を制作するため、「Aプロダクション」へと移籍した。

しかし、「長くつ下のピッピ」は原作者の許可が下りなかったため、制作は中止される。

一方、大塚康夫が手がけていた大人向けTVアニメ「ルパン三世」は、低視聴率だったため、子供向けアニメへと路線変更を余儀なくされ、路線変更に不満を持った演出家の大隅正秋が降板してしまう。

このため、高畑勲と宮崎駿は、大塚康夫に頼まれてTVアニメ「ルパン三世」の制作に加わるが、視聴率は振るわず第23話で打ち切りになってしまう。

その後、高畑勲は、宮崎駿・小田部羊一・大塚康夫と共に、「パンダコパンダ」「パンダコパンダ・雨ふりサーカスの巻」を手がけ、「ズイヨー映像」へと移籍した。

そして、ズイヨー映像時代に「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「未来少年コナン」を手がけた。

その後、高畑勲はテレコム・アニメーションフィルムへ移籍し、TVアニメ「赤毛のアン」を手がけるが、「赤毛のアン」の制作途中で、宮崎駿が抜け、宮崎駿は大塚康夫と共に映画「ルパン三世・カリオストロの城」を手がける。

その後、高畑勲は、映画・TVアニメ「じゃりン子チエ」や「セロ弾きのゴーシュ」を手がけたが、日米合作映画「ニモ」で、方針の対立から「ニモ」を降板させられ、退社させられてしまうのだった。

一方、宮崎駿は「ルパン三世・カリオストロの城」の興行失敗で、次の得られずに苦悩していたが、ようやく、徳間書店の出資で「風の谷のナウシカ」を制作するチャンスを得られた。

そこで、宮崎駿は高畑勲に協力を要請し、2人で映画「風の谷のナウシカ」をヒットさせるのだった。

すると、高畑勲は、徳間書店にアニメに進出するのであれば、スタジオを用意するように進言し、徳間書店の出資で「スタジオジブリ」が設立された。

そして、高畑勲はスタジオジブリの経営には参加せず、アニメ作家として「天空の城ラピュタ」「柳川堀割物語」「火垂るの墓」を手がけたが、いずれも興行に失敗してしまう。

しかも、「火垂るの墓」は、期日までに色を塗りおえられないことから、モノトーンにしたシーンを作り、未完成のまま公開するという失態を犯し、監督業から遠のくのだった。

しかし、「火垂るの墓」と同時上映した「となりのトトロ」の関連グッズなどが爆発的に売れたので、スタジオジブリは安定経営の基盤を確立した。

さらに、次作として宮崎駿が手がけた「魔女の宅急便」が、積極的な宣伝もあって、スタジオジブリで初のヒットとなった。

そこで、宮崎駿は高畑勲を監督に復帰させるため、「おもひでぽろぽろ」を企画して高畑勲に手がけさせ、高畑勲は「おもひでぽろぽろ」で3年ぶりに監督に復帰した。

その後、「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョ となりの山田くん」「かぐや姫の物語」を手がけ、平成30年(2018年)4月5日に肺がんで死去した。

なお、朝ドラ「なつぞら」のあらすじとネタバレは「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する