なつぞら-「百獣の王子サム」のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「なつぞら」で制作されるアニメ「百獣の王子サム」のモデルとネタバレです。

■なつぞら-「百獣の王子サム」のモデル

TVアニメ「鉄腕アトム」のブームを受け、東映動画でもTVアニメ班が設立された。

そして、奥原なつ(広瀬すず)と坂場一久(中川大志)が、東映動画のTVアニメ班へ異動となり、2人が手がけたのが、「百獣の王子サム」である。

「百獣の王子サム」のあらすじが分からないが、実話からのモデルを推定すると、「百獣の王子サム」のモデルは昭和38年(1963年)放送のTVアニメ「狼少年ケン」だろう。

モデルの「狼少年ケン」は、TVアニメ「鉄腕アトム」のヒットを受け、東映動画がTVアニメに参入した1本目の作品である。

「狼少年ケン」では、奥原なつ(広瀬すず)のモデル奥山玲子(小田部玲子)と夫・小田部羊一が作画監督を務め、高畑勲が演出、宮崎駿が動画を務めている。

「狼少年ケン」の原作・演出・作画を手がけたのは大野寛夫(月岡貞夫)で、大野寛夫(月岡貞夫)は手塚治虫のアシスタントから東映動画に入社してアニメーターに転身し、「天才アニメーター」と評された人である。

現時点で、大野寛夫(月岡貞夫)が朝ドラ「なつぞら」に登場するかは不明である。

■「狼少年ケン」のあらすじとネタバレ
人間の少年ケンは、森の中で狼に育てられ、狼一族の中で「二本足の狼」という異名を持っていた。

少年ケンは、双子の狼チッチとポッポを引き連れて、森の平和を守るために活動していた。

そんな少年ケンは、狼の仲間なのに牙が無いと言われたため、白いライオンから「王者の剣」を貰い、「王者の険」を牙として、ジャングルの平和を乱す熊・虎・原住民などと戦うのだった。

なお、朝ドラ「なつぞら」のあらすじとネタバレは「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する