なつぞら-第24週「大草原の少女ソラ」のあらすじとネタバレ

中川大志が主演するNHKの朝ドラ「なつぞら」の第24週のあらすじとネタバレです。

朝ドラ「なつぞら」の各種ネタバレは「なつぞら-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■なつぞら-第24週のあらすじとネタバレ

昭和49年3月、奥原なつ(広瀬すず)は予定通り、東洋動画を辞めて「マコプロダクション」へ移った。

そして、「大草原の小さな家」は、「大草原の少女ソラ」というタイトルでアニメ化されることが決まった。

坂場一久(中川大志)の提案でロケハンが行われることになり、奥原なつ(広瀬すず)らは北海道の柴田家を訪れて、取材をした。

そのとき、奥原なつ(広瀬すず)は、「雪月」で岸川亜矢美(山口智子)と再会する。

岸川亜矢美(山口智子)は、全国各地の流行っていない店で雇ってもらい、その店で歌や踊りを披露して、店を流行らせるという生活を続けており、流行らない店「雪月」で雇ってもらうことにした。

岸川亜矢美(山口智子)は、奥原咲太郎(岡田将生)に「目標金額に到達したら、再び新宿に戻るので待っていて欲しい」と伝えて欲しいと、奥原なつ(広瀬すず)に頼んだ。

さて、東京に戻った奥原なつ(広瀬すず)は、「大草原の少女ソラ」のキャラクターデザインを開始するが、坂場一久(中川大志)からダメ出しされてしまう。

奥原なつ(広瀬すず)はソラのデザインに苦悩するが、下山克己(川島明)が描いた優の絵がヒントとなり、ソラのデザインを完成させるのだった。

やがて、「大草原の少女ソラ」の放送を開始するが、視聴率は伸び悩み、奥原なつ(広瀬すず)らは苦悩する。

しかし、視聴者の母親から、「こういうアニメを子供に見せたかった」という絶賛の手紙が数多く届いたので、奥原なつ(広瀬すず)らは、やる気を取り戻した。

ある日、大沢麻子(貫地谷しほり)は会社の前で、杉山千夏という少女と出会う。

杉山千夏は「大草原の少女ソラ」の大ファンだというので、大沢麻子(貫地谷しほり)は杉山千夏に使用済みのセル画をあげると、杉山千夏は喜んで母親・奥原千遥(清原果耶)の元に走って行った。

その話を聞いた奥原なつ(広瀬すず)は、会社を飛び出して少女・杉山千夏を追いかけ、奥原千遥(清原果耶)と再会するのだった。

なつぞら-第25週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク